ファンサマリィ

楽しくて興味をそそるトピックスや、
さまざまな疑問に思う事柄等に注目し、
まとめブログにしています。

    タグ:WHO

    世界保健機関WHO)は、新型コロナウイルス変異株の命名について、24のギリシャ文字をすべて使い終わった場合は、星座名を用いる方針を明らかにした。中央テレビが伝えた。

    続きを読む



    1 メインクーン(東京都) [CN] :2021/07/06(火) 18:02:59.77

    WHO=世界保健機関のテドロス事務局長が東京オリンピックに合わせて来日し、大会の新型コロナ対策に協力する姿勢を打ち出す方向で調整していることがJNNの取材でわかりました。

    続きを読む



    (出典 www.asahicom.jp)

    1 アルファ・ケンタウリ(東京都) [GB] :2021/06/08(火) 20:46:32.04

    https://nordot.app/774805666632318976
    共同通信 トピック 東京五輪
    WHO、危機管理なければ再考を
    大規模行事の開催で

    続きを読む



    (出典 www3.nhk.or.jp)

    1 BFU ★ :2021/06/01(火) 08:42:29.77

    https://news.yahoo.co.jp/pickup/6394861?source=rss
    世界保健機関(WHO)は5月31日、新型コロナウイルスの変異株の名称について、ギリシャ文字のアルファベットを使う方針を示した。これまで最初に確認された国名を取って「英国株」「インド株」などと表現されることも多かったが、特定国への偏見や風評被害を回避するため、変更に踏み切った。

     WHOは「懸念される変異株」として英国、南アフリカ、ブラジル、インドで最初に確認された四つの変異株を認定している。今後はそれぞれ「アルファ株」「ベータ株」「ガンマ株」「デルタ株」と呼称する。


    続きを読む



    (出典 cf-images.ap-northeast-1.prod.boltdns.net)

    1 レインメーカー(茸) [US] :2021/05/10(月) 17:58:50.94

    【中国】シノファーム、北京に最大級のワクチン工場
    5/10(月) 11:31

     国有製薬大手、中国医薬集団(北京市、シノファーム)系の中国生物技術が、北京で世界最大規模の新型コロナウイルスワクチンの新工場建設を進めている。6日には建屋の上棟式を行った。ネットメディアの澎湃新聞が伝えた。

    続きを読む



    (出典 www.news24.jp)

    1 少考さん ★ :2021/05/08(土) 03:53:53.75

    ※ロイター
    WHO、中国シノファーム製ワクチンの緊急使用承認 欧米製以外で初
    https://jp.reuters.com/article/health-coronavirus-who-china-sinopharm-idJPL4N2MU3WX
    2021年5月8日3:12

    [ジュネーブ 7日 ロイター] - 世界保健機関(WHO)は7日、中国国有製薬大手の中国医薬集団(シノファーム)が開発した新型コロナウイルスワクチンの緊急使用を承認した。欧米以外で開発されたコロナワクチンの承認は初めて。

    また、WHOがあらゆる感染症に対する中国製ワクチンの緊急使用を承認するのも初となる。

    続きを読む



    (出典 www.asahicom.jp)

    1 Felis silvestris catus ★ :2021/05/06(木) 20:58:53.85

    https://news.yahoo.co.jp/articles/1bb52af619cf24fa6bddee39d164f8b676347047
     まさかの2期目に意欲か!? 米医療専門メディア「スタットニュース」が、世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長に再選意欲があると報じたことで、世界中から猛反対の声が上がっている。テドロス氏は新型コロナウイルス対策をめぐって、“震源地”である中国に忖度した対応の連発で世界中から「中国寄り」との批判を受けていたからだ。

    続きを読む

    1 ダクラタスビル(東京都) [CN] :2021/03/27(土) 18:05:07.46

    (CNN) 世界保健機関(WHO)は26日、中国・武漢での実地調査を踏まえた新型コロナウイルスの起源に関する報告書がまとまり、今後数日間内に公表出来るとの見通しを示した。

    起源調査の責任者であるピーター・ベンエンバレク氏が記者会見で表明した。報告書の草案の作成を終え、専門家を交えた内容などの最終的な調整を図っている段階とした。
    同氏は、400ページに及ぶ報告書作成について編集や翻訳で「困難な作業だった」と説明した。
    武漢などでの調査では、同市の感染が2019年12月の時点で以前に想定されていた範囲よりはるかに広がっていた兆候を突きとめてもいた。
    ベンエンバレク氏は今年2月のCNNとの会見で、武漢では同月の段階で12個以上のウイルス株が既に存在していたことが初めて裏付けられたなどと説明していた。
    https://www.cnn.co.jp/world/35168462.html

    (出典 ipdefenseforum.com)


    続きを読む

    (福島 香織:ジャーナリスト

    JBpressですべての写真や図表を見る

     世界が注目していたWHO(世界保健機関)から武漢に派遣された新型コロナウイルス起源調査のための専門家チーム2月9日、武漢で記者会見を開き、ウイルスが実験室から漏洩した可能性を排除するとの見方を示した。また冷凍食品などモノを媒介にした感染拡大経路の可能性については、さらなる調査が必要とした。

     では、ウイルスはどこから来たのだろう。WHOの発表に、本当に世界は納得しているのだろうか。

    賑わいを取り戻した中国・武漢の市場(2021年2月8日、写真:ロイター/アフロ)
    続きを読む

    1 頭皮ちゃん ★ :2021/02/06(土) 13:27:33.13

     新型コロナウイルスの起源を探るため中国湖北省武漢市を訪れている世界保健機関(WHO)調査団のメンバーが5日、AP通信の取材に「行きたいと言った場所には全て行き、会いたいと言った人には全て会うことができた」と述べ、一定の透明性は確保されていたとの見解を示した。現場調査は終わり、一行は10日の帰国前に会見して成果を説明するという。

    (出典 news-pctr.c.yimg.jp)

    続きを読む

    このページのトップヘ