ファンサマリィ

楽しくまとめ情報をお届けしております。
トレンド情報や政治・社会・海外の話題、
そしてゲーム・IT関連にも注目しています。

    カテゴリ:■ハードウェア > クラウド

    1 ネビラピン(光) [NL] :2020/09/12(土) 09:13:22.72

     米マイクロソフト(MS)はクラウド技術を活用し、米グーグルの基本ソフト(OS)「アンドロイド」搭載のスマートフォンやタブレット端末で本格的なゲームを楽しめるサービスを15日から米欧など22カ国で始める。日本は含まれない。

     クラウドゲームは、データセンターで処理するため、据え置き型の専用機は不要だ。グーグルが昨年11月に米欧で参入した。一定の速度のインターネット接続が必要だが、高速大容量の第5世代(5G)移動通信システムが普及すれば、利用が広がる可能性がある。
    https://this.kiji.is/677305703253165153


    (出典 games.hideokazuo.com)


    【米マイクロソフト、クラウドゲーム開始へ 米など22カ国、専用機不要  あれ?日本は・・・】の続きを読む



    (出典 amd.c.yimg.jp)

    1 首都圏の虎 ★ :2020/01/13(月) 17:02:45 ID:aZucOQVZ9.net

    ゴールドマン・サックスは半年に1度、大手企業の幹部を調査対象にした「IT Spending Survey」と呼ばれるレポートをまとめている。 
    それによるとクラウド市場の売上ではアマゾンが依然として首位だが、支持率ではマイクロソフトが上回り、着実にシェアを伸ばしている。 

    【【変革】システムのクラウド化に注力するマイクロソフト、個別PC向けのWindowsは衰退する運命なのか?】の続きを読む



    (出典 www.4gamer.net)



    612 名無しさんの野望 :2019/12/03(火) 17:55:24 ID:xHgm9lUU0.net

    Google、クラウドゲームサービス「Google Stadia」の新作ゲームを開発するモントリオールスタジオを新設 
    https://news.denfaminicogamer.jp/news/191025h 

    【『クラウドゲーミングサービス』各社比較「クラウドメインで遊ぶのもありなのでは?」との感想もあるが・・】の続きを読む


    クラウドゲーミングサービス「GeForce NOW」の日本展開が正式発表!クローズドベータテストの応募が開始 - IGN JAPAN
    NVIDIAのクラウドゲーミングサービス「GeForce NOW」の日本での展開が正式アナウンスされた。日本ではNVIDIAとソフトバンクが協業し、「GeForce NOW Powered by ...
    (出典:IGN JAPAN)


    1 名無しさん必死だな :2019/03/19(火) 18:53:21.73 ID:Ku58xnyuM.net

    ソフトバンクがNVIDIAの「GeForce NOW」を2019年末に国内展開予定 

    (出典 pc.watch.impress.co.jp)

    https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1175379.html



    【『GeForce Now』クローズドベータ応募開始!ソフトバンクが展開する目論見とは?】の続きを読む

    【クラウド】マイクロソフトやGoogleもみんなクラウドゲームの時代に 今後のゲーム機市場はどうなる?


    (出典 ad.impress.co.jp)


    1 田杉山脈 ★ :2019/06/10(月) 22:53:33.14 ID:CAP_USER.net

    米国で11日(現地時間)に開幕する世界最大級のゲーム見本市「E3」に合わせ、IT大手が相次いで、スマートフォンなどで楽しめる「クラウドゲーム」への参入を発表している。クラウド上のサーバーの処理能力や通信環境の変化で、専用機がなくてもゲームができるためだ。任天堂やソニーといった日本勢が存在感を誇ったゲーム市場で、新たな主導権争いが起きてきた。

     米マイクロソフト(MS)は9日(日本時間10日朝)、ロサンゼルスでクラウドゲームの新サービス「xCloud(エックスクラウド)」を10月から北米向けに始めると発表した。詳細は明らかにしなかったが、ゲーム部門の責任者、フィル・スペンサー氏は「好きな場所で好きなゲームを楽しむことができる」と強調。E3期間中には、招待客向けにクラウドゲームを一足先に体験してもらうという。

     MSは専用機「Xbox(エックスボックス)」を手がけ、インターネットで膨大なデータをやりとりするクラウドの技術にも強い。この日は7年ぶりとなる次世代の専用機を2020年冬に投入するとも表明。「SCARLETT(スカーレット)」という名で開発を進めており、グラフィック性能を現行のXboxの4倍に高め、クラウドゲームにも対応させるとした。

     グーグルは6日に新サービス「Stadia(スタディア)」の概要を発表。同社幹部は「利用者は、ゲーム専用機ではなく、グーグルのデータセンターを(情報処理の)基盤に使うのだ」と強調した。データセンターで処理した映像をスマホ上などに流し込み、手軽にゲームを楽しめるサービスを11月から欧米14カ国で始める。米国では月9・99ドル(約1080円)の定額制になるという。アップルも、有料ゲーム事業への参入を表明している。

    進化する通信環境、広がるゲーム市場
     IT大手の相次ぐ参入は、スマホなどの高性能端末が幅広く浸透し、背後で動くクラウド上のサーバーも大きく発展したからだ。今後は通信環境のさらなる「進化」も見込める。

     本格的なゲームを楽しむにはこ…
    https://www.asahi.com/articles/ASM6B34TMM6BPLFA004.html


    【【クラウド】マイクロソフトやGoogleもみんなクラウドゲームの時代に 今後のゲーム機市場はどうなる?】の続きを読む

    【徹底討論】そもそもクラウドゲーミング時代は来るのか?

    クラウドゲーム(英: Cloud gaming、クラウドゲーミング)とは、コンピュータゲームをストリーミング配信するサービス。クラウドコンピュティングという用語が普及する以前はゲームオンデマンドと呼ばれていた。ゲーム以外のアプリケーションを同様な技術で稼働させる事をシンクライアントと呼ぶ。
    11キロバイト (1,272 語) - 2019年3月24日 (日) 06:07


    (出典 ad.impress.co.jp)

    1 名無しさん必死だな :2019/05/20(月) 17:46:32.19 ID:m6a208mF0.net

    俺は来ない可能性の方が高いと見てる
    なぜなら技術的に「大は小を兼ねる」になってないから。
    HD、ポリゴンは「大は小を兼ねる」になってたので旧技術が全て塗り替えられた
    クラウドはクラウドに適するゲームじゃないと置き換わらない


    【【徹底討論】そもそもクラウドゲーミング時代は来るのか?】の続きを読む

    このページのトップヘ