1 風吹けば名無し :2020/01/08(水) 13:20:27.75 ID:H494R4Nk0.net

同機の特徴は非常に小型化された筐体だけでなく、徹底したモジュール構造。
インテルの「NUC 9 Extreme Compute Element」を中心とした、PC拡張ボード状のモジュールを、グラフィックボード・SFX電源とともに本体にセットするだけでPCとして動作する簡易さが大きな魅力となっています。
もちろんグラフィックボードなど、キーコンポーネントの差し替えはツールレス。

デフォルトのNUCモジュールではi9-9980HK、8コアプロセッサーを採用。
DDR4デュアルチャンネルで最大64Gまでをサポート、メモリの入れ替えも可能なほか、M.2スロットも2基搭載。
グラフィックボードはGeForce RTX 20などのゲーミング向けハイエンド機にも対応しています。
更にThunderbolt 3ポートやUSB 3.2 Gen2 Type-Aコネクタ 6ポート、1000 Mbps LAN 2ポートなどの搭載に加え、The VergeによればWi-Fi6にも対応しているとのこと。

「Razer Tomahawk」の価格などは未定。ただし、Razerの担当者はThe Vergeに対し「初売価格は2,000ドルから2,300ドル程度になるだろう」と伝えています。


(出典 www.gamespark.jp)


(出典 www.gamespark.jp)

https://www.gamespark.jp/article/2020/01/08/95850.html


【【Razer】超小型ゲーミングPC「Tomahawk」発表、パーツ交換が簡単にできてしまう!】の続きを読む