ファンサマリィ

楽しく興味をそそられる話題や、
疑問に感じる様々な事柄に注目しています。

    タグ:NHK

    1 アムールヤマネコ(大阪府) [CA] :2021/01/19(火) 16:26:16.48

    NHKは19日、通算62作目となる2023年の大河ドラマ「どうする家康」の制作を発表した。主演は、昨年末でグループ活動を休止した嵐の松本潤(37)が務める。嵐メンバーの大河出演は初めて。ジャニーズ勢では「軍師官兵衛」(14年)で主演したV6・岡田准一(40)以来5人目の主演。脚本は古沢良太氏が担当する。
    https://hochi.news/articles/20210119-OHT1T50088.html

    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)


    続きを読む

    1 アムールヤマネコ(神奈川県) [CN] :2021/01/13(水) 07:27:38.33

    NHKは、2023年度に、受信料を値下げする方針を固めた。13日に発表する、21~23年度の中期経営計画に盛り込む見通し。
    NHKが計画案を発表した昨年8月の段階では、新たな受信料値下げは盛り込まれていなかった。

    (出典 www.asahicom.jp)

    続きを読む

    1 イリオモテヤマネコ(東京都) [ニダ] :2021/01/11(月) 14:54:35.22

    中国の保健当局は10日、新型コロナウイルスの感染者が新たに103人確認されたと発表しました。中国で1日に新たに確認された感染者が100人を超えたのは去年7月以来で、首都・北京に隣接する河北省で感染者が増えています。
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210111/k10012808341000.html

    (出典 www3.nhk.or.jp)


    続きを読む

    1 ばーど ★ :2020/11/29(日) 06:13:49.96 ID:81cvwA+i9.net

    前総務大臣の高市早苗代議士(59)が吠えまくっている。11月18日はYouTubeチャンネル「ケビン・クローンのセイカイ発見TV」、21日には関西テレビの「東京駐在 キーパーソンに訊く!」で、NHK改革について持論を述べたのだ。中でも、受信料とそれ を集めるための経費が高すぎるとの発言が注目されている。

    (出典 blogimg.goo.ne.jp)

    続きを読む

    NHKテレビなどの「受信設備」を購入したときの届け出義務化などの制度改正を求めている。背景にあるのは、外部委託の徴収員などにかかる多額の費用だ。NHK10月16日総務省の有識者検討会に提出した資料によると、年間305億円がかかっているという。

    制度が改正されれば、ワンセグ・フルセグつきの携帯電話カーナビでも届け出が必要ということになるだろう。ネットでは「スクランブルにすればいいのに」「テレビ離れが進む」など、NHKに批判的な声も多く見られる。

    歴史的にみれば、届け出の義務化は放送法が成立する過程で削られたという経緯もあり、議論になりそうだ。

    NHKが要望「テレビ設置の届け出義務化」の意味 国民との信頼関係が壊れないか
    続きを読む

    1 クロロフレクサス(栃木県) [JP] :2020/08/27(木) 11:16:30.44

    高市総務相、NHK受信料値下げ改めて要請

     高市早苗総務相は26日、NHKの令和3~5年度の次期経営計画案で受信料引き下げが盛り込まれなかったことについて、「さまざまな合理化を行い、その成果を国民・視聴者に還元することを最優先に考えて取り組んでいただきたい」と値下げを要請した。同日に開かれた総務省の「放送を巡る諸課題に関する検討会公共放送の在り方に関する検討分科会」で述べた。

     NHKが今月4日に公表した経営計画案では「現行の料額を維持する」として、今年10月に続く新たな受信料引き下げを見送った。案では衛星放送とラジオ放送のチャンネル数を削減する方針を打ち出したものの、具体的時期を明記しなかった。
    https://www.sankei.com/entertainments/news/200826/ent2008260006-n1.html

    (出典 image.news.livedoor.com)


    続きを読む

    1 テルモゲマティスポラ(光) [ニダ] :2020/08/03(月) 22:00:55.43

     NHKは2021~23年度の中期経営計画案に、AMラジオとBS(衛星放送)チャンネルの削減を盛り込む方針を固めた。複数のNHK関係者への取材で分かった。
    業務が肥大化しているという批判を受けて事業規模を抑制する。4日に正式発表の見通し。

