ファンサマリィ

楽しくまとめ情報をお届けしております。
トレンド情報や政治・社会・海外の話題、
そしてゲーム・IT関連にも注目しています。

    タグ:北朝鮮

    1 テルムス(光) [ニダ] :2020/08/30(日) 11:50:01.60

     北朝鮮が動画投稿サイト「ユーチューブ」で、韓国などに潜伏する工作員への指令と推定される「乱数放送」を行った。

     北朝鮮の国外向けラジオ放送、平壌放送のユーチューブチャンネルに29日、「0100011001-001」と題した動画が投稿された。
     アナウンサーが「今から710号探査隊員のための遠隔教育大学情報技術基礎復習課題をお伝えします」とし、「564ページ23番、479ページマイナス19番、694ページ20番」などと読み上げた。
     動画の長さは1分5秒ほどで、再生回数は1万回を超えていたが同日中に削除された。

     北朝鮮がユーチューブで乱数放送を行ったのは初めてであることが把握された。これまで乱数放送は平壌放送を通じ行われたが、今回はラジオでの放送はなかった。
     北朝鮮は2000年6月15日の南北首脳会談後に乱数放送を中止していたが、2016年6月に再開した。放送再開を巡っては韓国に派遣された工作員に対する指令だとの分析や韓国社会を混乱に陥れるためだとの見方が出ていた。
    http://yna.kr/AJP20200830000500882

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【北朝鮮が投稿したユーチューブの暗号動画の再生回数が1万回超え! ・・・それが意味するものとは?】の続きを読む

    1 フランキア(神奈川県) [KR] :2020/08/07(金) 13:41:34.52

    政府は、国際機関を通じて1000万ドル規模の対北朝鮮人道支援をすることにした。

    政府は6日、第316回南北交流協力推進協議会を開き、南北協力基金で、世界食糧計画(WFP)の北朝鮮乳幼児・女性支援事業に1000万ドル(約119億ウォン)を支援する案を審議・議決した。

    今回の支援はWFPの要請によるもので、当初6月議決が推進されたが、北朝鮮の南北連絡事務所爆破などで南北関係が梗塞されて保留されたことがある。

    イ・インヨン統一部長官はこの日の会議の冒頭発言で、「今回の決定は、人道的事案を政治・軍事的事案と連携する短期的で狭い視野から抜け出し、今、人道的協力は長い呼吸で一貫して推進するという原則をしっかりと履行する出発点になるだろう」と強調した。

    https://news.naver.com/main/ranking/read.nhn?mid=etc&sid1=111&rankingType=popular_day&oid=081&aid=0003113519&date=20200806&type=1&rankingSeq=10&rankingSectionId=100

    共感 160
    非共感 12550

    (出典 dol.ismcdn.jp)


    【北朝鮮「事務所爆破!ダム無断放流!」 こんな仕打ちでも、文大統領「政治と支援は別!北朝鮮に10億円支援する!」 すべて北の核がお目当て?】の続きを読む

    1 Toy Soldiers ★ :2020/07/03(金) 23:09:14.10

    もうファミコン外交するしかない

    《(韓国の文在寅大統領は)ずうずうしくて傲慢》《(韓国政府について)おびえる犬ほどよく吠える》……、北朝鮮の金与正朝鮮労働党第一副部長(32)の暴言はエスカレートするいっぽうだという。

    与正氏は、北朝鮮のトップである金正恩 朝鮮労働党委員長(36)の実妹である。

    「'18年に与正氏は平昌冬季五輪に出席し、笑顔を振りまきました。当時は韓国内でも柔和なメッセンジャーと、もてはやされましたが、最近では強硬発言を連発し、南北融和の象徴である南北共同連絡事務所を爆破するなど、その豹変ぶりに韓国政府も韓国国民も驚いています」(韓国紙・政治部記者)

    龍谷大学教授の李相哲さんは言う。

    「いまや与正氏が、実質的に北朝鮮のナンバー2になっています。なぜ彼女が“豹変”したかですが、1つは北朝鮮という国家が、韓国への対応を強硬路線に切り替えたこと。
    もう1つは、彼女が兄から韓国への対応を任されて、とても高揚している状態にあるからだと思います。ひらたくいえば『南の文在寅の相手は、自分が出るほどのことではないから、妹のお前に任せるぞ』、ということですね」

