ファンサマリィ

楽しくまとめ情報をお届けしております。
トレンド情報や政治・社会・海外の話題、
そしてゲーム・IT関連にも注目しています。

    タグ:三峡ダム


     中国最長の河川である「長江」の中流域にある「三峡ダム」が崩壊するのではないかという懸念が存在する。三峡ダムはかねてより「変形しているのではないか」という疑念が存在したが、長江流域に大雨が続いたことで改めて崩壊論が浮上した形だ。

     中国メディアの騰訊は27日、長江流域で水害が深刻化していることに対し、中国国外のネット上では「三峡ダムは洪水を防ぐ能力があるのか」、「三峡ダムは本当に変形しているのか」などの「疑問の声」があがっていると伝えつつ、こうした疑問に対する「答え」を紹介する記事を掲載した。

     三峡ダムは1993年に建設が始まり、2009年に完成した世界最大の水力発電ダムだ。ダムの高さにあたる堤高は185メートルに達し、総貯水容量は393億立方メートルに達する。

     記事はまず「中国最長であり、世界でも3番目に長い河川である長江の水量は莫大」であると指摘し、三峡ダムは水力発電を行うことだけが目的のダムではなく、最大の存在目的は長江による水害を防ぐことにあると指摘。三峡ダムの完成前には深刻な水害がたびたび発生してきたとし、特に1998年には深刻な大洪水が発生したと指摘する一方、三峡ダムの完成によって98年の大洪水のようなリスクは大幅に減少したと主張した。

     続けて、三峡ダムが変形しているという懸念については「三峡ダムは1000年に1度の洪水ですら崩壊することはない」、「10万トンクラス核兵器による衝撃波ですら持ちこたえる」と主張し、変形については「完全に心配無用」であると断言、崩壊する危険性もないと主張した。

     中国のメディアや有識者は「三峡ダムが崩壊するのではないか」という主張はデマであると断定しており、簡易投稿サイト・微博(ウェイボー)などでも、中国人ネットユーザーからは「三峡ダムの崩壊論はデマであり、デマは信じず、広めずが正しい」、「変形は正常の範囲なのだから崩壊するはずがない」などと、公式発表を信じて疑うべきではないといった声があがっている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

    「三峡ダム」は崩壊しない! 「核兵器による衝撃波ですら持ちこたえる」=中国報道
    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 s.eximg.jp)

    【「三峡ダム」は崩壊しない!「核兵器による衝撃波ですら持ちこたえる」 中国人は自信満々なようですw】の続きを読む

    1 ベンガルヤマネコ(宮崎県) [ニダ] :2020/07/25(土) 10:28:45.04

    中国では6月から続いている豪雨により、南部の揚子江中下流一帯が大氾濫の危機に瀕している。この地域に建設された世界最大規模の三峡ダムの水位が限界点に到達したことで、水圧による崩壊の可能性が叫ばれている中、川の下流の上海地域の大洪水はもちろん、この地域に密接している9基の原子力発電所まで影響を受け、その被害がそのまま朝鮮半島へと向かうかもしれないという恐れもある。

    今日(24日)外信と中国当局の発表などによると、中国南部地域での豪雨と洪水により江西省・安徽省・湖北省など27の地域において、22日基準で被災者4552万人、死者および行方不明者142人、家屋破損3万5000軒に達する被害が出ている。

    特に、今回の豪雨による中国南部の揚子江中下流にある世界最大規模の水力発電用の三峡ダムでは、最高水位まで達し水圧による崩壊危機まで危惧されている。もしこのダムが限界水位を越え、氾濫したり水圧に耐えられず崩壊することになれば、揚子江下流の上海地域の大洪水は避けられず、この地域に建設された9基の原発まで悪影響が及ぼされる。

    韓国の専門家は「三峡ダムが氾濫しこの地域が浸水すれば、大型原発事故が憂慮される」とし「日本の福島原発が浸水による原子炉冷却機能喪失が原因で事故が起こったことと同じような事態が再現される可能性がある」と語った。

    しかしソースはWow!Korea
    https://news.yahoo.co.jp/articles/12c1250c76f4f0a50faba54f7cc224b9c48c9512

    (出典 i.ytimg.com)


