ファンサマリィ

楽しくまとめ情報をお届けしております。
トレンド情報や政治・社会・海外の話題、
そしてゲーム・IT関連にも注目しています。

    カテゴリ:★話題・ニュース > 防衛・軍事・兵器

    1 記憶たどり。 ★ :2020/10/23(金) 11:59:05.97

    https://this.kiji.is/692204270328595553?c=39550187727945729
    公益財団法人「日本国際問題研究所」(東京)は23日、松江市で記者会見を開き、島根県の竹島(韓国名・独島)を日本領と記した米政府の1953、54年作製の航空図2点を、米国立公文書館で発見したと発表した。竹島は日韓双方が領有権を主張し、韓国が実効支配している。

    日本は52年発効のサンフランシスコ平和条約で放棄すべき領土に竹島が含まれなかったとし、領有権を主張。韓国は「独島に領有権問題は存在しない」としている。研究所は、航空図が「条約の内容を反映していると考えられる」とした。

    島根県の竹島(矢印)を日本領と記した米政府が1953年に作製した航空図。
    韓国領・鬱陵島(左上)との間に国境線が引かれている(日本国際問題研究所提供、米国立公文書館所蔵)

    (出典 image.news.livedoor.com)


    【「竹島は日本領」示す米軍作成の図面を発見 ・・・こんなのいくらあっても”実効支配”されている限り意味なし!】の続きを読む

    1 なるこちゃん(東京都) [IT] :2020/10/20(火) 00:04:13.80

    米軍は、戦略的超長距離射撃砲「Strategic Long Range Cannon (SLRC)」の開発に着手した。この大砲は、1850キロ超の先にある目的物を砲撃することが可能で、「モスクワも射程距離」に入る。
    米国の技術系サイト「ポピュラーメカニクス」が報じた。
    報道によれば、米国が開発に成功した場合、SLRCの射程距離は1850キロとなり、他の既存の大砲よりも砲撃可能範囲が50倍広がることになる。

    (出典 kusanomido.com)

    【アメリカ、射程1850kmのスーパー大砲を開発中  ICBMとの棲み分けか!】の続きを読む

    1 雷 ★ :2020/10/15(木) 21:56:27.33

    防衛省、サイバーセキュリティ担当の防衛技官を募集
    防衛省が、サイバーセキュリティに従事する防衛技官を募集している。自衛隊のシステムをサイバー攻撃などから防御したり、隊員の能力を向上させたりする、係長級の人材を、「若干名」募っている。民間企業や官公庁などで通算13年以上勤務した人が対象。

    (出典 cybersecurity-jp.com)

    【防衛省、サイバーセキュリティ担当の防衛技官を募集 4大卒・実務13年で月給30万円 ・・・これで応募しますか?】の続きを読む

    1 :2020/10/14(水) 17:55:50.59 ID:D92iB4GT0●.net BE:135853815-PLT(13000)

    習主席「全身全霊で戦争に備えよ」海軍陸戦隊を視察
     中国の習近平国家主席は、離島などへの上陸作戦を担う海軍陸戦隊を視察して「全身全霊で戦争に備えよ」と指示しました。

    (出典 image.news.livedoor.com)

    【習近平が海軍陸戦隊を視察 「全身全霊で戦争に備えよ」指示 台湾や尖閣上陸を想定か ・・・大陸から軍靴の足音が!】の続きを読む

    1 どんぎつね(愛媛県) [US] :2020/10/14(水) 12:01:17.96

    海自の新型潜水艦が進水式 対中念頭、22隻体制に

     海上自衛隊に2022年3月就役予定の新型潜水艦の命名・進水式が14日、神戸市の三菱重工業神戸造船所で開かれ、艦名は大きな鯨を意味する「たいげい」と明らかになった。
    防衛力整備の指針「防衛計画の大綱」では10年以降、中国の海洋進出を念頭に日本が保有する潜水艦を16隻から22隻に増強する目標を掲げてきた。たいげいが部隊に投入されると、22隻体制が実現することになる。

     たいげいは基準排水量3千トンで全長84m、全幅9.1m。乗員は約70人。船体は従来型より相手に探知されにくい形状に設計され、リチウムイオン電池の搭載で潜航時間を長くした。建造費は約760億円。
    https://this.kiji.is/688940990119887969

    (出典 www.sankei.com)


