ファンサマリィ

さまざまな疑問や話題、そして楽しく興味をそそるトピックスに注目しています。

    タグ:ゴーストオブツシマ

    1 キングコングニードロップ(長野県) [JP] :2020/11/15(日) 07:49:08.02

    2020年11月21日 よる9時から放送
    不思議は対馬にありました! リアルオープンワールド大冒険!

    発売以来世界中で大ヒットしているゲーム「ゴースト・オブ・ツシマ」。
    鎌倉時代に起こった蒙古襲来から着想を得て生まれたゲームで、舞台となっているのは長崎県の対馬です。
    大ヒットゲームを生んだ対馬の魅力を探るのは、「ゴースト・オブ・ツシマ」が大好きだというミステリーハンター初挑戦の北村優衣さん。

    (出典 livedoor.blogimg.jp)

    続きを読む

    1 キャプチュード(ジパング) [US] :2020/11/13(金) 12:08:52.45

    プレイステーション4用ソフト『ゴースト・オブ・ツシマ』の世界累計セールスが500万本を突破したことが判明した。

     これは、SIEのワールドワイドスタジオを統括するハーマン・ハルスト氏がTwitterで明かしたもの。これによって同作はプレイステーション4におけるファーストパーティ開発のオリジナルタイトルとして最も早く売れたタイトルになっているという。

    (出典 blog-imgs-138.fc2.com)

    続きを読む

    1 ストレプトミセス(長野県) [DK] :2020/08/18(火) 20:50:25.59

    PS4の侍オープンワールドゲーム『Ghost of Tsushima』(ゴースト・オブ・ツシマ)に、オンライン協力プレイモード『Legends 』(冥人奇譚)が加わります。

    『Legends 』(冥人奇譚)は2人から4人のプレーヤーでさまざまなミッションをクリアしてゆく、いわゆる coop モード。

    境井仁を主人公とした本編とは異なり、日本の民話や伝説にインスパイアされた「怪奇と幻想の世界」を舞台に、侍・弓取・牢人・刺客の4クラスから選択して挑みます。

    ゲームモードは、二人協力で挑むストーリーミッション『奇譚』、4人までで敵のウェーブ襲撃を撃退して耐え続ける『九死』。さらに奇譚と九死を全クリアすることで挑戦できる、4人プレイのレイドモード『大禍』の3種。

    ゴーストオブツシマは本編の『津島』の時点で、史実を研究したうえで敢えて開発者の考える「日本っぽいかっこいいもの」を詰め込んだ別世界のイマジナリ日本でしたが、新モード Legends の世界は宙に浮かぶ巨石群や血を流す巨大な面、異界に続く巨大鳥居等々、堂々と「伝奇モノ」を志向した和風暗黒ファンタジー世界です。

    Ghost of Tsushima Legends (冥人奇譚)モードは2020年秋、無料のDLCとして配信予定。

    PS4ゴースト・オブ・ツシマに協力モード『冥人奇譚』、4クラス制ホード『九死』やレイド『大禍』など。今秋配信
    https://japanese.engadget.com/ghost-of-tsushima-coop-legends-145855187.html

    (出典 g-aming.com)


    続きを読む

    1 テルモリトバクター(日本のどこかに) [US] :2020/08/04(火) 18:59:42.21

    ソニーは4日、2020年度第1四半期の連結業績を発表。
    売上高は前年同期比432億円プラスの1兆9,689億円、営業利益は同25億円マイナスの2,284億円、純利益は同53%増(811億円プラス)の2,333億円となった。売上高の増加には、ゲーム&ネットワークサービス(G&NS)分野、および金融分野の大幅増収が貢献。営業利益のマイナスには、エレクトロニクス・プロダクツ&ソリューション(EP&S)、イメージング&センシング・ソリューション(I&SS)の減益が響いた。

    G&NS分野では、ゲームソフトの大幅な増収、PS Plusの大幅な増収などで売上高1,486億円(前年同期比32%)の大幅増収を達成。営業利益も502億円と大幅増益となった。ソフトでは「The Last of Us Part II」、「
    Ghost of Tsushima」が好調。PS Plusの会員数は6月末の時点で約4,500万人に到達している。

    2020年度の見通しとして、売上高については、主にゲームソフト販売の大幅な増加、PS5発売にともなうハードウェア売上の大幅な増加により、大幅な増収を見込む。営業利益については、PS5導入にかかる販売費、及び一般管理費の増加、ならびにハードウェアの売上原価率の上昇を見込むものの、前述のゲームソフトの大幅増収やPS Plusの大幅な増収により、「ほぼ2019年度並みを見込んでいる」という。

    ソニー、ゲーム好調で第1四半期は純利益53%増。通期予想にコロナ影響
    https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1269297.html

    (出典 www.toyduckgame.com)


    続きを読む


    あと1日頑張ればツシマに篭れる

    (出典 i.imgur.com)

    (出典 i.imgur.com)

    続きを読む

    1 ペルシャ(長野県) [DK] :2020/07/18(土) 16:28:10.11

    7月17日、ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)から発売されたPlayStation 4用ゲームソフト「Ghost of Tsushima(ゴーストオブツシマ)」が話題を呼んでいます。

    本作は、対馬島を舞台に繰り広げられる、時代劇モチーフのオープンワールド・アクションアドベンチャー。開発はSIEの子会社で、「怪盗スライ・クーパー」シリーズや「inFAMOUS」シリーズを手がけたアメリカの制作スタジオ、サッカーパンチプロダクションズです。

     ネットでは、発売と同時に多くのプレイヤーから感想や攻略情報、プレイ動画が続々と寄せられるなど、注目を集めています。

    (出典 Youtube)

    (出典 lper.info)


    続きを読む

    このページのトップヘ