秋の味覚というと、栗やさんまなど非常に多くの食材があるが、「マツタケ」も欠かせない。日本人ほどマツタケを愛する国民はいないだろう。中国メディアの快資訊は5日、「日本人はどれだけマツタケが好きなのか」を紹介する記事を掲載した。

日本人のマツタケ愛の影響?  中国人もマツタケに注目するように=中国

 日本のマツタケの2大産地は、長野県岩手県で、ほかにも広島県山形県など各地で収穫されているようだ。マツタケは気候により生育が大きく変動するため、生産量も価格も毎年変動がある。とはいえ価格が高いこと変わりはなく、日本産の高級マツタケは「500グラムで5万円もする」と記事は伝えている。どんなに高額でも、秋の味覚を楽しみたいという日本人は多いのだろう。

 日本のマツタケ消費量は非常に多く、国内でも生産され2020年には全国で31.6トンが流通したが、全く需要に追いつかずほとんどを輸入に頼っている。主な輸入元は中国で、雲南省にマツタケの生育にぴったりな場所があるそうだ。マツタケの生育には、小雨程度の適切な降水量と寒暖差が必要で、雲南省はこの条件にちょうど当てはまっているようだ。

 記事は、2020年にはコロナ禍の関係で日本への輸出量が減少し、そのかわりに大都市を中心に中国国内の需要が伸びていると伝えた。記事では指摘していないが、2012年に中国で放送されたドキュメンタリー番組「舌尖上的中国」で、日本に輸出する雲南のマツタケが紹介されたことで、中国人マツタケに注目するようになったと言われている。

 記事の中国人筆者は、日本人マツタケへの愛を伝えているが、そのうち中国人にとってもマツタケが秋の味覚になっていくのかもしれない。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

(出典 news.nicovideo.jp)

松茸は日本では元々まさに山程獲れて全く高い物では無かったのが今や生育環境破壊し過ぎて希少になっただけ 逆に椎茸は希少で高級品だったものが栽培技術の向上により庶民の味方となったというのがキノコの定番豆知識


国産の代用でカナダ産に替えたら香りが弱かったが、エリンギ+永谷園の「松茸の味お吸いもの」でほぼ再現可能になった。 中国製はお断りします。


今年も秋刀魚が喰えるか心配


中国人が興味を持つと乱獲や窃取に繋がるから宣伝するな。鮪や秋刀魚など、日本政府が和食をアピールしたせいで世界で需要が増え、値上がりして食卓に並ばなくなってきたわ。余計な事をしてくれたものだ


香り松茸味シメジってね。中国人に松茸の香りを楽しむって事わかるのか?ちなみに俺は一切わからないから松茸に興味が無い。


「香り松茸、味シメジ」といってな、香りなんてどうでもいい中国人ならシメジの方がおすすめだぞ


偽松茸で荒稼ぎしてこその中国でしょ。


軍人の蒸れたブーツの匂いと欧州だったかどこかでは揶揄されるようですね 状況ガス!!


中国人は限度を知らないから嫌なんだよな、魚も中国人が日本人を真似て喰い始めたら、乱獲して日本の海域まで侵入して違法漁業を始めたよな。しかも世界中で密漁を始めて他国から非難声明まで受けてる、中国人は存在が害悪。


中国産の松茸は、日本に着く頃には香りが殆ど飛んでしまう。それをエッセンスで補ったりして出す場合がある。日本での松茸が珍重され始めたのは明治だったか?比較的に新しい文化だよ。それまでは下人が食べる物としてだ。椎茸の方が高かった。