ファンサマリィ

楽しくまとめ情報をお届けしております。

    タグ:Ryzen

    【Ryzen】第3世代Ryzenベンチマーク情報 アキバは想定外の盛況!

    AMDの新型CPU販売開始! アキバでの売れ筋は?(2019年7月9日)|BIGLOBEニュース - BIGLOBEニュース
    7月7日午後7時、雨が終日降り注ぐ中、AMDから第3世代Ryzenの発売がスタートした。その過熱ぶりは既報の通りだ。いずれのショップも「予想外だ」と語るほどの反…
    (出典:BIGLOBEニュース)

    Ryzen(ライゼン)はアドバンスト・マイクロ・デバイセズ(以下AMDと略)が開発したZenアーキテクチャーを採用するマイクロプロセッサのシリーズに用いられるブランド名である。最初のRyzenは2016年12月13日のAMD New Horizon サミットで公式に発表された。 2017年2月22日、AMDはコードネーム
    41キロバイト (3,156 語) - 2019年7月8日 (月) 13:31


    (出典 volx.jp)

    1 ごまカンパチ ★ :2019/07/08(月) 22:10:11.36 ID:xBr0ww9W9.net

    https://pc.watch.impress.co.jp/docs/topic/feature/1194631.html
     AMDは7月7日、Zen 2アーキテクチャを採用した7nm世代のCPUである第3世代Ryzenを発売した。
    これに先立って、AMDより第3世代Ryzenの評価キットを借用することができたので、今回は同キットに含まれていた「Ryzen 9 3900X」と「Ryzen 7 3700X」の
    ベンチマークレポートをお届けする。

    ■製造プロセスとアーキテクチャを刷新した第3世代Ryzen
     AMDの第3世代Ryzenは、CPUの機能をCPUダイとI/Oダイに分割したチップレットアーキテクチャである「Zen 2」に基づいて、7nmプロセスで製造された
    CPUダイと、12nmプロセスで製造されたI/Oダイを1つのパッケージに実装している。
    Zen 2のCPUダイは、4つのCPUコアと16MBのL3キャッシュで構成されるCCX(Core Complex)が2個で構成されている。
    Ryzen 7 3800Xは1個のCPUダイをフル活用して8コア16スレッドを実現し、Ryzen 9 3900Xは2個のCPUダイから2コアずつ無効化することで
    12コア24スレッドを実現している。
    Zen 2ではI/Oダイでは、従来のPCI Express 3.0の2倍の転送速度を実現するPCI Express 4.0を新たにサポートしたほか、メモリコントローラの
    対応メモリ速度はZen+のDDR4-2933からDDR4-3200に引き上げられた。そのほかのおもなスペックは以下のとおり。


     第3世代Ryzen向けに追加されたAMD X570チップセットは、新たにPCI Express 4.0をサポートした。
    最大16レーンのPCI Express 4.0を提供できるほか、Zen 2ベースのCPUを搭載した場合はCPU~チップセット間がPCI Express 4.0 x4で接続される。
    第3世代RyzenはCPUソケットにSo*et AM4を採用しているため、A320以外のチップセットであれば対応UEFI(BIOS)を適用することで
    第3世代Ryzenを動作させることが可能だが、PCI Express 4.0が利用できるのは現在のところAMD X570チップセット搭載マザーボードにかぎられる。


    ■ベンチマーク結果
     それではベンチマークテストの実行結果を確認していこう。
    実行したテストは「CINEBENCH R20(グラフ01)」、「CINEBENCH R15(グラフ02)」、「HandBrake(グラフ03)」、「TMPGEnc Video Mastering Works 7(グラフ04)」、
    「PCMark 10(グラフ05)」、「SiSoftware Sandra v28.69(グラフ06~11)」、「3DMark(グラフ12~15)」、
    「ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズ ベンチマーク(グラフ16)」、「FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION ベンチマーク(グラフ17)」、
    「Forza Horizon 4(グラフ18)」、「F1 2019(グラフ19)」、「バトルフィールド V(グラフ20)」、「フォートナイト(グラフ21)」、「オーバーウォッチ(グラフ22)」、
    「アサシン クリード オデッセイ(グラフ23)」、「シャドウ オブ ザ トゥームレイダー(グラフ24)」。

