ファンサマリィ

さまざまな疑問や話題、そして楽しく興味をそそるトピックスに注目しています。

    カテゴリ:■ハードウェア > ノートPC


    Razer,Ice Lake&GTX 1650搭載で1.5kg未満の薄型ノートPC「Blade Stealth 13」を発表 - 4Gamer
    ドイツ時間2019年9月3日,Razerは,開発コードネーム「Ice Lake」の名で知られるIntelのノートPC向け第10世代Coreプロセッサを採用するゲーマー向け薄型 ...
    (出典:4Gamer)

    Razer(レイザー, SEHK: 1337)は、カリフォルニア州・サンフランシスコに本拠を構えるゲーミングデバイスメーカーである。日本代理店はMSY株式会社。 1998年に設立されたKärna LLCは、Razerのブランド名でゲーミングデバイスの販売を開始、1999年にゲーミングマウス「Boom
    4キロバイト (534 語) - 2019年6月12日 (水) 03:48


    (出典 4.bp.blogspot.com)

    続きを読む


    注目は“デュアルスクリーン”の「OMEN X 2S 15」 日本HP、ゲーミングPC「OMEN」のラインアップを一新 注目は“デュアルスクリーン”の「OMEN X 2S 15」 日本HP、ゲーミングPC「OMEN」のラインアップを一新
    …グPCブランド「OMEN(オーメン)」の新製品として、「OMEN X 2S 15」「OMEN 15」「OMEN 17」「OMEN X 27 HDR Gameing…
    (出典:製品(ITmedia PC USER))


    (出典 i.ytimg.com)

    続きを読む

    【9万円代のGTX1650搭載ゲーミングノートPC】サードウェーブ「GALLERIA GCR1650GF」

    サードウェーブ、GTX 1650搭載で税別10万円切りの15.6型ゲーミングノート サードウェーブ、GTX 1650搭載で税別10万円切りの15.6型ゲーミングノート
    サードウェーブは8月23日、エントリー価格帯の15.6型ゲーミングノートPC「GALLERIA GCR1650GF」を発表、本日販売を開始した。標準…
    (出典:製品(ITmedia PC USER))


    (出典 www.dospara.co.jp)

    続きを読む

    【Ice Lake ノートPC発売】 『DELL』13.4型ノート「XPS 13 2-in-1」を8月中旬に発売

    Dell、Ice Lake搭載の13.4型「XPS 13 2-in-1」を発表 - PC Watch
    米Dellは、COMPUTEX TAIPEI 2019が開催されている会場近くで記者会見を開催し、Intelの第10世代Coreプロセッサ(Ice Lake)を搭載する新製品「XPS 13 ...
    (出典:PC Watch)


    (出典 image.itmedia.co.jp)

    1 [Fn]+[名無しさん] :2019/07/30(火) 12:20:31.64 ID:EGVRqgXt.net

    Dell オフィシャルサイト
    https://www.dell.com/ja-jp

    続きを読む

    【6インチのWindowsゲーミングPC】『GPD WIN2』スペックアップした2019バージョン登場! 

    世界的にヒットした持ち歩けるゲーミングPCがパワーアップ! 世界的にヒットした持ち歩けるゲーミングPCがパワーアップ!
    …された「GPD WIN2 2019バージョン」(8万1666円/税別)は、昨年6月に発売されるや大ヒットした6インチWindowsPC「GPD WIN…
    (出典:IT総合(&GP))


    (出典 www.gdm.or.jp)

    続きを読む

    【超小型ノートPC】ウルトラブックGPD Pocket 2 Max』国内モデル7月10日予約開始 9月中旬出荷


    (出典 www.dream-seed.com)

    GPD P2 MAX

    (出典 Youtube)

