ファンサマリィ

さまざまな疑問や話題、そして楽しく興味をそそるトピックスに注目しています。

    タグ:高市氏



    1 minato ★ :2022/06/12(日) 17:49:52.00
     自民党の高市早苗政調会長が12日、フジテレビ系「日曜報道THE PRIME」に出演し、日本の技術が「日本を狙う」可能性を指摘した。
    続きを読む



    1 ぐれ ★ :2022/04/05(火) 19:54:19.17

    時事通信ニュース: 見逃せば「第2のロシア」出現 ウクライナ民間人殺害―高市氏.

    続きを読む



    高市早苗
    @takaichi_sanae
    そもそも衆院選の準備で殆どの議員が選挙区に帰ってしまっていた状況で、政調会長が作業をしなければ、誰が『政権公約』を書いて下さったのでしょうか。お粗末な公約のせいで自民党が惨敗したのであれば、私は潔く辞任します。
    https://twitter.com/takaichi_sanae/status/1463518573263929344

    続きを読む



    1 マカダミア ★ :2021/11/24(水) 18:34:10.30

     自民党の高市早苗政調会長は24日、東京都内で講演し、ミサイル防衛を強化するため、日本による「サイバー攻撃」を容認する可能性に言及した。「超音速でミサイルを撃ち込まれても防ぎようがない」と指摘。対抗手段として「今の法律ではできないが、サイバー攻撃を仕掛けて無力化する」ことを挙げた。

    続きを読む


    自民党と公明党が合意した18歳以下の子どもを対象にした10万円相当の給付について、自民党の高市早苗政調会長は12日のインターネット番組で、「共働き家庭でそれぞれが960万円ぐらい稼いでいたらすごい金額になる。個人の収入だと非常に不公平が起きてしまう」と語った。
    続きを読む


    自民公約、首相の看板政策に「高市カラー」も加え党内バランス…「令和版所得倍増」は見送り
    …た衆院選公約は、成長と分配の両立を図る「新しい資本主義」など、岸田首相(党総裁)が掲げる看板政策を前面に打ち出した。公約作りを取り仕切った高市政調会長…
    (出典:読売新聞オンライン)

    政調会長とは「政務調査会長」の略であり、自民党としてどのような政策・法案を打ち出すかを纏める責任者である。政務調査会でまとまった方針を内閣に伝え、予算案に反映させる。自民党が与党である限り、政府の政策立案にも強い影響力を持つのが政調会長
    11キロバイト (960 語) - 2021年10月1日 (金) 20:18

    ピーチ太郎2nd@PeachTjapan2
    【自民党 政権公約】
    高市早苗「危機管理投資をいち早くやれば、海外も必要とするわけで成長に繋がる」
    岩田公雄「総裁選で高市さんが力説された部分ですけど、これは自民党の…」
    高「入れちゃいましたハートのビックリマーク政調会長ですから、一応それくらいの権限があると思って。ちゃんと党議決定もしました目が笑っている笑顔」
    tt
    https://twitter.com/PeachTjapan2/status/1447929211021369344
    続きを読む



    1 ボラえもん ★ :2021/10/08(金) 12:41:34.07

     立憲民主党の枝野幸男代表は8日、国会内で記者会見し、衆院選公約に盛り込む男女間格差の是正のための政策を発表した。

    続きを読む



    1 マスク着用のお願い ★ :2021/09/29(水) 15:03:50.38

    NHKより


    続きを読む



    1 Egg ★ :2021/09/26(日) 00:56:48.75

    自民党総裁選(29日投開票)に立候補している4候補者が25日、党主催のオンライン討論会に臨んだ。防災、観光振興、農林水産について国民からの質問に答えた。

    続きを読む

    1 ひよこ ★ [DE] :2021/09/25(土) 06:56:11.48

    https://www.sponichi.co.jp/society/news/2021/09/25/kiji/20210925s00042000127000c.html
    [ 2021年9月25日 05:30 ]
    tt
    (出典 www.sponichi.co.jp)

    嘉門タツオ(右)から応援ソングを送られガッツポーズで気合いを入れる高市早苗前総務相
    Photo By スポニチ

    続きを読む

    このページのトップヘ