    【【Wow!Korea】中国の三峡ダムが崩壊すれば「原発9基が浸水? 」…放射能物質が、偏西風に乗って東へ】の続きを読む

    2020年7月21日、仏国際放送局RFIの中国語版サイトは、連日の豪雨により警戒水位を超えた中国の三峡ダムの安全性について「原子爆弾が命中しても壊れない」という専門家の見解を伝えた。
    記事は、中国国営の新華社が18日に、三峡ダムについて具体的な数値を示さず「主な指標はすべて正常範囲内」であることを強調しながらも、ダムに「位置のズレ、漏出、変形など」が発生したことを認める報道を行ったと紹介した。
    また、中国工程院の水資源専門家である王浩(ワン・ハオ)氏が「ダム本体に何ら問題はない。100年間は水を貯めるほど丈夫になる」とし、変形については「許容範囲内の弾性変形であり恐れるに足らない」との見解を示したこと、三峡集団のチーフエンジニア・張曙光(ジャン・シューグアン)氏も「重要なのは許容範囲かどうかであり、弾性変形を心配する必要はない」と述べたことを伝えた。
    さらに、三峡ダムの安全性について中国水利発電工程学会の張博庭(ジャン・ボーティン)副事務局長が「中国軍と工事関係当局は1959~88年に三峡ダムが攻撃目標とされた場合の問題を考慮し、最終的に『最も爆発に強く、壊滅しない』というコンクリート重力型ダムを建設することで決まった」と語るとともに、「仮に原子爆弾がダムに命中しても、大きな穴が一つ開いていくつかのゲートが閉まらなくなるだけで、ダム全体が壊滅することはあり得ない」と述べたことを挙げ、これを「驚きの発言」と伝えた。
    一方で、中国国外で活動する水利専門家の王維洛(ワン・ウエイルオ)氏は「恐ろしいのは本体の変形よりも、漏出の問題だ」と指摘。「ダムの閘門周辺の漏出問題は非常に憂慮すべきものであり、ひとたび崩壊すれば上海までの長江中下流域が完全に破綻することになる」とし、住民に「前もって心構えを持っておく必要がある」と呼び掛けている。(翻訳・編集/川尻

    21日、仏国際放送局RFIの中国語版サイトは、連日の豪雨により警戒水位を超えた中国の三峡ダムの安全性について「原子爆弾が命中しても壊れない」という専門家の意見を伝えた。写真は三峡ダム。

    【「三峡ダムは原爆でも壊滅しない」と中国専門家、本当なのか? ・・・どうやら原爆より怖いものがあるようです】の続きを読む

    1 シャルトリュー(ジパング) [US] :2020/07/15(水) 14:57:12.01

    連日の大雨により中国の長江中流域の湖北省にある大型重力式コンクリートダム、三峡ダムが観測史上最も高い水位を記録した。

    それだけでなく警戒水位を6メートルをこえており、今週いっぱいは耐えることが出来るがそれ以上耐えるのは困難としている。6月末から放水も行っているが放水量よりも上流からの水量の方が多く日々貯水量が増えているという。

    仮にダムが決壊したらどうなるのだろうか。決壊すれば近くの村や町は当然ながら、上海にも影響がでて、4億人から6億人に被害が出るという。

    三峡ダムは世界で最も大きく、貯水池は全長660kmにも及ぶ。1993年に着工し2009年に完成したこのダムだが、実際には三峡ダムプロジェクトは1919年から立ち上がっていた。ダム建設にいたり、多数の村や都市が水没した。

    現在は史上最大規模の洪水を警戒して既に4万人が避難しているが、ダムが決壊すれば避難した4万人だけでなく、最悪隣国にも影響が出そうだ。

    https://gogotsu.com/archives/58373

    (出典 gogotsu.com)


    【世界最大の中国の三峡ダムが決壊の危機 決壊すれば上海などが大洪水で最大6億人に被害が・・ 人命とダムどっちが優先?】の続きを読む

    1 特選八丁味噌石狩鍋 ★ :2020/06/23(火) 00:40:30.77

    ★中国24の省で大規模な洪水 三峡ダムへの懸念が高まる
    2020年06月22日 13時18分
    https://www.epochtimes.jp/p/2020/06/58430.html

    (出典 img.epochtimes.jp)
    6月に入ってから、中国各地で集中豪雨による大規模な洪水が発生した。中国当局の15日の発表では、国内24の省で850万人が被災した。17日早朝、中国の三峡ダムの上流にある四川省カンゼ・チベット族自治州丹巴県の発電所の施設と周辺の村が洪水で流された。三峡ダム決壊への懸念が再燃した。 

    【中国・三峡ダム:決壊への懸念が高まる、24の省で大規模な洪水 ・・決壊したら隠蔽するのか?】の続きを読む

    このページのトップヘ