PCゲームのまとめ

PCゲームやオンラインゲーム等のソフトウェア情報、
その動作環境としてのハードウェア及び関連グッズ情報、
その他の様々な情報を合わせてお届けします。

    タグ:Microsoft

    【Microsoft】「OneDrive」を有料で増量へ セキュリティーは「Personal Vault」の追加認証機能で対応!

    Microsoft OneDrive(マイクロソフト ワンドライブ)とは、マイクロソフトが提供するWindows Live のサービスの1つである基本無料のオンラインストレージ。旧称 Microsoft SkyDrive(マイクロソフト スカイドライブ)。 利用するには、Microsoft アカウント(旧Windows
    15キロバイト (2,065 語) - 2019年5月4日 (土) 10:44


    (出典 image.itmedia.co.jp)

    【【Microsoft】「OneDrive」を有料で増量へ セキュリティーは「Personal Vault」の追加認証機能で対応!】の続きを読む

    【Microsoft】『Visual Studio Code Installer for Java』リリース JDKや拡張機能を自動でセットアップ

    Microsoft、「Visual Studio Code Installer for Java」をリリース - 窓の杜
    米Microsoftは6月14日(現地時間)、「Visual Studio Code Installer for Java」を公開した。Java開発者のためにパッケージングされた特別な「Visual Studio Code」の ...
    (出典:窓の杜)

    Visual Studio Codeはソースコードエディタである。マイクロソフトにより開発され、Windows、Linux、macOS上で動作する。デバッグ、Gitクライアントの統合、シンタックスハイライト、インテリセンス、スニペット、リファクタリングなどの機能を持つ。カスタマイズもでき、利用者はエ
    9キロバイト (767 語) - 2019年6月6日 (木) 22:42


    (出典 devblogs.microsoft.com)


    1 田杉山脈 ★ :2019/06/15(土) 22:59:24.15 ID:CAP_USER.net

    マイクロソフト(Microsoft)の無料のVisual Studio Codeは、わずか数年で市場で人気最大のコードエディターになった。Visual Studio Codeのアドバンテージのひとつが、柔軟性だ。しかしその柔軟性は、複雑なセットアップに苦労してやっと得られるものだった。そこで米国時間6月14日、同社は、Visual Studio Codeで相当容易にJavaのコードを記述可能にするための新しいプロジェクトをローンチした。

    最近、マイクロソフトのスポークスパーソンが本誌に語ったところによると、学生や新人プログラマーなど一部のデベロッパーにとってはJavaの開発環境をセットアップすることが依然として難しい。通常それは、いくつかのバイナリやVisual Studio Codeのエクステンションをインストールするなど、かなり面倒なプロセスであるという。

    そんなデベロッパーを助けるためにマイクロソフトは本日、それらの面倒を一手に引き受けるインストーラーをローンチした。それはまず最初に、JDKがすでにインストールされているか調べる。インストールされていなければ、マイクロソフトがスポンサーでもあるAdoptOpenJDKからバイナリをインストールする。必要ならVS CodeとJava Extension Pa*もインストールする。AdoptOpenJDKは、Oracle JDKのベンダーニュートラルな代替製品であり、マイクロソフトもVisual Studio CodeのJavaエクステンションをインストールしているユーザーには、このJavaディストリビューションを推奨している。

    現在のところ、インストーラーはWindows用のみだが、コミュニティの関心が高ければその可利用性を拡張する計画だ。
    https://jp.techcrunch.com/2019/06/15/2019-06-14-microsoft-makes-getting-started-with-java-and-vs-code-easier/


    【【Microsoft】『Visual Studio Code Installer for Java』リリース JDKや拡張機能を自動でセットアップ】の続きを読む

    【Microsoft】「Xbox Elite Wireless Controller Series 2」カスタマイズ出来る高級ゲームパッド!バッテリー持ちは40時間

    Xbox Eliteワイヤレス コントローラーの次世代モデルが登場 - PC Watch
    米Microsoftは6月9日(現地時間)、Xbox/Windows向けの高級ゲームパッド「Xbox Elite Wireless Controller Series 2」を発表した。発売日は11月4日で、本日より予約受付 ...
    (出典:PC Watch)


