ファンサマリィ

楽しくまとめ情報をお届けしております。

    タグ:Switch

    『ファイナルファンタジーVII』7年前からのバグ Switch版で修正

    『ファイナルファンタジーVII』の移植に7年前から発生しているバグがSwitch版で修正 『ファイナルファンタジーVII』の移植に7年前から発生しているバグがSwitch版で修正
    …『ファイナルファンタジーVII』のSwitch移植では、昨今のほとんどすべての移植に入っていたオーディオのバグが最新アップデートと合わせて修正された模…
    (出典:ゲーム(IGN JAPAN))

    裏技 (バグからのリダイレクト)
    」などと呼ばれることがある)。不思議のダンジョン 風来のシレン2 鬼襲来!シレン城!の倉庫におけるコマンドバグなど。 ^ 『ドラゴンボール3 悟空伝』など。 ^ 『ファイナルファンタジーVII』では、イベントを飛ばしたりすることができる。また、『ビートマニアシリーズ』では、演奏中にやることで、音が一切流れず、ノーツの落下等が遅くなる。


    (出典 livedoor.blogimg.jp)

    【『ファイナルファンタジーVII』7年前からのバグ Switch版で修正】の続きを読む

    Switch版高速メカアクション『プロジェクト・ニンバス:コンプリート・エディション』発売 

    高速メカアクション『プロジェクト・ニンバス:コンプリート・エディション』どこでも楽しめるスイッチ版が発売開始! 高速メカアクション『プロジェクト・ニンバス:コンプリート・エディション』どこでも楽しめるスイッチ版が発売開始!
    …ード・メカアクションゲーム『プロジェクト・ニンバス:コンプリート・エディション』を発売しました。『プロジェクト・ニンバス(Project Nimbus…
    (出典:ゲーム(Game Spark))


    (出典 dokuzen.com)

    高速メカアクション『プロジェクト・ニンバス:コンプリート・エディション』どこでも楽しめるスイッチ版が発売開始!

    海外インディーゲームを日本向けに配信するGameTomoは、タイのGameCrafterTeam開発のニンテンドースイッチ用ハイスピード・メカアクションゲーム『プロジェクト・ニンバス:コンプリート・エディション』を発売しました。

    プロジェクト・ニンバス(Project Nimbus)』は、高速で展開するメカアクションゲームです。キャンペーンモードでは、アメリカが主導する国際組織「CFN」と、ロシアが主導する「UCN」の強大な力を持った二大組織の衝突、およびテロ組織「亡国の民」の謀略に翻弄される若きエースパイロットたちの戦いを体験することができます。日本のアニメやゲームに影響を受けているとされ、ストーリー全編が日本の声優陣によりフルボイスで日本語化されている特徴を持ちます。

    この度、2017年正式発売のPC版、PS4版に続き、ニンテンドースイッチ版が『コンプリート・エディション』として発売されました。PS4版では『CODE MIRAI』、『RISE MIRAI』に収録されていたキャンペーンやサバイバルモード、様々なミッションが楽しめるウォーフロントモードを楽しむことができます。

    引用元
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190517-00000020-gamespav-game

    【Switch版高速メカアクション『プロジェクト・ニンバス:コンプリート・エディション』発売 】の続きを読む


    プチコン > プチコン4 SmileBASICプチコン4 SmileBASIC』(プチコンフォー スマイルベーシック)は、スマイルブームより2019年5月23日に配信予定のNintendo Switch用ソフトウェア。 スマイルブームは過去においても、BASIC言語を用いたプログラムを制作可能


    (出典 petitverse.hosiken.jp)

    Switch用「プチコン4 SmileBASIC」発売日決定

     スマイルブームは、Nintendo Switch用プログラミングソフト「プチコン4 SmileBASIC」(以下、プチコン4)を5月23日からニンテンドーeショップで発売する。価格は3,000円(税込、サーバー利用券1個付き)。

     「プチコン4 SmileBASIC」は、ゲーム機上で本格的なプログラミングを楽しめる「プチコン」シリーズの最新製品。現行世代ハードウェアの性能に合わせて再設計したSmileBASIC Ver.4を初搭載しているため、処理速度や表示性能がさらに向上している。Joy-Con、HD振動、モーションIRカメラ、Toy-ConといったNintedo Switchならではの機能も使用可能だ。“持ち歩いて外で”、“家庭のTVにつないで大画面で”と、いつでもどこでもプログラミングを楽しめる。

     さらに、プログラミング入門者に向けた「初心者ガイド」も追加されている。ほかにも、USBキーボード・マウス対応、グラフィック・サウンド素材のさらなる拡充、ユーザー間でのプログラム交換や評価をより簡単に行なえる機能の搭載など、前作「プチコン3号」、「プチコンBIG」から全方位にわたって機能が強化されている。

    引用元
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190517-00000171-impress-game

    『【速報】Switch『プチコン4 SmileBASIC』2019年5月23日配信決定!』
    スレをまとめました。

    【【速報】Switch『プチコン4 SmileBASIC』2019年5月23日配信決定!】の続きを読む

    Switch国内累計販売台数812万台突破 PS4&PS4Pro合算を上回る

    Switchの推定販売台数が発売3日で約33万637台を記録した。 6月22日 - 発売から3か月が経過してもなお日本国内にて生産が追いつかず、品薄状態となっていることに関する異例の謝罪文を公式ホームページにて掲載。合わせて同年7月、8月は出荷台数を増やすことも発表。 6月28日


    (出典 switchsoku.com)

    Nintendo Switchの国内累計販売台数が812万台を突破。PS4&PS4 Proの合算を上回る

     ファミ通が最新のソフト&ハード週間販売数を発表。それによると、任天堂のNintendo Switchの国内累計販売台数が812万5637台となり、プレイステーション4とプレイステーション4 Proの合計累計販売台数807万7756台を上回り、現行の家庭用ゲーム機でトップとなった。

    【ソフト&ハード週間販売数】『Days Gone』が大型連休中も絶好調!2週連続で1位を獲得【4/29~5/12】

     今回の累計販売台数は、ハード発売から115週でのものとなる。参考までにそのほかのハードの“115週時点”での累計販売台数は、Wiiが781.4万台、プレイステーション3が278.0万台、プレイステーション4が267.7万台となっている。(※数字はすべてファミ通調べ)
     Wiiは、任天堂の据え置きゲーム機の中で、もっとも販売台数が多いハードだが、Nintendo Switchの販売はそのWiiを上回るペースとなっているということだ。
     ちなみに、任天堂が発表しているNintendo Switchのグローバルでの累計販売台数は3474万台(2019年3月末時点)。

    引用元
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190516-00000005-famitsu-game

    『Switch 販売台数』についてTwitterの反応をまとめました。

    【Switch国内累計販売台数812万台突破 PS4&PS4Pro合算を上回る】の続きを読む

    『ファミリーコンピュータ Nintendo Switch Online 5月の新タイトル』についてTwitterの反応


    (出典 topics.nintendo.co.jp)



    【『ファミリーコンピュータ Nintendo Switch Online 5月の新タイトル』についてTwitterの反応】の続きを読む

    このページのトップヘ