    また与正氏の存在感が増している背景には、正恩氏の体調不良もあるという。

    「今年4月に心血管系の手術を受けたとも報じられています。重篤ということではないにせよ、あの体格であれば、今後も健康不安は払拭できないでしょう。周囲としても、万が一の場合に備えて、保険をかけておく必要を感じているのだと思います」(デイリーNKジャパン編集長・高英起さん)

    (省略)

    ■女帝の“日本通”な素顔

    実は、この与正ママは意外にも“日本通”なのだという。

    「母の高容姫が、在日コリアンだったこともあり、幼いころに親子で来日して、東京ディズニーランドを楽しんだそうです。アニメのイラストを描くのが趣味だったという報道もありますが、料理人だった藤本さんに聞いたところでは、日本のアニメが好きだったそうです」(辺真一さん)


    (出典 rpr.c.yimg.jp)


    【北朝鮮 女帝・金与正 日本通の素顔で好感度アップしている模様! アニメ好きで自宅にファミコン でも怒ると爆破しますからw】の続きを読む



    (出典 blogimg.goo.ne.jp)

    1 バン・アレン帯(愛媛県) [ニダ] :2020/06/24(水) 07:10:04.92

    北朝鮮の朝鮮中央通信は24日、金正恩朝鮮労働党委員長が23日、党中央軍事委員会の予備会議をテレビ会議方式で行ったと報じた。
    最近の情勢について検討し、軍総参謀部が提起した対韓国軍事行動計画を保留したとしている。
    https://this.kiji.is/648275288099914849

    【【悲報】北朝鮮「対韓国軍事行動計画」を ✕:保留 → 〇:日和る  チャーハンまだ?】の続きを読む

    1 ◆mZB81pkM/el0 (茨城県) [ニダ] :2020/06/22(月) 10:44:51.96

    北朝鮮の朝鮮中央通信は22日、韓国を批判するビラが1200万枚印刷され、韓国側への散布の準備が「終わりつつある」と報じた。韓国の脱北者団体が金正恩(キムジョンウン)体制の批判ビラを散布してきた「報復」で、近く実施すると予告した。

    同通信は、正恩氏への冒瀆(ぼうとく)に対する報復として、「歴代最大規模の敵へのビラ散布闘争の準備が終わりつつある」と報道。平壌の出版印刷機関などで印刷した1200万枚に加え、地方の印刷工場でも数百万枚を追加印刷する準備を急いでいると伝えた。

    約3千個の風船や散布機材を使い、ビラを韓国側に飛ばす「報復の時期は近づいている」と予告。「ビラと汚物を収拾するのは頭の痛いこと」であり、韓国側が「経験すべきだ」と主張した。

    韓国の脱北者団体も、朝鮮戦争の開戦から70年を迎える25日前後に、北朝鮮批判のビラ100万枚を風船で散布する計画を発表している。韓国の軍や警察は不測の事態に備えて警戒を続けている。(ソウル=鈴木拓也)

    https://www.asahi.com/articles/ASN6Q33L9N6QUHBI004.html

    (出典 www.asahicom.jp)

    【北朝鮮「ビラ1200万枚刷ったニダ。汚物と一緒に南へ飛ばすニダよ」 風向き注意! こっち来んなよ!】の続きを読む



    (出典 news.biglobe.ne.jp)

    1 宇宙定数(SB-iPhone) [ニダ] :2020/06/21(日) 07:50:38.91

    「南朝鮮は約束を守らない」

     連絡事務所の爆破は、北京で定期的に会った別の北朝鮮当局者の発言も想起させた。
    この当局者は、戦前の従軍慰安婦問題や朝鮮半島出身の徴用工問題に通暁していた。
    当局者がある日、同伴していた部下に対して、こうした問題について、「日本は南朝鮮との間で合意を基に相応の責任を取った」と説く様子を見て驚いた。
    北朝鮮の公式メディアは「過去の清算」を巡り、そろって日本を激しく批判しており、この当局者の発言は異質に聞こえたためだ。
    https://bunshun.jp/articles/-/38543?page=2


    【北朝鮮「韓国は約束を守らない!」 ・・ちょっと違う「朝鮮人は約束を守らない!」ですw】の続きを読む

    1 ◆mZB81pkM/el0 (東京都) [US] :2020/06/20(土) 12:59:48.15

    北朝鮮が文在寅(ムン・ジェイン)大統領を露骨に非難する内容の韓国向けビラを20日、公開した。
    朝鮮中央通信が同日公開した北朝鮮による韓国向けのビラには、文大統領の写真と共に「全部召し上がりましたね、北南合意書まで」という文言が書かれている。