    (出典 static-ca.ebgames.ca)

    Xbox Elite Wireless Controller

    (出典 Youtube)


    【【Microsoft】「Xbox Elite Wireless Controller Series 2」カスタマイズ出来る高級ゲームパッド!バッテリー持ちは40時間】の続きを読む

    Microsoft「Xbox E3 Briefing 2019」で予告、Xbox次世代ゲームコンソールは「Scarlet(スカーレット)

    Microsoft、次世代ゲームコンソールXbox ScarletのE3での発表を予告 - GAME Watch
    Microsoftは、米国時間の明日6月9日に実施を予定しているE3カンファレンス「Xbox E3 Briefing 2019」で、次世代機の発表を予告していたが、このほどそれが開発コード ...
    (出典:GAME Watch)


    (出典 mp1st.com)


    1 名無しさん必死だな :2019/06/09(日) 13:30:51.52 ID:tLNo0NqR0.net

    Microsoft、次世代ゲームコンソールXbox ScarletのE3での発表を予告
    https://game.watch.impress.co.jp/docs/news/1189227.html

    (出典 game.watch.impress.co.jp)


    【Microsoft「Xbox E3 Briefing 2019」で予告、Xbox次世代ゲームコンソールは「Scarlet(スカーレット)」】の続きを読む

    マイクロソフトがゲーミングマウスMicrosoft Pro IntelliMouse」発表 5月に米国で59.99ドル


    (出典 blog-imgs-124.fc2.com)


    1 サーバル ★ :2019/05/29(水) 16:22:43.52 ID:POizfDlT9.net

    Microsoft、往年の名機を復刻したゲーミングマウス「Pro IntelliMouse」

    Pro IntelliMouse
     米Microsoftは28日(現地時間)、ゲーミングマウス「Microsoft Pro IntelliMouse」を発表、5月末より米国で発売する。米国直販価格は59.99ドル。


     「IntelliMouse」は、同社が1996年に発売した、初めてホイールスクロールを備えたポインティングデバイス(米Microsoftが新しいポインティングデバイス「IntelliMouse」を11月に発売)から続くマウスシリーズ。

     同社は、2017年に「Classic IntelliMouse」として、1999年発売の光学マウス「IntelliMouse Explorer」のデザインを踏襲したマウスを発売している。

     このClassic IntelliMouseでは、青色LEDによる「BlueTra*」センサーを採用しており、ガラスの上などでも使え、サーフェスを選ばず利用できる点が訴求されており、おもに仕事や日常での利用を想定した製品となっていた。

     一方、今回発表されたPro IntelliMouseは、“ゲーミングマウス”を謳っており、ゲーマー向けの製品として発売されている。

     センサーにはPixArt製の「PAW3389PRO-MS」を搭載。型番からして同社向けのカスタマイズ品と見られるが、秒間最大10.16mの移動をトラッキングできるとしている。

     ゲーマー向けにボタンの反応性と耐久性が改善されているほか、テクスチャード加工の本体に加え、USBケーブルが編組仕様となっている。

     本体カラーリングはXbox周辺機器で人気のある、落ち着いたシャドウとグラデーションを配したカラーリングを採用。底尾のランプは好みの色に変更することも可能となっている。

     ボタン数は5ボタンで、3ボタンは機能をカスタマイズ可能。ポーリングレートは最大1,000Hz。対応OSはWindows 7以降。

     本体サイズは69×132×43mm(幅×奥行き×高さ)で、重量は140g。

     国内発売については不明だが、欧州およびアジアの一部で7月より発売とされているため、国内での発売にも期待したい。
    https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1187075.html


    (出典 pc.watch.impress.co.jp)


    (出典 pc.watch.impress.co.jp)


    (出典 pc.watch.impress.co.jp)


    【マイクロソフトがゲーミングマウス「Microsoft Pro IntelliMouse」発表 5月に米国で59.99ドル】の続きを読む

    このページのトップヘ