ファンサマリィ

楽しくて興味をそそるトピックスや、
さまざまな疑問に思う事柄等に注目し、
まとめブログにしています。

    タグ:WHO

    (福島 香織:ジャーナリスト

    JBpressですべての写真や図表を見る

     世界が注目していたWHO(世界保健機関)から武漢に派遣された新型コロナウイルス起源調査のための専門家チーム2月9日、武漢で記者会見を開き、ウイルスが実験室から漏洩した可能性を排除するとの見方を示した。また冷凍食品などモノを媒介にした感染拡大経路の可能性については、さらなる調査が必要とした。

     では、ウイルスはどこから来たのだろう。WHOの発表に、本当に世界は納得しているのだろうか。

    賑わいを取り戻した中国・武漢の市場(2021年2月8日、写真:ロイター/アフロ)
    続きを読む

    1 頭皮ちゃん ★ :2021/02/06(土) 13:27:33.13

     新型コロナウイルスの起源を探るため中国湖北省武漢市を訪れている世界保健機関(WHO)調査団のメンバーが5日、AP通信の取材に「行きたいと言った場所には全て行き、会いたいと言った人には全て会うことができた」と述べ、一定の透明性は確保されていたとの見解を示した。現場調査は終わり、一行は10日の帰国前に会見して成果を説明するという。

    (出典 news-pctr.c.yimg.jp)

    続きを読む

    1 ロドスピリルム(茸) [ID] :2021/02/02(火) 23:07:24.23

    WHO国際調査チーム、CDC調査「有益な会合だった」

     新型コロナウイルスの起源を調べるため、中国・武漢に入っているWHOの国際調査チームは1日、感染症の対策を担当する2つの地元政府機関で調査を行いました。

    (出典 news.tbs.co.jp)

    続きを読む

     WHO(世界保健機関)が武漢で調査を開始したことについて、中国外務省は「国際的な研究であって調査ではない」と主張した。
    続きを読む

     新型コロナウイルスの発生源などを調べるため、WHO(=世界保健機関)の調査チームを乗せたとみられる飛行機が日本時間の正午過ぎ、シンガポールから中国・武漢の空港に到着した。

    【映像】WHOの調査チームが武漢に到着

     期間は約1カ月で、到着後2週間はホテルでの隔離を経てから、ウイルスの起源や武漢の市場で初めて感染が確認されるまでの経緯などを調査する。感染拡大から1年以上が経って、ようやく初めて本格的な調査が始まる。

     中国はこれまで、新型コロナウイルスの発生源とされることを強く警戒し、WHOの現地調査に慎重な姿勢を示していた。
    ANNニュース
    (出典 news.nicovideo.jp)

    続きを読む

     WHOの専門家チームが今週、中国を訪問することになった。

    ・【映像】WHO調査団中国へ 前回許可出ず

     中国国家衛生当局はWHO世界保健機関の調査団が、新型コロナウイルスの発生源を調べるため、14日に中国を訪問すると発表した。WHOは先週、中国側の許可が得られず、調査団が入国できなかったとして早期の入国を求めていた。

     調査団は到着後、中国側の研究者と一緒に発生源についての科学的研究を協力して行うということだが、具体的な訪問期間や調査場所などは明らかになっていない。(ANNニュース
     
    (出典 news.nicovideo.jp)

    続きを読む

    1 子持ち銀河(ジパング) [BR] :2020/12/22(火) 08:21:40.31

    コロナ変異種、過度な警戒不要 遺伝子変異は通常の過程=WHO
    https://jp.reuters.com/article/health-coronavirus-who-briefing-idJPKBN28V2LD
    世界保健機関(WHO)は21日、英国などで新型コロナウイルスの変異種が検出されたことについて、
    変異種の出現はパンデミック(世界的な大流行)の過程で通常見られることとし、
    過度に警戒する必要はないとの見解を示した。
    (略)

    (出典 img.news.goo.ne.jp)


    続きを読む

    2020年11月25日、中国メディアの海外網は、新型コロナウイルスについて世界保健機関WHO)の関係者が「当初より世界各地に分布しており、たまたま武漢で最初に見つかったにすぎない」とコメントしたことを報じた。
    WHOが23日に実施した新型コロナに関する記者会見にて、WHOの緊急事態対応責任者であるマイケルライアン氏は「新型コロナウイルスは早い段階で、世界のさまざまな地点、時間においてまとまった数の人が感染していた可能性がある」との見解を示した。

    25日、海外網は、新型コロナウイルスについて世界保健機関(WHO)の関係者が「当初より世界各地に分布しており、たまたま武漢で最初に見つかったにすぎない」とコメントしたことを報じた。
    続きを読む

    1 イドクスウリジン(神奈川県) [JP] :2020/09/19(土) 16:03:22.01

    Nobel Peace Prize 2020 Top 10 Candidates
    Candidate Paddy Power Odds Win Probability

    (出典 chano-ma.jp)

    続きを読む

    1 猫又(宮城県) [US] :2020/07/11(土) 11:37:54.68

    WHO事務局長、「指導力の欠如」批判 世界の結束呼び掛け

    ロンドン(CNN) 世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は9日、新型コロナウイルス対策をめぐる「指導力の欠如」を批判し、世界全体での結束を呼び掛けた。

    新型コロナの感染者は多くの国で急増中で、ウイルスの特定から半年以上が経過した今なお、世界は封じ込めに苦慮している。

    テドロス氏はスイスのジュネーブで行った演説で「友人の皆さん、どうか間違えないで欲しい。いま我々が直面している最大の脅威はウイルスそのものではない」と力説。「最大の脅威はむしろ、世界規模や国レベルでの指導力や連帯が欠けていることだ」と述べた。

    テドロス氏の今回の発言は、トランプ米大統領を含む指導者への明らかなけん制と受け止められそうだ。トランプ氏は世界最悪規模となった国内の感染拡大の封じ込めに失敗する一方、WHOに対しては対抗姿勢を鮮明にしてきた。

    こうした中、テドロス氏は「今回の悲劇により我々は多くの友人を亡くし、数多くの命を失うことを余儀なくされている。世界が分断された状況でパンデミック(世界的大流行)に打ち勝つことはできない」と言及。その声は震えていた。

    米国では1日当たりの感染者数で過去最多を更新する日が相次ぎ、今週に入り累計感染者が300万人を突破した。経済活動を再開する試みは早くも混乱に陥っている。

    他の地域でも厳しい状況にほとんど変わりはなく、ブラジルでは事態の重大さを軽視してきたボルソナーロ大統領が新型コロナに感染した。

    インドは9日、1日当たりの感染者の伸びが過去最多を記録したと発表。メキシコでも感染拡大が加速している。オーストラリアはビクトリア州メルボルンで感染が再燃したことを受け、同州の600万人以上を対象に外出制限を導入する措置を強いられた。

    https://www.cnn.co.jp/world/35156636.html


    (出典 www.cnn.co.jp)


    続きを読む

    このページのトップヘ