防衛省は、2020年9月30日に発表した2021年度予算の概算要求で、いずも型護衛艦「かが」に、F35B戦闘機を搭載するための改修費を計上した。同時に、「かが」と同型艦「いずも」の艦首の形状を四角形に変更することを明らかにした。

 中国メディアの百家号はこのほど、いずも型護衛艦は改修にあたって「なぜスキージャンプ台を採用しないのか」と問いかけ、その理由を分析する記事を掲載した。中国が運用する空母はいずれもスキージャンプ式なので、いずも型護衛艦の艦首を四角形にするのが不思議なようだ。

護衛艦を空母に改修する日本、なぜスキージャンプ方式を採用しないのか=中国
続きを読む