ファンサマリィ

楽しくまとめ情報をお届けしております。

    カテゴリ:■ハードウェア > メモリ・SSD・HDD

    1 天王星(愛知県) [US] :2020/06/25(木) 23:18:26.93

    キオクシア、国内でも個人向けSSDラインナップを展開 
    2020年6月25日 13:00 

     キオクシア株式会社は、個人向けのSSD製品「EXCERIA」3ラインナップを6月30日に発売する。 
    価格はオープンプライスで、販売とサポートはバッファローが行なう。 


    (出典 pc.watch.impress.co.jp)

    【東芝製SSD復活!販売はCFD→バッファローに・・・ ダメルコって?】の続きを読む



    (出典 image.rakuten.co.jp)


    1 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2020/05/12(火) 19:00:06 ID:Py0Ae3vG0.net

    どのおじさんに付いていけばいいの


    【「SSDの容量は?」 256Gで十分、512Gは必要、1Tは安くなった、についておじさんに聞いてみたw】の続きを読む



    (出典 pc-chain.com)

    Windows10は64bitOSです。
    4GBの壁は無くなりましたので、思う存分メモリを積んで下さい。
    最低でも8GBあると生活が変わりますよ!


    1 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2020/02/26(水) 08:14:52 ID:U6xry76U0.net

    7から10になって非常に使いやすくなった、というならその分メモリ喰うのも分かる。
    大して使いやすくなっていない(寧ろ使いにくくなっている)のに使うメモリは増えてる、って言うのがいただけない。10に慣れない老害、っていうがそれとこれとは別問題。
    それなら今のスペックのPCに7入れるのが一番効率良いのに、公式は7のサポート切って10に誘導してる


    【みんな知ってた!「Windows7のPCをWindows10にしたらメモリ3GBじゃ重くて動かない?」メモリ積めよw】の続きを読む


    ソリッドステートドライブ (Flash SSDからのリダイレクト)
    State Drive, SSD)と、半導体メモリをディスクドライブように扱える補助記憶装置一種である。シリコンドライブ、半導体ドライブ、メモリドライブ、擬似ディスクドライブなどとも呼ばれる。 SSDとして広義に、メモリにRAMを用いたもの(ハードウェア方式
    55キロバイト (7,136 語) - 2020年2月14日 (金) 17:10


    (出典 bto-mania.com)

    SSDの寿命は使用方法にも影響されます。
    その特徴である速度性能を発揮するところで使用すると思われますが、
    バックアップして置くという基本を忘れないようにすることです。
    長く使えたらラッキーと考え、ある意味消耗品だと割り切ることです。
    結局PCの性能寿命より長かったということもよくあるようで、
    PCの買い替えまで持ってくれれば良いという考え方もできます。
    8年経っても問題が起きないような事もあるようです。


    1 名無し募集中。。。 :2020/02/23(日) 23:20:48 ID:0.net

    そろそろHDDからSSDに変えて見ようかなと思ってる
    3D MLCと3D TLCどっちにしようか迷ってるんだが
    出来るだけ長く使い続けられるのにしたい


    【SSDの寿命は? はっきり言えるのは壊れることを前提で使うべき!】の続きを読む



    (出典 amd.c.yimg.jp)

    1 バチルス(東京都) [SE] :2020/02/12(水) 15:59:26 BE:306759112-BRZ ID:ViP7lkWU0.net

    世界におけるHDDの年間出荷台数は、5年連続で減少しているという(PC Watch)

    2019年の世界HDD出荷台数は3億1763万台で、前年比で15.6%の減少だという。
    出荷金額は219億5200万ドルで、こちらは前年比で11.2%の減少。
    ただ、1台あたりの平均価格は近年上昇中で、2019年の平均販売価格は前年比5.2%増の69.3ドルとなっており、
    今年の平均販売価格はさらに上昇する見込みだという。
    また、HDDの容量の増加に伴い、総出荷記憶容量は前年比5.0%増の897.8EBだったという。

    出荷台数の減少はデータセンター向けの投資停滞などが影響しているという。

    なお、SSDに関しては出荷台数において2年連続で40%近い成長をしており、
    2020年にはSSDが台数と金額の両方でHDDを追い抜くと予測されている(PC Watch)。

    2019年のHDD市場は出荷台数減も、1台当たりの販売価格と記憶容量は上昇と拡大が続く
    https://hardware.srad.jp/story/20/02/12/1348233/


    【2020年にはSSDが台数と金額の両方でHDDを追い抜き、主役が交代!】の続きを読む

    このページのトップヘ