     CGレンダリング性能を測定するCINEBENCHは、最新版のCINEBENCH R20と、旧バージョンのCINEBENCH R15を実行した。
    CINEBENCH R20において、Ryzen 9 3900XがSingle CoreとAll Coreの両方で比較製品中トップのスコアを獲得。
    とくにAll CoreではCore i9-9900K MB標準に約60%もの差をつけて突き放している。
    また、Ryzen 7 3700XもSingle CoreでCore i9-9900K MB標準と約2%差にまで肉薄し、All Coreでは逆に約7%上回って見せた。

     Single Coreの性能は使用しているメモリのクロック差もが少なからず影響していると思われるが、Ryzen 7 3700XがRyzen 7 2700Xに対して、
    Single Coreで約15%、All Coreでは約20%の差をつけているところを見ると、Zen 2の性能と電力効率向上が相当に大きなものであることがうかがえる。

     CINEBENCH R15ではSingle CoreのトップをCore i9-9900Kが奪っているが、All CoreではCore i9-9900K MB標準に対して、
    Ryzen 7 3700Xは約5%差で上回り、Ryzen 9 3900Xは約58%もの差をつけている。

    (出典 pc.watch.impress.co.jp)

    (出典 pc.watch.impress.co.jp)

    (出典 pc.watch.impress.co.jp)

    (出典 pc.watch.impress.co.jp)
    ※続きはソースで
    ★1:2019/07/07(日) 22:58:59.00
    前スレ
    【CPU】第3世代Ryzenが驚異的性能でIntelを圧倒。従来品の弱点も大きく改善 7月7日発売の新製品ベンチマークレポート
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1562507939/


    【【Ryzen】第3世代Ryzenベンチマーク情報 アキバは想定外の盛況!】の続きを読む

    【自作PC初心者パーツ購入相談】RyzenとASUSマザーの組み合わせなら安いかも

    お手頃価格のRyzen向けマザーボード「B450 Gaming X」 - ASCII.jp
    GIGABYTEから、AMD B450を搭載したゲーミングマザーボード「B450 Gaming X」が発売された。エントリーゲーマー向けマザー「GIGABYTE GAMING」シリーズの製品だ。
    (出典:ASCII.jp)


    (出典 www.dospara.co.jp)

    263 Socket774 :2019/05/25(土) 02:36:51.29 ID:2BiuLdYA.net

    【CPU】Intel(R) Core(TM) i5 680
    【CPU-FAN】リテール
    【Memory】RM-LD1333-D8GB ×4
    【M/B】H57M-USB3
    【VGA】※Radeon R7 240
    【SSD】SP512GBSS3A55S25
    【HDD】 ST2000VN004+ST1000VN002
    【光学ドライブ】
    【追加ケーブル】
    【Case】流用
    【Case-FAN】
    【電源】メーカー不明 500W
    【OS】Windows 10 Pro 64-bit(導入済み)

    PCを貰ったため約7年ぶりに中身の入れ替えを行っています
    スレから見ると*ほど古いPCなのですが、
    前使っていたPCが12年前のC2Dだったこともある&3Dゲームをしないためしばらくこれでつなごうと思います。
    前の時は500Wあれば十分だったのですが今回電源はさすがに変えないとまずいと思い、
    できれば流用しているGPUを戻したい為予算3~4万程度でGPUと電源の差し替えを考えています。
    といってもゲームはグラブル程度しかしないためGPUのスペックっているのか?という疑問も出ています。
    ただ3ディスプレイのマルチディスプレイも考えているためそっち考えると足が出るのかなと思いまして、相談に来ました
    妙案があればいただきたく存じます。


    【【自作PC初心者パーツ購入相談】RyzenとASUSマザーの組み合わせなら安いかも】の続きを読む

    FRONTIER、RyzenGTX 1650搭載 税別約7万5千円のゲーミングPC発売

    FRONTIER、RyzenとGTX 1650搭載で税別約7万5千円のゲーミングPCなど FRONTIER、RyzenとGTX 1650搭載で税別約7万5千円のゲーミングPCなど
    インバースネット株式会社はFRONTIERブランドより、第2世代RyzenとGeForce GTX 1650を搭載したゲーミングPC「GA」シリーズおよび…
    (出典:IT総合(Impress Watch))


