ファンサマリィ

楽しくまとめ情報をお届けしております。

    カテゴリ:★話題・ニュース > 政治・外交



    (出典 amd.c.yimg.jp)

    習近平はどの面下げてTV会議に参加したのでしょうか!
    トランプ大統領との直接バトルを見たかったですw


    1 首都圏の虎 ★ :2020/03/26(Thu) 23:59:39 ID:kHcOT0l+9.net

    20カ国・地域(G20)首脳は26日、首脳声明を発表し、新型コロナウイルスの世界的大流行の経済的な打撃に対処するため、「5兆ドル(約550兆円)超を世界経済に投入する」と表明した。

    3/26(木) 23:54配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200326-00000183-kyodonews-bus_all


    【「コロナ対応に550兆円超投入か」G20TV会議で表明、画面の左下にいるプーサンに負担させるべきでしょ!】の続きを読む


    二階 俊博(にかい としひろ、1939年〈昭和14年〉2月17日 - )は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員(12期)。自由民主党幹事長(第48代)、志帥会会長(第5代)。 和歌山県議会議員(2期)、運輸政務次官(第2次海部内閣・細川内閣)、運輸大臣(第75代・第76代)、北海道開発庁長官(
    62キロバイト (8,647 語) - 2020年3月18日 (水) 04:17


    (出典 news.tv-asahi.co.jp)

    理由は明快! 
    二階さんがANTA(全国旅行業協会)の会長でしたw

    それにしてもこの時期に旅行を推進するのでしょうか?


    1 サーバル ★ :2020/03/23(月) 15:48:24.12

    政府、コロナ対策30兆円規模に 
    消費減税見送り公算、旅行代助成 

    2020/3/22 20:57 (JST) 

     政府、与党は22日、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急経済対策で、国の財政支出をリーマン・ショック後の対策の15兆円を上回る金額とし、民間支出も含めた事業規模を30兆円超にする方向で調整に入った。大規模な2020年度補正予算を編成する。国民への現金や商品券の支給のほか、外食や旅行代金の一部を国が助成することを検討。中小企業の資金繰り支援も強化し、事業継続や雇用維持を支援する。財源には赤字国債の発行を検討する。 

     与野党から消費税減税を求める声もあるが、社会保障の重要財源でもあり、見送られる公算が大きい。今月末から協議を本格化し、4月上旬にも決定する。 
    https://this.kiji.is/614406244228727905


    【二階さんANTAが会長ですよね! コロナ対策30兆円 日本政府が旅行代を助成する理由とは? 判りやすw】の続きを読む



    (出典 image.news.livedoor.com)

    なおこの場でわざわざ関係の無い質問をする記者もw


    1 豆次郎 ★ :2020/03/14(土) 18:25:17.97

    安倍内閣総理大臣記者会見

    ここからも見れる↓
    https://twitter.com/kantei/status/1238749574048542721?s=21


    【意味の無い会見だよ!「安倍内閣総理大臣記者会見 14日19時」説明のみで、記者からも不満が! 五輪は?】の続きを読む



    (出典 president.ismcdn.jp)

    新型コロナウイルスの対応状況だけではないのでしょうか?
    様々憶測するコメントがあります。


    1 ばーど ★ :2020/03/14(土) 01:43:11.19

    首相官邸は13日、安倍晋三首相が14日午後6時から、新型コロナウイルス感染症に関し、官邸で記者会見を行うと発表した

    2020.3.13 17:30
    https://www.sankei.com/politics/news/200313/plt2003130031-n1.html


    【何か悪い予感が! 安倍首相 14日午後6時から記者会見 まさかあれについて?】の続きを読む



    (出典 livedoor.sp.blogimg.jp)

    中国への日本人の入国条件が課されていた中、
    ようやく中国人の入国条件制定と同じタイミングで、
    日本政府から正式に発表されました!
    【【正式発表】習近平国賓来日延期と、中韓イランからの入国条件設定やビザ無効など】の続きを読む

    このページのトップヘ