ファンサマリィ

楽しくまとめ情報をお届けしております。

    カテゴリ:★話題・ニュース > セキュリティ

    1 爆笑ゴリラ ★ :2020/07/01(水) 03:35:51.07

    7/1(水) 2:45配信 Bloomberg

    (ブルームバーグ): 米連邦通信委員会(FCC)は30日、華為技術(ファーウェイ)と中興通訊(ZTE)を米国の国家安全保障上の脅威に指定した。

    FCCは発表資料で、この指定により、連邦政府の補助金をファーウェイやZTE製の機器購入やメンテナンスに充てることができなくなる可能性があると説明。連邦補助金は地方の小規模通信事業者の多くが利用している。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/c0731212879afede915ecafc351395178e6c53d7


    (出典 smhn.info)


    【米連邦通信委、ファーウェイとZTEを国家安全保障上の脅威に指定 ・・もう中国系全部対象では?】の続きを読む



    (出典 pbs.twimg.com)

    1 アクルックス(茸) [VE] :2020/06/20(土) 09:31:34.71

    現金配布リストをPCから削除か、河井前法相 検察復元

    前法相で衆院議員の河井克行容疑者(57)と妻で参院議員の案里容疑者(46)=いずれも自民を離党=が地元議員らに現金を渡したとして逮捕された公職選挙法違反(買収)事件で、検察当局が押収した克行議員のパソコンから、現金配布先の名前や金額を記載したリストのデータが削除されていたことがわかった。選挙関連の書類をシュレッダーで破棄した疑いもあるという。検察当局は、克行議員が証拠を隠そうとした可能性もあるとみている。

     広島地検は今年1月以降、案里議員の陣営による車上運動員への違法報酬事件で、河井夫妻の地元や東京の議員会館の事務所を捜索し、克行議員のパソコンを押収。電子データを解析する「デジタルフォレンジック」を実施したところ、削除されていたリストが復元されたという。検察当局は、克行議員がデータを削除した可能性もあるとみている。
    https://www.asahi.com/sp/articles/ASN6M7GN5N6MUTIL067.html?iref=sptop_8_02

    【やっぱドリルでしょ! 河井前法相、痛恨のミス「現金配布リストをPCから削除するも検察が復元」・・スレがドリルで溢れててワロタw】の続きを読む



    (出典 livedoor.sp.blogimg.jp)

    1 水メーザー天体(雲) [EU] :2020/06/12(金) 13:26:28.61

    Zoom、人権活動家のアカウント一時停止 中国政府要請 
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO60279220S0A610C2000000/ 

    米国在住の人権活動家が運営する団体「人道中国」の告発が波紋を呼んでいる。 
    同団体がビデオ会議「Zoom(ズーム)」で天安門事件に関する会議を開いたところ、 
    数日間ズームが使えなくなった。運営会社によると中国政府の要請を受け、 
    同団体のアカウントを停止したという。 

    【もはや「Zoom」も正体を隠さなくなったなw 「天安門事件」のビデオ会議で中国政府がアカウント停止要請!】の続きを読む



    (出典 oki.ismcdn.jp)

    1 シャイニングウィザード(長野県) [DK] :2020/05/29(金) 22:23:46.31

    ネット接続サービス大手のNTTコミュニケーションズがサイバー攻撃を受け、自衛隊の通信ネットワークに関わる情報が流出した可能性があることが28日、関係者への取材で分かった。防衛省の基幹システムの運用に影響する恐れもあるとして、同省はNTTコムから経緯を聞き取り、漏洩が疑われるデータについて詳細を調査している。

    NTTコムにサイバー攻撃 自衛隊の通信情報流出か
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO59718450Y0A520C2CC1000/

    【「NTTコミュニケーションズ」にハッカー侵入!「自衛隊の機密情報」目当てにセキュリティが緩い民間企業がターゲットに】の続きを読む



    (出典 i.ytimg.com)

    1 星 ★ :2020/05/22(金) 12:19:14.06

    最新鋭ミサイルの性能情報漏洩か 三菱電機サイバー攻撃
    編集委員・須藤龍也、同・佐藤武嗣2020年5月20日05時00分

     三菱電機への大規模なサイバー攻撃で、防衛省が研究している最新鋭兵器「高速滑空ミサイル」の性能に関する情報が、同社から漏洩(ろうえい)した疑いが強いことがわかった。防衛省や防衛産業へのサイバー攻撃で、特定の装備に関する情報流出の疑いが発覚するのは異例。防衛省で安全保障上の影響などを調査している。

    https://www.asahi.com/articles/ASN5M5TZJN5KULZU004.html

    【三菱シーサートチームが「サイバー攻撃」を発見! できた原因は「ウイルスバスター」のトレンドマイクロ社の無責任な対応を信用しなかったからw】の続きを読む

    このページのトップヘ