ファンサマリィ

楽しくまとめ情報をお届けしております。

    カテゴリ:■ハードウェア > メモリ・SSD・HDD

    エレコム、ゲーミングPC向けM.2 NVMe SSDESD-GMIA」シリーズ発表 256GB、512GB、1TBの3タイプ

    エレコム、リード最大3400MB/sのゲーミングPC向けNVMe SSD エレコム、リード最大3400MB/sのゲーミングPC向けNVMe SSD
    エレコムは6月4日、ゲーミングPC向けをうたったM.2 NVMe SSD「ESD-GMIA」シリーズを発表、6月中旬に発売する。容量ラインアップは2…
    (出典:製品(ITmedia PC USER))

    エレコム株式会社(ELECOM CO.,LTD)は、大阪市中央区に本社を置く大手コンピュータ周辺機器メーカーである。東証1部上場。 I仮想移動体通信事業者(MVNO)。マウス、キーボードをはじめとする13部門において業界トップシェアを誇っており、スマホ関連にも強い。近年はBtoCからBtoBへ大きく経営の舵を切っており、M
    18キロバイト (2,161 語) - 2019年5月6日 (月) 00:28


    (出典 ascii.jp)

    【エレコム、ゲーミングPC向けM.2 NVMe SSD「ESD-GMIA」シリーズ発表 256GB、512GB、1TBの3タイプ】の続きを読む

    GIGABYTE、リード5GB/s超えの高速なPCIe Gen4接続SSDを発表


    (出典 amd.c.yimg.jp)


    GIGABYTE、リード5GB/s超えのPCIe Gen4接続SSD

     現在販売されているSSDは、接続インターフェイスとしてSATA 6GbpsまたはPCIe Gen3 x4に対応するものが大半を占めている。アクセス速度はいずれもほぼ接続インターフェイスの転送速度上限に達しており、インターフェイスがSSD速度向上のボトルネックとなっている。

     そのため、かねてより高速なインターフェイスの登場が待たれていたが、より高速なPCIe Gen4をサポートするチップセット「AMD X570」の登場に合わせて、PCIe Gen4対応SSDが登場するかたちとなった。

     GIGABYTEが発表したPCIe Gen4対応SSDは、フォームファクタがM.2 2280の「AORUS NVMe Gen4 SSD 2TB」と、PCI Expressカード型の「AORUS AIC Gen4 SSD 8TB」の2モデルだ。

    引用元
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190528-00000136-impress-sci


    【GIGABYTE、リード5GB/s超えの高速なPCIe Gen4接続SSDを発表】の続きを読む

    【SSD最安値!】人気の2.5インチ512GB SSDが7000円切り!

    人気の2.5インチ512GB SSDが7000円切り! 人気の2.5インチ512GB SSDが7000円切り!
    …とともに、SSDが目玉となることが多い。今週末に複数店舗で目立っていたのは、Crucialの2.5インチSSD「CT500MX500SSD1/JP」だ。パソコン工房…
    (出典:製品(ITmedia PC USER))

    SSD ソリッドステートドライブ(Solid State Drive) - 半導体メモリをディスクドライブのように扱える補助記憶装置の一種。 シグナル検知領域(Signal sensing domain) ステロール検知領域(英語版)(Sterol sensing domain) スルファジアジン銀(Silver・・


    (出典 image.itmedia.co.jp) 

    【【SSD最安値!】人気の2.5インチ512GB SSDが7000円切り!】の続きを読む

    SSD 今もっとも売れているメーカー別売れ筋ランキング


    (出典 www.remosoftware.com)

    処理速度の違いがわかるSSD! 今もっとも売れているメーカーと製品は? メーカー別売れ筋ランキング

    「BCNランキング」2019年4月29日から5月5日の週次集計データによると、SSD(メーカー別)の実売台数ランキングは以下の通りとなった。

    1位 SAMSUNG
    2位 WesternDigital
    3位 Micron Technology
    4位 バッファロー
    5位 シー・エフ・デー販売

    SAMSUNGの中でけん引したのは下記の製品。
    SSD 860 EVO 500GB MZ-76E500B

    引用元
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190515-00118360-bcn-sci

    『SSD』についてTwitterの反応をまとめました。

    【SSD 今もっとも売れているメーカー別売れ筋ランキング】の続きを読む

    SSD価格、2019年末までに1GBあたり10円台まで下落の見込み - PC Watch
    台湾の市場調査会社TrendForce傘下のDRAMeXchangeは8日(台湾時間)、2019年末までにSSDの1GB容量あたり単価が0.1ドル(約11円)を下回るとの予測を発表した。
    (出典:PC Watch)


    (出典 pc.watch.impress.co.jp)

     台湾の市場調査会社TrendForce傘下のDRAMeXchangeは8日(台湾時間)、2019年末までにSSDの1GB容量あたり単価が0.1ドル(約11円)を下回るとの予測を発表した。

     DRAMeXchangeによれば、NANDフラッシュ業界は明らかに過剰供給の兆候を示しており、価格競争によってPC OEMメーカー向けSSDの価格が急落しているという。これにより、512GBと1TB SSDの平均契約価格が2019年末までに1GBあたり0.1ドルを下回る史上最低価格を更新する可能性を指摘している。

     なお、価格下落により128GBにかわり512GBが市場の主流製品となり、256GBのSSDに次ぐ規模となる見込み。

    引用元
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190509-00000135-impress-sci

    【【SSD】SSD価格、2019年末までに1GBあたり10円台まで下落の見込み】の続きを読む

    このページのトップヘ