    1 [Fn]+[名無しさん] :2019/04/24(水) 23:33:20.86 ID:NPqXiqy8.net

    ここはGPD Po*et2 maxの話題を取り扱うスレです。

    CPU: Intel Core m3-8100Y
    グラフィック: UHD 615
    ディスプレイ: 8.9インチ(2560 x 1600)
    HDMI出力:4K2K @60Hzサポート
    メモリー: 8GB~16GB(LPDDR3)
    M.2 NVMe SSD 256GB~1TB
    バッテリー容量:9200mAh
    デュアルバンドWi-Fi 2.4G/5G対応
    トラックパッドでのマウス操作可能
    指紋認証センサー
    ビルトインカメラ:200万画素(1600 x 1200)
    重さ:680g
    サイズ:206mm x 148mm x 5.4~18mm
    マグネシウム合金


    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)


    続きを読む

    【買う?】ツクモ『14.1型フルHDノート』Win10 Pro Celeron 3867U SSD 64GB LPDDR3 4GB (増✕) で29,800円

    29,800円の格安14.1型フルHDノートがツクモから、Windows 10 Pro搭載 29,800円の格安14.1型フルHDノートがツクモから、Windows 10 Pro搭載
    …,800円で販売するという。販売ショップはツクモパソコン本店、ツクモeX.パソコン館、ツクモ12号店、ツクモDOS/Vパソコン館。■14.1型フルHD…
    (出典:IT総合(Impress Watch))


    (出典 pbs.twimg.com)

    続きを読む

    【4K Razer】有機ELノートPC「Razer Blade」7機種 7月12日発売


    (出典 win-tab.net)


    311 [Fn]+[名無しさん] :2019/07/12(金) 00:11:44.76 ID:ufsNrFzY.net

    オイオイ・・・まじかよ
    240Hz版も来るのか

    https://www.4gamer.net/games/023/G002318/20190711081/


    続きを読む

    【最適サイズ】19mmピッチフルキーボード搭載12.5型モバイル『VAIO SX12』「カーボンウォール天板」採用も

    VAIO、5周年記念スペシャルカラーの「VAIO SX12/VAIO Pro PJ」を写真で見る - CNET Japan
    コンセプトは「メインマシンの最小形」──VAIOは7月9日、モバイルPCとして12.5インチディスプレイを搭載した個人向けの「VAIO SX12」と法人向けの「VAIO Pro PJ」を7 ...
    (出典:CNET Japan)

    VAIO(バイオ)は、PC/AT互換機に準拠しWindowsを搭載したパーソナルコンピュータのシリーズブランドである。シリーズとして、デスクトップ型、ノート型、PDA型(タブレット、ネットブック)が販売された。 ソニーが1996年から2014年6月まで販売し、2014年7月からは切り離されVAIO
    28キロバイト (4,171 語) - 2019年5月2日 (木) 04:24


    (出典 japan.cnet.com)

    1 田杉山脈 ★ :2019/07/09(火) 18:53:06.76 ID:CAP_USER.net

    VAIOは9日、新設計のモバイルノートPC「VAIO SX12」を発表した。12.5型の液晶ディスプレイを一般的な11.6型サイズの筐体に搭載しながら、キーボードは約19mmピッチを確保した。キーボード面は本体幅ぎりぎりまでキーが配置されている。

    同日から予約開始し、出荷開始は7月19日。価格はオープンで、個人向けのカスタマイズモデルは税別119,800円から、量販店で販売する標準仕様モデルは税別194,800円から。カラーはブラック、ブラウン、ピンク、シルバーの4色。

    『メインマシンの最小形』をコンセプトに、性能と小型サイズの両立を図った12.5型のモバイルPC。法人向けのモバイルPC市場では、12インチ画面と13インチ画面の需要が高く、また同社調査では15.6型ノートPCなどで使われる19mmピッチ(キーとキーの間の距離)キーボードの満足度も高いことがわかった。このため「VAIO SX12」の開発にあたっては、モバイルPCに求められる小型サイズに、12インチ以上の画面サイズと19mmピッチキーボードを搭載することを目標にしたという。

