ファンサマリィ

楽しくて興味をそそるトピックスや、
さまざまな疑問に思う事柄等に注目し、
まとめブログにしています。

    タグ:中国人

     最近、日本の政治界では「腐敗」に関する疑惑が次々と噴出している。しかし、それでも中国からすると日本は「腐敗の少ない廉潔な国」と映るようだ。中国メディアの百家号は3日、日本がいかに腐敗の少ない国であるかについて紹介する記事を掲載した。


    (出典 prd-cdn-zuuonline.storage.googleapis.com)
    続きを読む

     安心・安全な暮らしは世界中の人びとが共通して持つ願いと言えるだろう。では、世界で最も安全な国と言えばどこになるのだろうか。中国メディアの快資訊はこのほど、「世界で最も安全そうな3つの国」として独自のランキングを紹介する記事を掲載した。

    続きを読む

     新型コロナウイルスの感染が拡大してから、各国の医療制度の違いが注目されるようになった。国によっては医療費が極めて高額になってしまう国がある一方で、誰でも安価で診てもらえる国もある。中国メディアの騰訊はこのほど、「日本では無料で医者に診てもらえるというのは本当なのか」と題する記事を掲載した。

    中国人が「日本の医療制度」を羨ましがる理由=中国メディア
    続きを読む

     中国と日本の住宅には様々な違いがある。たとえば、中国の住宅では窓やベランダには泥棒の進入を防ぐための金属製の格子が設置されているのが普通だ。しかも、高層マンションの最上階を含むすべての階にこうした防犯設計が施されているが、日本のマンションではこのような格子は一般的に存在しない。

    日本人は空き巣が怖くないのか? 中国人が驚いたワケ=中国メディア
    続きを読む

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/12/30(水) 15:58:01.91

    新型コロナウイルスの拡大を受けた入国制限の緩和措置によって日本に入国した外国人はおよそ6万3000人で、ベトナムと中国の2か国で6割近くを占めた一方、出張などビジネス目的を含む短期滞在は全体の7%程度にとどまっていることがわかりました。

    入国制限の緩和措置をめぐり、政府は7月以降、11の国や地域との間でビジネス関係者の往来を再開させているほか、10月からは全世界を対象に留学生などの新規入国を認めています。

    出入国在留管理庁が先月下旬までに取りまとめた統計では、こうした措置を利用して日本に入国した外国人は6万3040人となったことがわかりました。

    (出典 www3.nhk.or.jp)

    続きを読む

    1 パラス(東京都) [IN] :2020/12/17(木) 16:14:23.08

    新型コロナウィルスが世界中で猛威を振るっている中、世界中にいる中国人が帰国ラッシュだという。

    中国外交部は17日、メディア向けブリーフィングを開き、「今年1年間、世界各国で暮らしていた中国人のうち、約7万3000人が安全に帰国することに成功した」と明らかにした。

    (出典 www.jiji.com)

    続きを読む

     文部科学省が発表した外国人留学生在籍状況調査によると、2019年5月1日時点での中国人留学生数は12万4436人だった。これら留学生の卒業後の進路は、主に中国へ帰国する人と日本に残って就職する人に分けられるだろう。中国の動画ポータルサイト西瓜視頻はこのほど、日本に残って就職することにした中国人女性が、その理由を紹介する動画を配信した。

    中国人が語る「自分が日本に残り、中国に帰国しない理由」
    続きを読む

     中国メディア・網易は9日、日本のジャズアニストが米ニューヨーク中国人に間違われて暴行を受け負傷したことについて、「もう中国人は欧米に行かずに日本に行った方がいいかもしれない」とする文章を掲載した。

    中国人はもう欧米に行くのは止めて、日本に行くべき=中国メディア 
    続きを読む

     独立行政法人日本学生支援機構によると、2019年5月1日現在の外国人留学生は31万2214人で、このうち中国人留学生が12万4436人で最も多かった。もともと中国では日本留学の人気が高かったが、日本政府が最近固めた方針で多くの中国人学生が計画変更を余儀なくされるかもしれない。中国メディアの百家号は7日、留学生に関する日本政府の新たな方針について紹介する記事を掲載した。

    まさか日本まで! 中国人は「日本に留学できなくなるかも」=中国メディ
    続きを読む

    1 デスルフォバクター(北海道) [US] :2020/08/07(金) 17:27:03.69

    7月17日、小樽市内の飲食店に中華系の経営者の集まり、全日本華僑華人連合会の幹部らが顔を揃えた。IT会社やコンサルティング会社の社長、投資家、女優…。さまざまな職業の人々が一堂に会したのは、道内の投資先を探るためだ。

     会合で話題に上がったのは、「北海道のへそ」と言われる富良野地区だった。

     「中国ではラベンダーの富良野が一番有名ですからね。コロナが終わったら富良野に」(何徳倫副会長)
     「富良野はいい投資先。これから価格が上がる」(会員の江川悦弘さん)

     夏は広大なラベンダー畑、冬はウインタースポーツ。富良野は1年を通し観光資源がある。北海道第2の都市、旭川の空港から車で約45分と好立地。パウダースノーが売りのスキー場もあり、世界的リゾートに変貌をとげたニセコをほうふつとさせ、「第2のニセコ」とまで言われ始めている。

     「もはやニセコは大手デベロッパーでないと参入が難しい。加えて相次ぐ開発と新幹線のトンネル工事で水が枯渇してきている。その分、富良野は土地が安く資源も豊かでねらい目」(石井さん)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/53aced6210122d72613416ebfc07892c1c76edbd

    (出典 blogimg.goo.ne.jp)


    続きを読む

    このページのトップヘ