     関係者によると、現在、第1と第2があるAMラジオは、一本化する具体案を中期経営計画の3年以内に出し、AMとFMで各1波ずつにする方針。

     また、BSのチャンネルを段階的に減らす方針だ。BS4波のうち、ハイビジョン画質の「BS1」と「BSプレミアム」、高精細画質の「BS4K」の3波を2波にし、将来的には1波にすることも検討する。
    「BS8K」についても、高いコストがかかることなどから、今後の運用について判断するという。

    4日のNHK経営委員会で計画案が了承されれば、意見公募(パブリックコメント)を実施し、正式な計画をまとめる。
    https://www.asahi.com/sp/articles/ASN836HL7N83UCVL00Z.html?iref=sp_new_news_list_n

    (出典 img.topics.smt.news.goo.ne.jp)


    続きを読む


     NHK2020年10月1日から受信料の実質値下げを開始することになった。

     各メディアによると、例えば、地上放送の契約で口座・クレジット支払いの場合は(以下すべて税込)月額1260円だが、10月1日からは1225円と35円の値下げに。
     同6か月前払額は7190円から7015円、12か月前払額は1万3990円から1万3650円へと値下げされる。

     ​>>NHK会長、コロナ禍で受信料契約の落ち込みを明かし賛否 「コロナで失業する人もいるのに…」の声も<<​​​

     衛星契約は、月額2230円が2170円に60円値下げ。6か月前払額は1万2730円から1万2430円、12か月前払額は2万4770円から2万4185円への値下げとなる。
     「10月からの値下げは昨年の段階で予告されていたが、『令和2年度収支予算、事業計画及び資金計画』の国会承認により値下げが決定。NHKにすればかなりの英断となったが、そもそも、受信料が高すぎたので、もっと値下げすべきだった」(放送担当記者)

     NHKといえば、これまで受信料の支払いを巡ってバトルを繰り広げていた、「NHKから国民を守る党」の党首で元NHK職員の立花孝志氏がスローガンにぶち上げている「NHKをぶっ壊す!」が有権者の支持を受け、昨年の参院選の比例区で当選(のちに議員辞職)を果たした。

     さらに6月26日東京都内の女性がNHKが映らないテレビ「イラネッチケー」を自宅に設置したことを巡り、受信契約を結ばなければならないのかを争った裁判で、東京地裁は女性の主張を認めたのだ。
     「NHKが受信料の裁判で敗訴したのは史上初。まだ1審で、今後NHKは控訴するだろうし、判決がひっくり返る可能性がありそうだが、NHKにとっては衝撃的な判決だったはず。もし、判決が変わらなかった場合、今後の『イラネッチケー』の普及も考え、視聴者に1人でも多く受信料を支払ってもらうには、今後、さらなる受信料の値下げは避けては通れない案件になりそうだ」(同)

     NHKは岐路に立たされているようだ。

    画像はイメージです


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    続きを読む

    1 ■忍【LV13,ほうおう,9C】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb :20/07/16(木)14:17:40 ID:???

    NHKは何をやっちゃってくれてんの
    #NHK #日本放送協会 #公共放送 #受信料
    埋め込み動画
    0:56
    5.6万回表示
    地蛋(データン)
    さんによる
    午前6:54 ・ 2020年7月16日・Twitter for iPhone
    https://twitter.com/chiakiasami/status/1283520306909310976?s=21

    (出典 pbs.twimg.com)


    続きを読む

    1 ジャガーネコ(やわらか銀行) [US] :2020/07/13(月) 09:44:50.78

    今の「NHK」は公共的役割を果たしているのか 
    公共性を芸術と同じ観点から分析してみた 

    2020/07/07 5:45 
    https://toyokeizai.net/articles/amp/359998?display=b&_event=read-body 

    コロナ禍の外出自粛でテレビをいつもより長く見ていた、という人も少なくないでしょう。この間、さまざまな番組を見てNHKと民放の違いを感じた人はどれだけいたでしょうか。はたしてNHKは、日本の全世帯から受信料を徴収するに足るコンテンツやサービスを提供しているのか。元財務官僚で『「NHKと新聞」は嘘ばかり』著者の高橋洋一・嘉悦大学教授が、公共財の観点からこの問題に迫ります。

    (出典 images-na.ssl-images-amazon.com)

    続きを読む

    このページのトップヘ