ファンサマリィ

楽しくまとめ情報をお届けしております。
トレンド情報や政治・社会・海外の話題、
そしてゲーム・IT関連にも注目しています。

    カテゴリ:■ハードウェア > Microsoft

    【マイクロソフト】「Microsoft Pro IntelliMouse」8月2日発売 税別6600円 ゲーミングマウスだそうです


    (出典 www.giztop.com)


    1 サーバル ★ :2019/05/29(水) 16:22:43.52 ID:POizfDlT9.net

    Microsoft、往年の名機を復刻したゲーミングマウス「Pro IntelliMouse」

    Pro IntelliMouse
     米Microsoftは28日(現地時間)、ゲーミングマウス「Microsoft Pro IntelliMouse」を発表、5月末より米国で発売する。米国直販価格は59.99ドル。

     「IntelliMouse」は、同社が1996年に発売した、初めてホイールスクロールを備えたポインティングデバイス(米Microsoftが新しいポインティングデバイス「IntelliMouse」を11月に発売)から続くマウスシリーズ。

     同社は、2017年に「Classic IntelliMouse」として、1999年発売の光学マウス「IntelliMouse Explorer」のデザインを踏襲したマウスを発売している。

     このClassic IntelliMouseでは、青色LEDによる「BlueTra*」センサーを採用しており、ガラスの上などでも使え、サーフェスを選ばず利用できる点が訴求されており、おもに仕事や日常での利用を想定した製品となっていた。

     一方、今回発表されたPro IntelliMouseは、“ゲーミングマウス”を謳っており、ゲーマー向けの製品として発売されている。

     センサーにはPixArt製の「PAW3389PRO-MS」を搭載。型番からして同社向けのカスタマイズ品と見られるが、秒間最大10.16mの移動をトラッキングできるとしている。

     ゲーマー向けにボタンの反応性と耐久性が改善されているほか、テクスチャード加工の本体に加え、USBケーブルが編組仕様となっている。

     本体カラーリングはXbox周辺機器で人気のある、落ち着いたシャドウとグラデーションを配したカラーリングを採用。底尾のランプは好みの色に変更することも可能となっている。

     ボタン数は5ボタンで、3ボタンは機能をカスタマイズ可能。ポーリングレートは最大1,000Hz。対応OSはWindows 7以降。

     本体サイズは69×132×43mm(幅×奥行き×高さ)で、重量は140g。

     国内発売については不明だが、欧州およびアジアの一部で7月より発売とされているため、国内での発売にも期待したい。
    https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1187075.html


    (出典 pc.watch.impress.co.jp)


    (出典 pc.watch.impress.co.jp)


    (出典 pc.watch.impress.co.jp)


    【【マイクロソフト】「Microsoft Pro IntelliMouse」8月2日発売 税別6600円 ゲーミングマウスだそうです】の続きを読む

    【可能】Microsoftの「xCloud」で「Xbox One」のゲームをそのままプレイ!


    (出典 i0.wp.com)

    【【可能】Microsoftの「xCloud」で「Xbox One」のゲームをそのままプレイ!】の続きを読む

    このページのトップヘ