ファンサマリィ

さまざまな疑問や話題、そして楽しく興味をそそるトピックスに注目しています。

    タグ:中国当局



    1 ベラトリックス(茸) [IT] :2021/12/11(土) 12:19:55.51

    中国当局が6年ぶりに韓国映画を公開 「五輪支持への見返り」と報道 ハリウッド映画は「排除」

     【北京=中沢穣】中国で、6年ぶりに韓国映画の公開が始まった。中国当局は、米軍の最新鋭迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の韓国配備に絡み、韓国の製品や娯楽作品などを中国市場から排除する事実上の経済制裁を科してきたが、中韓関係の改善を受けて制裁の解除に踏み切ったもようだ。

    続きを読む



    1 天女(宮崎県) [US] :2021/10/18(月) 17:48:23.12

    日中戦争の発端となった盧溝橋事件から84年に当たる日に新製品を発表するとの広告を出し中国国家の尊厳を損なったとして、北京市朝陽区の市場監督管理局は18日までに、ソニーの中国法人に100万元(約1770万円)の罰金を科した。12日付。

    続きを読む



    1 名無しさん必死だな :2021/09/30(木) 08:10:28.43

    ※一部抜粋
    第三の対象が、「歴史観」にまつわる規制対象。事実を歪曲したり、センセーショナルにしたり、歴史的人物を改変することが規制対象になるという。ここでは第二次世界大戦における“悪の勢力”を美化することのほか、日本・ドイツ軍の武器・装備を使用することや軍服を使った表現、歴史上の人物への言及も挙げられた。具体例として『アズールレーン』『ブラック・サージナイト』が挙げられている。このほか『信長の野望』は軍国主義的であるとして、「他国の歴史の過度な美化」に相当するそうだ。ほか、多数の歴史的な題材についての規制が挙げられた。

    続きを読む



    続きを読む



    (出典 i.ytimg.com)

    1 ラ ケブラーダ(東京都) [CN] :2021/05/09(日) 18:27:53.49

    地表への落下が懸念された中国の大型ロケットの残骸について、中国当局は、インド洋に落ちたと発表した。

    中国が独自の宇宙ステーション建設のために4月に打ち上げた大型ロケットについて、中国当局は、日本時間の9日午前11時24分までに、残骸の一部が大気圏に再突入したと発表した。
    落下地点は、インド洋のモルディブ沖で、「大部分は再突入の際に燃え尽きた」としている。
    これまでに、人が住む地域に落ちたとの情報は入っていない。
    これに対し、残骸の行方を追跡していたアメリカ宇宙軍は、「日本時間の午前11時15分ごろに、アラビア半島上空で大気圏に再突入したことを確認した」と明らかにした一方、「落下した場所を宇宙軍が発表することはない」としている。
    https://www.fnn.jp/articles/-/180064


    続きを読む



    (出典 news.mobyinfo.com)

    1 ひよこ ★ [AU] :2021/04/30(金) 20:32:11.21

    https://www.jiji.com/jc/article?k=2021043001168
    2021年04月30日19時16分

     【北京時事】中国国家市場監督管理総局は30日、トヨタ自動車と中国配車サービス大手の滴滴出行による合弁会社設立をめぐり、独占禁止法違反で両社にそれぞれ50万元(約840万円)の罰金を科したと発表した。3月にはソフトバンクに対しても滴滴との合弁設立で同額の罰金を科している。

     トヨタと滴滴は2019年に合弁会社を設立した際、事前に必要な届け出を行っておらず、独禁法の企業結合の規定に違反したと認定された。競争の排除や制限はなかったという。


    続きを読む

    このページのトップヘ