ファンサマリィ

楽しく興味をそそられる話題や、
疑問に感じる様々な事柄に注目しています。

    タグ:トヨタ

    1 金星(茸) [US] :2020/12/29(火) 23:09:31.33

    日本で350万円ほどの車が、中国で1390万円超で取引される理由=中国メディア

     中国の自動車市場ではここ数年、日系車の人気が高いが、なかでもトヨタ・アルファードの人気は非常に高く、日本よりもずっと高額で取引されているという。中国メディアの百家号は26日、中国におけるアルファード人気の理由について分析する記事を掲載した。

    (出典 image.news.livedoor.com)

    続きを読む

    1 自治郎 ★ :2020/12/25(金) 23:13:30.40

    拡大トヨタ自動車は2020年12月25日、超小型電気自動車「C+pod(シーポッド)」の販売を開始した。対象となるのは、これまで電気自動車(EV)の普及へ向けて検討を進めてきた法人ユーザーや自治体などで、個人向けの本格販売は2022年の開始を予定している。

    C+pod(シーポッド)

    (出典 webcg.ismcdn.jp)

    続きを読む

    1 エッジワース・カイパーベルト天体(東京都) [US] :2020/12/11(金) 23:18:23.60


    (出典 i.imgur.com)
    TOKYO -- A trip of 500 km on one charge. A recharge from zero to full in 10 minutes. All with minimal safety concerns. The solid-state battery being introduced by Toyota promises to be a game changer not just for electric vehicles but for an entire industry.
    https://asia.nikkei.com/Business/Technology/Toyota-s-game-changing-solid-state-battery-en-route-for-2021-debut


    続きを読む



    1 フォボス(静岡県) [US] :2020/12/03(木) 09:07:10.24

    トヨタは、2021年初頭に新しいPROACE Verso Electricを発表し、ゼロエミッションバッテリー電気自動車シリーズの顧客アピールと市場リーチを拡大しています。トヨタプロフェッショナル商用車シリーズのPROACE Electric中型バンに参加すると、低排出ゾーンで事業を行う企業やフリート、および優れた環境性能を備えたトヨタのピープルキャリアのすべての品質と性能を求める顧客にとって、魅力的で柔軟性の高いモビリティオプション。
    新しいモデルは、2つのリチウムイオン電池の選択肢を提供し、最大330 kmの全電気駆動範囲と、オプションの11kW車載充電器による急速充電性能を提供します。
    妥協のないパフォーマンスと機能

    (出典 content.presspage.com)

    続きを読む

    1 クウタン(岐阜県) [TW] :2020/10/31(土) 11:34:07.61


    (出典 dotup.org)
    2020年10月29日、光岡自動車は同社初となるSUV「Buddy(バディ)」のティザーサイトを更新。グレード構成やボディカラーなど、9月24日に公開された第1弾のティザーサイトではわからなかった全貌が明らかとなった。


    続きを読む

    1 蚤の市 ★ :2020/10/15(木) 18:09:35.79

    トヨタ自動車はハイブリッド車(HV)の基幹システムを中国自動車大手の広州汽車集団に供給する。海外企業へのHV技術の外販は初めて。中国では2021年からHVを省エネ車として優遇する。日本勢は部品企業を含めてHVに強い。内燃機関の使用も認める中国の環境車政策をビジネスに生かす動きは、他の自動車メーカーにも広がりそうだ。
    トヨタ、デンソー、アイシン精機が共同出資する電動車向け駆動装置の開発販売会社、ブ…(以下有料版で)
    2020/10/15 18:00日本経済新聞 電子版
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO65033470V11C20A0MM8000/

    (出典 txbiz.tv-tokyo.co.jp)


    続きを読む

    1 朝一から閉店までφ ★ :2020/09/07(月) 21:13:17.15

    2020.09.07 サマリー
    トヨタがイギリスで展開するアイゴに、特別仕様車「JBLエディション」が登場。600Wのオーディオシステムが採用され、「ライブ感」を演出。他社が身を引く中、トヨタは小型車にチャンスを見出しています。

    上級オーディオ搭載モデル
    text:Will Trinkwon(ウィル・トリンクウォン)
    translator:Takuya Hayashi(林 汰久也)
    トヨタは、イギリスで販売する小型車アイゴに、専用のボディカラーと車内スピーカーをアップグレードした特別仕様車を設定した。
    「JBLエディション」と名付けられたこのクルマは、「卓越したオーディオ」に焦点を当てており、アイゴの中で最もパワフルで洗練されたサウンドシステムを搭載しているという。

    (出典 www.autocar.jp)

    続きを読む

    1 ボンベイ(長野県) [DK] :2020/07/21(火) 07:56:34.74

    トヨタ自動車は欧州市場向けの新しいロゴを発表した。新エンブレムは凹凸を廃した二次元デザイン。これによりミニマリズムが印象付けられている。

    トヨタの前に日産自動車、フォルクスワーゲン、BMWも類似の傾向でデザインの変更を行っている。新デザインからは従来のエンブレムの下に記載されていた「TOYOTA」の文字は消え、エンブレムだけが独りで歩き始める。

    トヨタ自動車は、自社のエンブレムが十分に認知されたことからこの決定に踏み切った。
    https://jp.sputniknews.com/science/202007207627812/

    (出典 theautomobilist.fr)

    (出典 theautomobilist.fr)


    続きを読む

    1 すらいむ ★ :2020/07/17(金) 18:12:34.96

    トヨタ新型「ハリアー」の快進撃! 1か月で目標の15倍を受注

     2020年6月17日に発売され、瞬く間に話題となったトヨタ新型「ハリアー」。
     ロー&ワイドかつ低重心なスタイルとなった4代目ハリアー発売後、約1か月時点での受注状況が発表されました。

     フルモデルチェンジを機にプラットフォームを5代目RAV4と共通の「GA-K」へと更新した4代目ハリアーのボディサイズは、長4740mm×全幅1855mm×全高1660mm。
     先代より、全長と全幅は拡大しつつも全高は低くなったことにより、室内空間の快適性と走行安定性を向上させました。

     そんな新型ハリアーの2020年6月末の時点での受注台数は約4万台(先行受注の約2万台を含む)。
     発売直後から、月販目標台数として掲げられていた3100台を10倍以上も上回る快進撃を見せています。

     さらに発売から約1か月となる7月16日時点での、受注台数は約4万5000台。
     人気グレードの納期は5か月待ちとなるケースも見られるほどの人気となっています。

    (以下略、続きはソースでご確認下さい)
    くるまのニュース 2020年7月17日 16時40分
    https://news.livedoor.com/article/detail/18589513/

    (出典 img.bestcarweb.jp)


    続きを読む

    1 コーニッシュレック(東京都) [VN] :2020/07/13(月) 19:54:09.40

    トヨタ、EVで中国製特殊鋼板採用 日本勢を追い上げ

    電気自動車(EV)に使う電磁鋼板と呼ばれる高機能な鋼材について、トヨタ自動車が中国最大手の宝武鋼鉄集団の製品を一部で採用することが13日、分かった。
    同鋼板は高い生産技術が必要で、これまでは主に日系の製鉄大手から調達してきた。中国の製鉄産業は汎用品の大量供給を強みとしてきたが、質でも日本勢を追い上げ始めた。

    トヨタが国内で生産するハイブリッド車(HV)とEV向けに、このほど品質面での承認を出した。…

    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO61444140T10C20A7MM8000/


    (出典 response.jp)


    続きを読む

    このページのトップヘ