    韓国向けビラが入っているビニール袋の中には、タバコの吸い殻などの汚物もあった。ビラの中には「平壌に来て、平壌冷麺(めん)を食う…文の食性(食べ物に関する好み・習性)まで知ることになるとは」といったように、文大統領の食事の仕方にまで難癖をつける文言も含まれていた。食に関するビラには李在鎔(イ・ジェヨン)サムスン電子副会長の写真もあった。

    北朝鮮向けビラを散布した脱北者団体が金正恩委員長の合成写真を作成し、非難したやり方をそっくりそのまま、文大統領の合成写真やあざける文言、そして汚物を一緒に風船につけて韓国に飛ばそうという計画を明らかにしたものだ。
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/06/20/2020062080026.html

    (出典 www.chosunonline.com)

    【【画像】北朝鮮、コラ画像合戦に参戦! 文大統領の糞コラ写真を作ったと発表 汚物を添えて韓国に送付へ】の続きを読む



    (出典 image.news.livedoor.com)

    1 首都圏の虎 ★ :2020/06/16(火) 22:24:25.07

    爆破された南北連絡事務所。

    日本時間16日午後5時ごろ、北朝鮮の朝鮮中央テレビは、この南北連絡事務所について「完全に破壊された」と報じた。

    さらに、映像では、北朝鮮の開城(ケソン)にある南北連絡事務所から煙が上がる様子を撮影したもので、黒い煙が確認できる。

    韓国の統一省によると、16日午後2時49分、開城工業団地にある南北連絡事務所を北朝鮮が爆破した。

    朝鮮半島筋によると、4階建ての建物の3、4階は失われ、1、2階は鉄骨だけが残っているという。

    南北共同連絡事務所は、2018月年9月に開設され、韓国と北朝鮮の当局者の協議の場になっていたが、韓国の脱北者団体が、金正恩(キム・ジョンウン)委員長を批判するビラを撒いたことへの報復措置として、北朝鮮側が閉鎖し、破壊を予告する談話も出していた。

    6/16(火) 17:30配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20200616-00153229-fnn-int

    (出典 lpt.c.yimg.jp)

    【コリアが悪さをしたら・・ 日本「遺憾砲」 北朝鮮「爆破(瞬間映像あり)」 妹をなめたらあかん!】の続きを読む



    (出典 giwiz-tpc.c.yimg.jp)

    1 エイベル2218(雲) [EU] :2020/06/16(火) 15:47:08.80

    韓国西部開城工業団地で爆発音…軍「確認中」
    https://japanese.joins.com/JArticle/267106

    韓国西部戦線前方地域で大型の爆発音が聞こえていたことが16日午後、確認された。
    軍当局は午後2時50分、開城(ケソン)工業団地内の南北連絡事務所が破壊されたものと推定している。

    金与正氏 「南北連絡事務所は跡形もなく崩れるだろう」
    https://world.kbs.co.kr/service/news_view.htm?lang=j&Seq_Code=76051

    北韓の金与正(キム・ヨジョン)党第1副部長が13日、脱北者らによる体制批判のビラ散布に対する韓国政府の対応に強い不満を表し、開城(ケソン)の南北連絡事務所の撤去だけでなく、韓国に対する軍事行動に出る可能性も示唆しました。

    金党第1副部長は13日、談話を発表し、「確実に韓国とは決別する時がきたようだ。近く、次の行動を取る」とし、南北間で敵対行為の全面中止を合意した「板門店宣言」を事実上破棄する意向を示しました。

    金副部長は、「無用な南北連絡事務所が跡形もなく崩れる悲惨な光景を目の当たりにするだろう。次の対敵行動の行使権は軍総参謀部に渡す」とし、韓国に対する軍事行動に出る可能性も示唆しました。

    【妹は嘘つかない!【速報】北朝鮮「南北連絡事務所は跡形もなく崩れるだろう」→爆発音が確認される!】の続きを読む



    (出典 i.ytimg.com)

    1 ニート彗星(東京都) [US] :2020/06/16(火) 12:30:44.27

    北朝鮮の機関紙『わが民族同士(ウリミンゾッキリ)』が16日に「文在寅は歴代大統領で最も馬鹿」と言う内容の記事を公開した。 

    「わが民族同士」の読者感想のコーナーに返事をする形で「文在寅は平和繁栄のために平壌に来て有名な玉流館の冷麺を食べ、そのまま逃げ帰った」と書かれている。 

    【みんな知ってた! 北朝鮮「文在寅は歴代大統領で最も馬鹿」】の続きを読む

    このページのトップヘ