1 きつねうどん ★ :2021/11/28(日) 00:45:49.65

WHOが新変異株を「オミクロン」と名付けたことに波紋が広がっている。

WHOは今年5月31日、「VOC(懸念される変異株)」「VOI(注目すべき変異株)」に指定した変異株の名称にギリシャ文字を使い始めた。変異株はそれまで「英国型」「インド型」など発生した国の名が便宜的に使われていたが、「偏見や差別につながる恐れがある」として切り替えたもので、「アルファ」「ベータ」「ガンマ」「デルタ」…とギリシャ文字のアルファベット順に命名されることになっていた。

最新の変異株は8月30日に命名されたギリシャ文字12番目の「ミュー」で、本来なら今回は13番目の「ニュー(Nu)」になるはずだった。しかし、WHOは「ニュー」と14番目の「クサイ(Xi)」は使わず、15番目の「オミクロン」を採用した。WHOは理由を明らかにしていないが、英紙テレグラフはWHO関係者の話として「Nuは『new(新しい)』との混同を避けるため、Xiはある地域に汚名を着せないため、意図的に外した」と伝えた。

SNSでは中国の習近平主席の英語表記が「Xi Jinping」であることから、WHOが中国に配慮して「Xi」を使用を避けたとの見方が広がっている。
https://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/202111270000854.html


5 尊=読子=千秋=リードマン ◆9GH2N0d.sg :2021/11/28(日) 00:58:19.70

ギリシャ人なら誤解しない


7 Ψ :2021/11/28(日) 01:00:23.31

配慮大変やねぇ(-。-)y-゚゚゚


8 Ψ :2021/11/28(日) 01:01:03.44

国際機関は汚染されてる


11 Ψ :2021/11/28(日) 01:08:09.64

プンプンにおうな


13 Ψ :2021/11/28(日) 01:29:41.86

CHO


人、出ていけ」などの3つの言動が「不当な差別的言動」であると同年10月13日に認定した。 一方、中国以外の各地で発生した変異株については当初「イギリス」「南アフリカ」「インド」などと国名を冠して呼ばれたが、2021年5月31日にWHOではギリシア文字を使用する新たな命名法を採用している。しかし
13キロバイト (1,697 語) - 2021年10月11日 (月) 12:58

西尾直樹
@tubird

ニューはミューと紛らわしいからだと思うが、クサイはなんでだろうな。アラブ圏の人名にあるからとか?新変異株はオミクロン株、ニューとクサイが飛ばされた理由は? 南アフリカなどで拡大:朝日新聞GLOBE+ https://t.co/c26iqhu8XV

2021-11-28 00:59:37

(出典 @tubird)

暖かく湿った空気
@shimettakuuki

クサイ(ξ、Xi)が、大陸の赤い国の皇帝もどきのひとの名前と同じ読みっぽいから、テド○スなWHOが忖度したという噂。単なるネット上の憶測かと思っていたが、本当か?WHOが中国に配慮?新変異株「ニュー」「クサイ」が飛ばされたワケ… https://t.co/PROOTqOLiM

2021-11-28 00:58:05

(出典 @shimettakuuki)

いちむら
@ichimura_op

今テレビで知ったんやけど、こういうちょっとした裏話みたいなの面白いなぁ新変異株はオミクロン株、ニューとクサイが飛ばされた理由は? 南アフリカなどで拡大 https://t.co/O8urppUEVK

2021-11-28 00:44:20

(出典 @ichimura_op)

東海蓬莱王勝利 とうかいほうらいおうかつとし
@WMz8ZJDwB80n6Zd

新変異株はオミクロン株、ニューとクサイが飛ばされた理由は? 南アフリカなどで拡大 https://t.co/k31C5BZXhG #スマートニュースニューとクスィーが飛ばされたのはガンダムに忖度したのだろ

2021-11-28 00:43:32

(出典 @WMz8ZJDwB80n6Zd)

𝐒𝐡𝐮𝐧 𝐘𝐨𝐬𝐡𝐢𝐤𝐚𝐰𝐚
@ErenoidMichelle

そんなんアイツνとコイツΞが居たからに決まってんじゃんww新変異株はオミクロン株、ニューとクサイが飛ばされた理由は? 南アフリカなどで拡大:朝日新聞GLOBE+https://t.co/RNuZ42s9sv

(出典 𝐒𝐡𝐮𝐧 𝐘𝐨𝐬𝐡𝐢𝐤𝐚𝐰𝐚 on Twitter)

2021-11-28 00:41:19

(出典 @ErenoidMichelle)