ファンサマリィ

さまざまな疑問や話題、そして楽しく興味をそそるトピックスに注目しています。

    タグ:立憲民主党



    1 ベクトル空間 ★ :2022/06/19(日) 10:01:46.40
    枝野幸男氏が応援演説「蓮舫さん、辻元さん、この順番を覚えて帰ってください」
    [2022年6月18日20時2分]
    続きを読む



    1 ミランダ(愛媛県) [JP] :2022/06/18(土) 11:32:15.80
    山梨県議会で男性議員が性的マイノリティーを否定する発言
    続きを読む



    1 ベクルックス(栃木県) [US] :2022/06/10(金) 09:35:06.09
    玉木雄一郎
    立憲民主党会派から提出された細田議長不信任案については、週刊誌報道に基づく理由も含まれており、現時点で不信任に値するとの判断材料を欠いていることから退席。内閣不信任案については、国難の時に政治空白を作るべきではないとの判断から反対しました。最後の憲法審査会が流れたことが残念です。
    https://twitter.com/tamakiyuichiro/status/1534819858176610304?t=DPu0nkBLIsl9ZpDQT1Xz_g&s=19

    続きを読む

    1 (雲) [US] :2022/06/04(土) 08:30:29.39

    @FIFI_Egypt
    有田芳生議員のこのツイートは大丈夫ですか?立憲民主党の見解が聞きたいです。

    (出典 pbs.twimg.com)


    続きを読む



    1 ボラえもん ★ :2022/06/03(金) 17:54:33.27

    蓮舫氏ら3人は当選圏?著名人も続々参戦「参院選」東京選挙区の行方、裏では与野党実力者たちのうごめきも

    続きを読む

    1 (雲) [US] :2022/05/30(月) 14:04:12.58

    https://twitter.com/himeura1022/status/1531077104766709760
    つっきー@himeura1022
    梅田なう
    午前9:56 · 2022年5月30日

    (出典 pbs.twimg.com)

    続きを読む



    1 ジャーマンスープレックス(SB-Android) [CN] :2021/11/15(月) 22:10:50.13

    19日告示の立民代表選、出馬表明いまだゼロ…党重鎮「適任者がいない」
    https://news.yahoo.co.jp/articles/8a61e59aa80fcf88f85b498594c932e4fbf32c47
     立憲民主党代表選(19日告示、30日投開票)は、枝野幸男前代表の辞任表明から約2週間たっても出馬表明がゼロという異常事態となっている。

    続きを読む



    1 パルシェっ娘(神奈川県) [GB] :2021/10/23(土) 13:03:41.02

     31日投開票の衆院選で、立憲民主と国民民主の両党がいずれも、比例代表の党名略称を「民主党」で届け出ている。栃木県選挙管理委員会によると、「民主党」と書かれた投票用紙は両党の得票割合に応じて割り振る「案分」になる。県内では両党の候補や関係者が「民主党と書かないで」と呼び掛けるなど、異例の事態となっている。

    続きを読む



    1 どどん ★ :2021/10/12(火) 00:30:46.45

    立憲民主党の生方(うぶかた)幸夫衆院議員(比例代表南関東ブロック)は11日、北朝鮮による拉致被害者について「生きている人はいない」などと発言した責任を取り、同党の千葉県連代表を辞任した。後任は長浜博行参院議員。
    同党県連などによると、11日夜に生方氏から県連幹部に対し、発言の撤回と代表辞任の申し入れがあった。

    産経新聞
    https://news.yahoo.co.jp/articles/13f6b19114148343f27649b8ace7e71b481fb4e9


    続きを読む



    1 うさぎファミリー(愛媛県) [US] :2021/10/11(月) 14:41:34.97

    拉致問題めぐり不適切発言 立民 生方衆院議員 発言を撤回 謝罪

    北朝鮮による拉致問題をめぐり、立憲民主党の生方幸夫衆議院議員が先月開いた市民との対話集会で「拉致被害者はもう生きている人はいない」などと発言していたとして、家族会などから抗議を受け、生方氏はみずからの発言と認めたうえで発言を撤回し謝罪しました。

    続きを読む

    このページのトップヘ