ファンサマリィ

楽しくまとめ情報をお届けしております。

    タグ:ゲームは1日60分


    香川県 (条例の節)
    無料化し、三豊市も無料化したため、閲覧手数料(条件付き含む)を取っているの、善通寺市・観音寺市の2市。 直近で世間の話題となった「香川県ネット・ゲーム依存症対策条例」。 2020/03/18に可決される予定。可決されれば同年04/01に施行される。 条例案では18歳未満のコンピューターゲーム
    103キロバイト (12,697 語) - 2020年3月18日 (水) 03:31


    (出典 kaigo-kagami.com)

    「子供が守るよう保護者に求める」って、
    どれだけの保護者が従うのか見ものですねw
    さて子供の学力は向上するのでしょうか?


    1 すらいむ ★ :2020/03/18(水) 11:50:07.45

    「ゲームは1日60分」 依存症対策条例、香川県議会で成立 全国初 

     18歳未満のインターネットやゲームへの依存を防ぐことを目的にした「ネット・ゲーム依存症対策条例」が18日午前、香川県議会で可決、成立した。 

    【『ゲームは1日60分』依存症対策条例、香川県議会で成立! これで子供の学力向上したら真似る県が出るかも?】の続きを読む


    大館市(おおだてし)は、秋田県北部に位置するの北境で青森県と接している。 市域の大部分は山間部であり、米代川とその支流の流域に沿って集落が点在する。大館城址および市役所、裁判所、検察庁などが建ち並ぶ旧市街地は長木川と米代川に挟まれた大館盆地の中心にある。
    59キロバイト (7,311 語) - 2020年2月12日 (水) 09:00


    (出典 tr.twipple.jp)

    大館市の教育

    (出典 Youtube)

    新型コロナウィルス感染拡大を危惧される中ですが、
    「ゲームは1日60分」が日本国内に広がる気配を見せています。
    香川は「うどん」のせいにしてましたが、秋田県大館市の原因は何?


    1 ホロファガ(茸) [JP] :2020/02/27(Thu) 10:50:32 BE:632443795-2BP ID:HWKJGOPC0●.net

    ゲームは1日60分、条例制定へ 大館市教委、親の責務明記 

     秋田県大館市教育委員会は、子どもがインターネットやオンラインゲームの依存症になるのを防ぐ条例制定を目指している。依存症につながるゲーム機などの使用を1日60分以内とする素案を作成、 
    学校や保護者の責務も明確にした。成案化し6月定例会に提案予定で、市教委は「制定に向け、保護者に丁寧に説明し理解を得ていきたい」としている。 

    【「ゲームは1日60分」ウィルスが、香川県から秋田県大館市へ感染拡大か?】の続きを読む



    (出典 livedoor.sp.blogimg.jp)

    1 みつを ★ :2020/02/16(日) 03:02:09.28 ID:MYKQGwjR9.net

    https://mainichi.jp/articles/20200215/k00/00m/040/150000c 

    「ゲームは1日60分」香川県議会が全国初の規制条例制定へ 反発も相次ぐ 
    毎日新聞 2020年2月15日 16時10分(最終更新 2月15日 20時52分) 

     未成年者のインターネットやゲームへの依存を防ごうと、香川県議会が、18歳未満の使用制限に踏み込んだ全国初となる対策条例の制定を17日開会の2月定例会で目指している。提出する条例案は、「ゲームは1日60分」などと家庭内で守るべき「基準」を規定。罰則がないため実効性は低いが、「家庭への介入」「学業との両立は可能」などと反発も相次ぐ。条例での規制については、専門家の意見も分かれる。 

    【1日60分じゃあクリアするのに何年かかるか?・・心配はそこかw 「ゲームは1日60分」香川県議会が全国初、規制条例制定へ】の続きを読む


    ※香川県の条例案だけに、ゲームをうどんに置き換えて考えたらという意見も

    1 みつを ★ :2020/01/16(Thu) 22:36:36 ID:exhbq6xi9.net

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200116/k10012247871000.html
    ゲームは1日60分?香川県条例素案の賛否
    2020年1月16日 22時13分

    「18歳未満の子どもは、スマートフォンの1日の使用時間を平日は60分」。インターネットやゲームの依存症対策として、条例制定を目指す香川県議会が示した素案の内容です。「目安があるといい」という保護者の声がある一方、ネット上を中心に反発する声も上がっています。(高松放送局 記者 横山太一 佐藤和枝 / ネットワーク報道部 記者 目見田健 加藤陽平)

    「子どものスマホ使用はここまで」条例で決める

    香川県議会が1月10日、初めて示した素案のポイントは、スマホの使用時間の制限を示していること。(条例素案の全文は文末に)

    対象は18歳未満の子どもで、依存症につながるようなスマホやパソコン、ゲームなどの使用について、
    ▼1日あたり、平日は60分、休日は90分を上限。
    ▼夜間の使用は、中学生以下は夜9時まで、高校生などは夜10時まで、としています。

    ただ罰則の規定はありません。

    対象はあくまで「依存症につながるようなインターネットやゲームの利用」としていて、学習目的の使用は制限していません。

    さらに、
    ▼依存症治療の医療体制を県が整備すること、
    ▼依存症の知識をもつ人材を県が育成すること、なども盛り込まれています。

    香川県によると、成立すれば全国の都道府県では初めて、ゲームの依存症に特化した条例になるとしています。

    ゲームのし過ぎは “病気”
    (リンク先に続きあり)


    (出典 www3.nhk.or.jp)


    【香川県「ゲームは1日60分】条例案へは多くの声が・・うどんも制限しろ! 人生もゲームだろ? 罰則は無し?】の続きを読む

    このページのトップヘ