    (出典 pc.watch.impress.co.jp)

    【FRONTIER、RyzenとGTX 1650搭載 税別約7万5千円のゲーミングPC発売】の続きを読む

    10連休中にRyzen躍進!』についてTwitterの反応

    10連休中にRyzen躍進! Intel製CPUの枯渇が続くアキバ 10連休中にRyzen躍進! Intel製CPUの枯渇が続くアキバ
    …いんじゃないかと思います。最近はRyzenマザーの選択肢がCore iシリーズと遜色なくなってきていますし、Ryzenがますます選びやすくなっていると…
    (出典:製品(ITmedia PC USER))


    (出典 akiba-pc.watch.impress.co.jp)

     先週、ASUSTeKからRyzen向けの高耐久マザーボード「TUF B450-PRO GAMING」が登場した。価格は1万3000円前後~1万5000円前後(税込み、以下同)だ。PCIe x16とM.2スロットをそれぞれ2基備えるATX仕様のモデルで、チョークやコンデンサーにミリタリークラスの高耐久品を採用している。

     パソコン工房 秋葉原BUYMORE店は「ASRockのSteel Legendシリーズも好調ですし、TUFの需要も大きいんじゃないかと思います。最近はRyzenマザーの選択肢がCore iシリーズと遜色なくなってきていますし、Ryzenがますます選びやすくなっていると感じますね」と話していた。

     Ryzenは2017年3月に第1世代が登場して以来、「10年に一度の逸材」という当初の評価通り前世代のAMD製CPUやAPUとは一線を画す勢いで売れ続けており、PCパーツショップ内でのCPU売り上げ比率もじわじわと高まっている。その流れが10連休に加速したというのは、複数のショップから聞かれる話だ。

     TSUKUMO eX.は「今回の10連休は、例年以上にPC一式買いのお客さんが多かったように思います。当然CPUも新規で必要になりますが、Core iシリーズが相変わらず品薄なので、『じゃあRyzen』となる流れが多かったです。Ryzen以前のAMD製のシェアは1割未満ということもありましたが、直近だとIntelとかなり拮抗(きっこう)しているように思います。5割に近い4割」という。

     Intel製CPUの代替として、AMDを選ぶという流れがごく当たり前になったのはここ最近の動きといえる。パソコンSHOPアークは「少し前までは『AMDはちょっと……』ではなく、『AMDって何ですか?』でしたからね。RyzenというCPUもあって、十分使えて、在庫もたくさんあるということが浸透しているように思います」と語る。

    引用元
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190514-00000010-zdn_pc-prod

    【『10連休中にRyzen躍進!』についてTwitterの反応】の続きを読む

    『Ryzenベース組み込みプロセッサの新製品』についてTwitterの反応

    Ryzenベース組み込みプロセッサの新製品、ゲーム機から4Kディスプレイまで対応 - @IT MONOist
    AMDは2019年4月16日、同社の「Ryzen」を搭載した「AMD Ryzen Embedded R1000」を発表した。2コア4スレッド対応で、最大3台の4Kディスプレイに最高60fpsで表示 ...
    (出典:@IT MONOist)


    (出典 gadgetrip.jp)

     AMDは2019年4月16日、同社の「Ryzen」を搭載した「AMD Ryzen Embedded R1000」を発表した。2コア4スレッド対応で、最大3台の4Kディスプレイに最高60fpsで表示する。

     同社の組み込み向けAPU「AMD Ryzen Embedded V1000」をベースとし、「Zen」CPUと「Vega 3」GPUを搭載。4K対応のH.265エンコード/デコード(10b)とVP9のデコード機能を備える。セキュリティ機能として実績のある「Secure Root of Trust」と「Secure Runテクノロジー」も搭載する。

    引用元
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190509-00000014-it_monoist-ind

    【『Ryzenベース組み込みプロセッサの新製品』についてTwitterの反応】の続きを読む

    このページのトップヘ