北朝鮮の朝鮮中央通信は7日、日本の海上自衛隊の新型護衛艦の名称を非難する論評を配信した。

6月22日三菱重工業長崎造船所(長崎市)で海上自衛隊の新型護衛艦「FFM」の進水式が行われ、「のしろ」と名付けられた。2022年から就役する予定だという。

海上自衛隊の新型護衛艦「のしろ」(海上自衛隊サイトより)
続きを読む