ファンサマリィ

楽しくまとめ情報をお届けしております。
トレンド情報や政治・社会・海外の話題、
そしてゲーム・IT関連にも注目しています。

    タグ:日本人


    [となりのテレ金ちゃんテレビ金沢]2020年8月3日放送の「なぞの細道」のコーナーでは、麺を食べるときに立てる音について調べていました。

    暑い夏には、そうめん冷やし中華ざるそばなどがぴったり。ズルズルと音を立てて、麺をすすって食べる人が多いと思います。

    ところで、こうした「麺をすする」食べ方って、海外ではよくマナー違反とされますよね。ちょっと前には、「ヌードルハラスメント」という言葉も話題になりました。

    ではなぜ、麺をすする食べ方が日本人の間で定着しているのでしょうか。

    なぜ日本人だけ...?(画像はイメージ)
    なぜ日本人だけ...?(画像はイメージ

    音を立てるのが「粋」だった?

    番組が、金沢市内でイタリア料理店を営むイタリア人男性に話を聞いていました。彼によれば、イタリアではパスタなどをすすって食べるのは、お行儀の悪い行為だそうです。この男性は小さい頃は母親に怒られていたと。

    すする音はマナー違反で、日本に来て初めて見たとき、思わず母親を思い出したそうです。

    また、中国や韓国でも麺類は受け皿を使って音を出さずに食べます。

    なぜ日本だけすすって音を出すのを良しとしているのでしょうか?

    番組が調べてみると、日本でも古い時代の本では音を出すことは無作法だと書いてあります。吸う音を出すのは子供と同じ、という記載まであります

    食べるときの道具は、平安時代までは「さじ」(=スプーン)があり、それを使っていたのですが、麺が日本に到来する前に「さじ」はなくなって箸の文化になります。

    ですので、麺が広まったときに、箸で食べるにはすするのが効率的だったと考えられます。

    そして江戸時代、東京は男性が8割を占める単身赴任の町でした。手軽な麺の屋台が大人気となります。ここで汁ごとすするようになったと思われます。

    江戸での食べ方が広まると、それが粋、音を出して食べるのはかっこいいという風に全国に広まっていったのです。

    また、音を立てることで耳からも料理を楽しむことができると考えられたのでしょうね。

    ライター:りえ160

    (出典 news.nicovideo.jp)
    【なぜ日本人は麺をズルズルとすするが、海外ではマナー違反? ・・・なんでも海外が正しいと言うことか?】の続きを読む


     中国メディア・騰訊網は1日、新型コロナウイルスの感染拡大が続く日本の人びとが「かつてないほど中国人を待ち焦がれている」とする記事を掲載した。

     記事は、世界的に猛威を振るっている新型コロナの影響により、多くの国が経済的に非常に深刻なダメージを受けており、隣国の日本もその一例であると紹介。特に観光業への打撃は著しく、日本国内における中国人観光客に対する感情が以前と比べて大きく変化するほどの影響であるとした。

     そして、日本に大量の中国人観光客が押し寄せるようになった数年前は、中国人観光客が便座などを「爆買い」する様子が世界で紹介され、社会現象となる一方で、当時の日本国内ではマナーの悪さがメディアにより大きく取り沙汰されたこともあって、必ずしも中国人観光客を歓迎するようなムードではなかったと伝えた。

     一方で、今年に入って新型コロナの感染が拡大し、それまで日本の街に多く存在していた中国人観光客はすっかりいなくなると「興味深い現象が起こるようになった」とし、多くの日本人中国人観光客に日本を旅行してもらうことを願うようになり、積極的に呼び掛け始めているのだと紹介している。

     記事その背景として、中国人観光客を失ったことにより多くの商店が業績を悪化させていることを挙げ、中国人観光客御用達の免税店として知られていたラオックスが先日、既存店舗の少なくとも半数を閉店することを発表したと説明。「まさにそれゆえに、日本は中国人観光客に戻ってきてもらおうとしているのだ」と評した。

     近年の日本の観光業や一部小売業が、中国人観光客の消費力にかなり依存していたことは事実と言っていいだろう。「コロナとの共生」がテーマである今後の経済活動において、従来同様に中国人観光客の消費力に期待するということは、難しいかもしれない。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)

    日本人が今、かつてないほどに中国人を待ち焦がれている=中国メディア 
    (出典 news.nicovideo.jp)

    (出典 012cloud.jp)

    【日本人が今、かつてないほどに中国人を待ち焦がれている=中国メディア ・・・に対する日本人の率直な感想は?】の続きを読む

    1 あしだまな ★ :2020/06/30(火) 05:23:29.28

    近年は中国でもペットを飼う人が増えていて、犬が人気を集めている。なかには秋田犬や柴犬などの日本犬を飼う人もいるようだ。日本では「ネコノミクス」という言葉が登場したように、近年は飼育しやすい猫に人気が集まっているが、中国では猫は日本ほど人気ではないという。日本以外ではロシアなども猫が人気の国だが、中国メディアの捜狐はこのほど、日本人は「非常に猫好きだ」と主張する記事を掲載し、その理由について分析している。

    記事はまず、日本人が猫好きになったのは「何も最近になってからではない」とし、猫の視点で人間模様がユーモラスに描かれている、夏目漱石の小説「吾輩は猫である」などの存在からも、日本人がずっと前から猫に関心を寄せてきたことが分かると主張した。

    また、「猫の額」、「猫の手を借りたい」、「猫は虎の心を知らず」、「猫に鰹節」など、日本には猫が登場する言葉も数多く存在するほか、2月22日はニャンニャンニャンで猫の日とされていることなどを紹介。猫という動物は日本人の生活に密着した存在であることが良く分かるとしつつ、「日本人がこれほどまでに猫が好きなのはなぜだろうか」と疑問を提起した。

    理由として記事は、猫を見たり撫でたりすると誰もが癒されるが、「日本人は日常生活で大きなストレスにさらされているため」ではないかと考察したほか、「他人に迷惑を掛けたくない」という日本人特有の感情により自分を制御しながら生活を送っているため、「自由気ままな猫に魅力を感じ、同時に癒されているのではないか」と分析した。


    中国でも多くの人がペットを飼育するようになっていて、ペットビジネスも拡大している。中国で人気なのはあくまでも犬だが、猫の場合は中国語で藍猫(ランマオ)と呼ばれる「ロシアンブルー」が人気のようだ。

    https://news.livedoor.com/article/detail/18490209/


    (出典 bunshun.ismcdn.jp)


    【日本人はなぜこんなにも猫が好きなのか ・・中国人「猫より犬の方が旨いのに」w】の続きを読む



    (出典 pbs.twimg.com)

    1 名無し募集中。。。 :2020/06/20(土) 17:22:46 ID:0.net

    とくダネ(18日)で人種差別問題を特集していて、古市が以下の発言しました。唖然としました

    「文化的には韓国に、映画とかドラマとか追い抜かれてしまって、経済的には中国には追い抜かれてる中で、日本も、昔は堂々と差別できたのに今は追い抜かされてどうしようという思いが差別意識に繋がってる」
    動画
    https://twitter.com/simxsim777/status/1274175589633503232

    【古市憲寿「日本人って中国韓国に経済や文化で抜かれたから差別しかできない」黒人差別の話題に、なんで日本人を持ち出すんだ?】の続きを読む

    このページのトップヘ