2021年10月20日、次のような写真がツイッターに投稿され、話題になっている。

「日報さん」(@nippou_)さんのツイートより

写真には、「うんちあり」という黄色の文字が見える。

投稿者の「日報さん」(@nippou_)さんはこの写真に、こんなつぶやきを添えた。

北海道、これが『ヒグマ危険』という意味の書き置きですので旅行中の方は気をつけてくださいね...」

つまり、「うんち」とは、ヒグマそれなの......?

このツイートには、13万件を超える「いいね」が付けられ、今も拡散中(10月22日現在)。注目度は相当高いようだ。

ツイッターでは、こんな声が寄せられている。

「一瞬ネタかと思って笑いそうになったけど笑えない真面目なやつだった」
ギャグかと思ったら 結構真剣な危険信号だった」
「熊のそれが見分けられる道民凄い!って思ったけれど、それを書いた人も見た人もそこを歩いている、という事実が怖い」
「わりと家の近くウロウロしてるっぽいので、早いとこ 冬眠してもらいたいものです。こわいこわい
「完全に生活空間(怖)」

現場はいったいどんな状況だったのか? Jタウンネット記者は、投稿者「日報さん」に聞いてみた。

「栗とどんぐりが不作の年は、要注意」

投稿者によると、道路にこのような表記がされることは、「毎年のことなので特に新鮮さはない」。それでもツイートしたのは、秋の北海道旅行に行く人に、知っておいてもらいたい知識だからだという。

「栗とどんぐりが不作の年は、民家の近くまできてこういう書き置きが増える傾向にあります」(「日報さん」)

こんな表記を見つけたら、ヒグマに注意。旅行者の安全のためのアナウンスだったのだ。

ツイッターの反応に対して投稿者は、「面白かったのは、昔北海道に住んでおられた方が懐かしいとおっしゃっていたことですね。地域ごとに危険の知らせ方にも幅があり、立て看板など地元の方法の紹介をしてくださった方も印象的でした」と、コメントした。

次にJタウンネット記者は、北海道庁に電話取材した。

答えたのは、環境生活部の自然環境課の担当者。ツイートの写真を見てもらいながら、実際にクマのフンが発見された際、こういう措置が取られることはあるのか、聞いてみた。

今年はドングリやヤマブドウの実なりが不作で...

地方自治体や地域社会によって、対応はさまざまです。通常、立て看板などによる場合が多いかと思います。場所によっては、こういう措置が取られることもあるのでしょう」(北海道庁環境生活部担当者)

自治体として行う場合もあれば、地域の団体や有志が行う場合もあるという。

北海道庁としては、「秋のヒグマ注意特別期間」として、とくに注意を呼びかけているという。今年はドングリやヤマブドウの実なりが不作で、各地で人身被害が増えているそうだ。

北海道庁ホームページ「秋のヒグマ注意特別期間(令和3年9月4日(土)~10月31日(日))」より

これから北海道を目指す旅行者はもちろん、ヒグマの怖さを知る道民も、くれぐれもご注意を。

(出典 news.nicovideo.jp)

札幌の都心部じゃまず見ない表記・・・初めて知ったw大通り公園には降りてくることあるけど(極稀に


それはそうと、ヒグマの肉ってかなり旨いそうですね


道民だけどヒグマの肉って食ったことない


ヒグマかなぁとおもったら案の定。やっぱヒグマは怖いっスね。


普通に「クマのフン」と書かないのは何でなんだぜ?分かりにくいだろ


エキノコックス関連かと思ったら違った


ヒグマに襲われた人間は死ぬらしい・・・


ヒグマのうんちになるから注意って意味かな?


これ書いてるの極端な話になるが、田舎のほうなので知らない人多いだろうな。町内の中での暗号みたいなもんだよ。回覧板回すにしても家がかなーり離れてるからな。(農家とかね)


誰が「熊の糞」と判定して、誰が注意書きしているのか気になる。


屯田兵カードからのうんちカードかな


北海道に行かないので(´(ェ)`)の糞には興味ありませんが海産物には興味がある。大安売りして、取り寄せるから。


クマの糞は結構独特の形状になるのである程度理解すれば判別可能です。木の実主体で食べてるヒグマは結構脂の臭みも少なくておいしいらしいです。本当かは解りませんが…


犬猫のじゃないならなんであろうと警戒すべきなんじゃないの?最悪が熊なだけなんだから。


それはくまったなぁ