ファンサマリィ

楽しくまとめ情報をお届けしております。

    カテゴリ:■ハードウェア > メモリ・SSD・HDD


    SSDの主流が500GBから1TBに向かう気配 - ITmedia PC USER
    SSDの全体的な値下がりが続く中で、売れ筋が大容量化しているという話を複数のショップで耳にした。何しろ、複数の1TB SSDが1.5万円で買える状況だ。 (1/2)
    (出典:ITmedia PC USER)

    SSD ソリッドステートドライブ(Solid State Drive) - 半導体メモリをディスクドライブのように扱える補助記憶装置の一種。 シグナル検知領域(Signal sensing domain) ステロール検知領域(英語版)(Sterol sensing domain) スルファジアジン銀(Silver
    2キロバイト (214 語) - 2019年1月7日 (月) 03:02


    (出典 image.itmedia.co.jp)

    176 名刺は切らしておりまして :2019/07/04(木) 15:44:35.65 ID:nK1P8aJi.net

    SSDの導入考えてるんだけど接続ってSATAとPCI-eどっちがいいん?


    【【今が買い時?】「SSDの主流」500GBは1TBに! SATAもPCI-eに?】の続きを読む

    【これは魅せるためではない!】『CRYORIG』M.2 NVMe SSD専用のヒートパイプ搭載クーラー「Frostbit」

    1 へっぽこ立て子@エリオット ★ :2019/08/23(金) 13:06:33.76 ID:CAP_USER.net

     リンクスインターナショナルは8月23日、CRYORIG製のM.2 NVMe SSD専用クーラー「Frostbit」の取り扱いを発表、8月24日に販売を開始する。予想実売価格は5690円。

    (出典 image.itmedia.co.jp)
    Frostbit

     M.2 NVMe SSDに装着して放熱効果を高めることができる冷却用パーツ。ヒートパイプを経由して上側に冷却フィンがせり出した独特の形状を採用、ヒートパイプを傾けることでグラフィックスカードやCPUクーラーなどとの干渉を回避することも可能だ。

    関連リンク
    製品情報
    https://www.links.co.jp/item/frostbit/

    2019年08月23日 11時49分 公開
    ITmedia PC
    USER https://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1908/23/news077.html


    【【これは魅せるためではない!】『CRYORIG』M.2 NVMe SSD専用のヒートパイプ搭載クーラー「Frostbit」】の続きを読む

    【新しい裸族は4台まで可】『センチュリー』「裸族のお立ち台 QUAD USB3.1 Gen2」登場!

    センチュリー、SATAドライブを4台まとめて挿せるベアHDD変換アダプター センチュリー、SATAドライブを4台まとめて挿せるベアHDD変換アダプター
    … 3.1(Gen2)接続に対応した外付け型アダプターで、最大4台までのSATA HDD/SSDを同時に装着することが可能だ。 PCの電源の連動してオン…
    (出典:製品(ITmedia PC USER))


    (出典 img1.kakaku.k-img.com)

    【【新しい裸族は4台まで可】『センチュリー』「裸族のお立ち台 QUAD USB3.1 Gen2」登場!】の続きを読む

    【東芝メモリ復活?】10倍高速SSD 〜DRAM並の業界最速6.4GB/sで転送可能〜「おいくら万円?」

    東芝メモリ、DRAMと同等性能のSSDを披露 - PC Watch
    東芝メモリはフラッシュメモリに関する世界最大のイベント(講演会兼展示会)「Flash Memory Summit(FMS)」(2019年8月6日~8日、米国カリフォルニア州サンタクララ ...
    (出典:PC Watch)

    1 へっぽこ立て子@エリオット ★ :2019/08/07(水) 15:52:42.13 ID:CAP_USER.net


    (出典 pc.watch.impress.co.jp)

    XL-FLASH

     東芝メモリ株式会社は6日、高速フラッシュメモリ「XL-FLASH」を開発を発表した。9月より128Gbitチップのサンプル出荷を開始し、2020年より量産を開始する。

     XL-FLASHは、96層積層プロセスを用いた3次元フラッシュメモリ「BiCS FLASH」を、セルあたり1ビットのみ記録するSLC技術を用いて、高速な読み出し/書き込みを可能にした製品。

     高度な並列処理を実現する16プレーンアーキテクチャと、4KBページファイルを採用。2段/4段/8段の積層が可能となっている。

     東芝メモリでは、DRAMとストレージの大きな速度差を埋める、「ストレージクラスメモリ」用の製品として位置づけており、リード時レイテンシは5μs未満と小さく、転送速度も既存のTLC比で約10倍高速としている。

     まずはSSDとして製品展開されるが、将来的にNVDIMMなどDRAMバス上のメモリチャネルデバイスとしても投入される見込み。


    (出典 pc.watch.impress.co.jp)

    CM6

     東芝メモリでは、PCI Express 4.0接続のエンタープライズ向け高速SSD「CM6」シリーズも7日に発表。

     デュアルポート対応のPCIe 4.0とNVMe 1.4に対応し、業界最速クラスとなるシーケンシャルリード6.4GB/sの高速転送性能を謳う。

     フォームファクタは2.5インチで、800GBから30TBまでの容量を用意。それぞれで1DWPD(Drive Write Per Day)と3DWPDのラインアップを提供する予定としている。

    関連リンク
    東芝メモリのホームページ
    https://business.toshiba-memory.com/ja-jp/top.html
    ニュースリリース
    https://business.toshiba-memory.com/ja-jp/company/news/news-topics/2019/08/corporate-20190807-1.html
    ニュースリリース2
    https://business.toshiba-memory.com/ja-jp/company/news/news-topics/2019/08/corporate-20190807-2.html

    2019年8月7日 14:40
    PC Watch
    https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1200615.html


    【【東芝メモリ復活?】10倍高速SSD 〜DRAM並の業界最速6.4GB/sで転送可能〜「おいくら万円?」】の続きを読む

    【SSDの寿命は】HDDと比較してどうなの? アクセス回数は影響するの?

    データ更新回数を低減するSSD向けキーバリューデータベース=東芝〔BW〕 - 時事通信
    【ビジネスワイヤ】東芝メモリは、子会社の東芝メモリアメリカがSSD(ソリッドステートドライブ)向けの高性能キーバリューデータベースプラットフォーム「TRocksDB」を開発 ...
    (出典:時事通信)


    (出典 1.bp.blogspot.com)

    22 不明なデバイスさん :2019/08/08(木) 22:22:29.47 ID:6beta0LK.net

    SSDって毎日24時間使っているとして何年ぐらい持つもんですか?
    勿論多少の個人差はあると思いますが。
    壊れるまで使う人が多いですか?


    【【SSDの寿命は】HDDと比較してどうなの? アクセス回数は影響するの?】の続きを読む

    このページのトップヘ