    画面サイズに関しては、ディスプレイのベゼル幅を、従来の11.6型モデル「VAIO S11」の上19.64mm・左右それぞれ12.24mmから薄型化し、上16.11mm・左右それぞれ4.97mmへ変更。これにより12.5型ディスプレイを搭載でき、約16%の画面拡大が図られた。

    キーボードに関しては、本体の基板を下方向(ボトム側)に設置することで、左右側面の端子を基板の上へ重なるように配置。これにより、キーボードを本体端ぎりぎりまで伸ばすことができ、VAIO S11(W283.4×H15.0~17.9×D195.5mm)とほぼ同じフットプリントとなる、W287.8×D203.3×H15.7~18.0mmのサイズを実現し、かつ19mmのフルピッチキーボードを搭載できた。また、基板と端子が重なったことによる本体厚の増加を抑えるため、基板に実装する部品を低背部品に変更したり、スペースに余裕がある表側へ高背部品を実装したりしている。

    天板は、14型の「VAIO SX14」と同じく、軽く弾性の高いUDカーボンを採用。面全体で強度を確保する構造の「カーボンウォール天板」になっている。

    強度については、キーボードが本体の両サイドぎりぎりを占めることで、キーボード面のフレームが細くなり剛性が下がる懸念もあったが、キーボードを支えるバックプレートを本体左右一杯に伸ばすことで強度を高めたほか、左右の端子部分上部に梁(はり)を設けることで、剛性を高めた。「ペン挟み試験」や「90cm落下試験」「液晶180度ひねり試験」など、従来モデルでも行っていた耐久試験は、「VAIO SX12」でも同じものを実施している。

    性能面では、第8世代のIntel Coreプロセッサを採用(量販店モデル時)。独自のチューニング「VAIO TruePerformance」にも対応し、負荷の高い作業は通常より高いクロックを保ってPCを動*ことができる。インタフェースはD-SubやHDMI、有線LANポートなどを従来から引き続いて搭載。USB Type-CポートはPower Deliveryに対応し、スマートフォン向けのモバイルバッテリーでも本体を充電できる5Vアシストもサポートする。バッテリ駆動時間は最長で14.5時間(JEITA 2.0)。

    VAIO SX12 標準モデルのラインナップ
    量販店向け店頭モデルは下記の4種類。7月9日13時から受注を開始し、7月19日に発売する。価格は最小構成が税別194,800円前後、最大構成が税別279,800円前後。

    Intel Core i7-8565U・LTE搭載の「VJS12190111B」(ブラック)
    Intel Core i7-8565U・LTEなしの「VJS12190211T」(ブラウン)
    Intel Core i5-8265U・LTE搭載の「VJS12190311B」(ブラック)
    Intel Core i5-8265U・LTEなしの「VJS12190411B」(ブラック)/「VJS12190511T」(ブラウン)
    https://news.mynavi.jp/article/20190709-856276/images/001.jpg

    (出典 news.mynavi.jp)

    https://news.mynavi.jp/article/20190709-856276/


    続きを読む

    【Dynabook】薄い軽い13.3型モバイルノート「dynabook S73」LTE通信内蔵モデルも予定

    Dynabook、薄型軽量の法人向け13.3型モバイルノート「dynabook S73」 法人ノート12製品も同時投入 - ITmedia PC USER
    Dynabookは、堅牢設計の13.3型モバイルノートPC「dynabook S73」など法人向けノートPC計13製品を発表した。
    (出典:ITmedia PC USER)

    dynabook(かつてはDynaBook)は、シャープと東芝の合弁会社でシャープの連結子会社であるDynabook株式会社が製造・販売し、東芝コンシューママーケティング(TCM。現在は美的集団傘下の東芝ライフスタイルグループ)が修理などを実施するパーソナルコンピュータの日本でのブランドである。19
    51キロバイト (7,639 語) - 2019年3月17日 (日) 12:12


    (出典 dynabook.com)

    続きを読む

    このページのトップヘ