    【海自の新型潜水艦1番艦が進水式 艦名は「たいげい(大鯨)」・・・竜シリーズの次は鯨シリーズか!】の続きを読む

    1 朝一から閉店までφ ★ :2020/10/09(金) 22:19:22.76

    2020/10/09 12:50
     大和ミュージアム(広島県呉市)は、兵庫県の企業から、旧日本海軍の戦艦「大和」の主砲などを製造する際に使われたとされるドイツ製の超大型旋盤の寄付を受ける。2005年のミュージアム開館前にも「展示の目玉」として寄付を熱望したが、当時はまだ現役で稼働していてかなわなかった。旋盤の“退役”に伴って寄付が実現し、同ミュージアムは「念願がかなった」と歓迎。来年以降、屋外での展示を目指す。(上羽宏幸)

    (出典 www.yomiuri.co.jp)

    【戦艦「大和」主砲製造した巨大旋盤、念願の展示へ、大和ミュージアムに兵庫の企業が寄付 ・・・なんと最近まで現役だった!】の続きを読む

    1 みらいちゃん(東京都) [JP] :2020/10/08(木) 08:01:22.85

    尖閣 日本漁船の出漁情報、中国に漏洩か
    https://www.sankei.com/politics/news/201007/plt2010070041-n1.html
    尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺の領海内で中国海警局の船が日本漁船への接近を繰り返している問題で、中国側が、日本漁船の出漁予定を把握した上で活動しているとみられることが7日、政府関係者への取材で分かった。中国側は、日本漁船が予定を変更して出漁を見送った際も、当初予定に合わせて公船を現場海域に向かわせていた。日本政府は出漁情報が中国側に漏洩(ろうえい)しているとの見方を強めている。

    (出典 www.zakzak.co.jp)

    【尖閣諸島への日本漁船の出漁情報、中国に漏洩か! 誰がスパイ活動を?】の続きを読む

    1 記憶たどり。 ★ :2020/10/07(水) 13:13:10.49

    https://newswitch.jp/p/24081
    防衛省は2021年度に、海上自衛隊のヘリコプター護衛艦「かが」の改修に着手する。
    垂直離着陸ができる最新ステルス戦闘機「F―35B」の運用を念頭に飛行甲板へ耐熱塗装を施すとともに、
    艦首形状も三角形から四角形スタイルに改める。F―35Bを搭載可能にすることで、
    抗堪(こうたん)性と抑止力を高める。

    (出典 images.newswitch.jp)

    【防衛省が21年度に護衛艦「かが」を改修、F35B運用に向け ・・・初代空母加賀も改造で戦力アップしてたなw】の続きを読む

    1 ばーど ★ :2020/09/30(水) 23:16:30.18

    在日米海軍司令部が、Twitterユーザーから届いた「アメリカの皆様 ロナルド・レーガン日本に下さい」との投稿に返したリプライが、話題になっている。

    同司令部は9月30日午後、公式Twitterで次のように投稿。

    「ごきげんよう、皆さん!今日で9月もおしまい。すっかり秋めいてきましたね。フィリピン海を航行する空母ロナルド・レーガンの上空を、渡り鳥たちが群れをなして飛んでいきました(本当は、艦載機たちですが)」

    このツイートに対し、あるTwitterユーザーが
    「アメリカの皆様 ロナルド・レーガン日本に下さい」とコメント。
    同司令部はコメントから7分後に「やだ。」と即答した。
    在日米海軍司令部の切り返しに、Twitterでは「河野太郎と化している」「そりゃそうだ」「それな
    ら(米海軍最大の)アイオワ級戦艦をください」といったコメントが寄せられている。

    9/30(水) 17:02 ハフポスト日本版
    https://news.yahoo.co.jp/articles/8d7da92e7643ead11a18a39c3a159c698e0e10c4

    (出典 img.huffingtonpost.com)

    (出典 f.st-hatena.com)


    【Twitter「空母ロナルド・レーガン日本にください」の返答が「・・」…即答した在日海軍司令部のツイートがまるで河野太郎だったw】の続きを読む

    (北村 淳:軍事社会学者)

    JBpressですべての写真や図表を見る

     マーク・エスパー米国防長官が9月16日に米ランド研究所(安全保障・軍事戦略を専門にするシンクタンク)で行った講演で、アメリカの同盟諸国・友好諸国に対して、それぞれの国防費を少なくともGDP比2%以上に引き上げ質・量ともに軍事力を強化してほしい旨を明言した。

     このエスパー長官による要求表明は、今後アメリカ軍が、極めて強力な敵となってしまった中国軍に対抗していくにあたり、とりわけ重点的に強化すべき3要素(海軍力の強化、同盟友好諸国との関係強化、ロジスティックス分野の強化)について再強調する講演においてなされたものである。

    海上自衛隊の令和2年度インド太平洋方面派遣訓練における洋上補給訓練の様子(出所:海上自衛隊)
    【ついに日本に向けられた国防費のGDP比2%要求 ・・・中国の脅威を前にし、国防費をGDP比で規制する必要ある?】の続きを読む

    このページのトップヘ