一太郎」を知っていますか。発売から40年近くたつ文書作成ソフトです。かつてはトップシェアを誇っていましたが、近年は官公庁でも廃止するところが出ています。

ところが、この一太郎、未だに法曹三者(弁護士、検察官、裁判官)の間では、特に愛用者が多いというウワサです。

Microsoft Word」全盛の今、なぜ一太郎がこれほどまでに支持されるのでしょうか。一太郎ユーザー弁護士や、元裁判官に偏愛する理由を熱く語ってもらいました。(ライター・国分瑠衣子)

なぜ法律家には「一太郎ファン」が多いのか? Word全盛でも目立つ“偏愛”ぶり
Wordに比べ高い自由度 図表も簡単

最初に聞いたのは都内の30代の男性弁護士です。Zoomで画面共有しながら、一太郎の使い方を説明してもらいました。

「一番使いやすいのがインデントです。動かしたい部分だけ、ピンポイントで簡単に設定できるんです」

インデントとは、行の頭や末尾を揃える機能のこと。

インデント機能はもちろんWordにもありますが、ツールバーを使って設定する方法など素人には難しく感じてしまいます」

文中に図や表を入れ込むのも楽だといいます。目の前で実際に表を書いてもらいましたが、ノートに線を引くような感じで表を作っています。表の行や列を指定しなければならないWordと比べると自由度が高そうです。

また民事訴訟の「準備書面」では、代理人弁護士の名前がずらりと並んだものを見ることがあります。ここでも一太郎の出番です。名前の文字数が違っても、全員の名前の最初と最後をぴったりそろえて美しく仕上げることができます。

Wordにもこれらの機能はありますが、一太郎ではマウスなども使って、より直感的にレイアウトができる印象です。

学生時代はWordを利用、修習がきっかけに

男性が一太郎に出会ったのは、司法試験に合格した2013年。司法修習生として研修に行った裁判所や検察庁で一太郎を使っていました。「大学ではWordを使っていたので戸惑いましたが、皆に合わせたほうがいい」と一太郎乗り換えました。

男性の事務所では全員が一太郎ユーザーです。周りの事務所を見ると年次が高い弁護士ほど一太郎率が高い印象だということです。

「とにかく文書を書くことに集中したい」という男性。弁護士にとって、仕事時間の多くはテキストを打つことに費やされるためです。

一太郎を使い続けるのはもう一つ大きな理由があります。

裁判官が読みやすい美しい書面を作りたいという気持ちがあります。もちろんそれで判決が左右されることはないんでしょうけれど、安心感というか、1ポイントでもそれで変わるなら、という感じですね」

ちなみに、メールに添付された一太郎ファイル拡張子は.jtd)が開けないと困った人もいるのでは。実は一太郎にはWordPDF形式でエクスポートする機能も備わっています。


※以下はソースで
https://news.nicovideo.jp/watch/nw9049146
(出典 news.nicovideo.jp)

頭が固いバカが多いからだろ。


使い慣れたものが一番使いやすい。ただそれだけの話。


Wordも使えないことはないんだけど、微妙におかしくて、細かな調整に苦労する。割付やるとフォントの関係なのか微妙にズレるという事がよくある。


一般的な印刷術に従うとすればWordが正当なんだけど、日本の公的書類の様式に文字を嵌め込もうとするとうまくいかないんですよね。その点においては一太郎は自由度が高いと思います。役所との付き合いが無いから、もう長い間使ってないけど。


知り合いの工務店が一太郎と花子使ってるな。お役所関連の書類に必要だったんだと。たぶんそういった書類の多い職種に多いのでは?


日本語の文書に限定すれば一太郎はワードなんかより遥かに使いやすいからな、


一太郎は細かいところに手が届くし、ATOKも国産だけにIMEなんかと比じゃないぐらい誤字率がへった。IMEに戻って今は凄い誤字率だけれど。


ウィンドウズの普及前からPCのワープロソフト使ってた人が昔から継続で一太郎使ってるイメージ。法務局とか市役所も一太郎使ってたところ多かったなぁ。最近は無くなったけど。   かくいう私は、全部エクセルでやっちゃう人ですがね・・・


なんで多様性認めないの?


一太郎が、というかATOKが便利なんだよな。言葉の間違いとか言い換えとかIMEより丁寧に指摘してくれるから「ちゃんとした日本語」を使って文章を作るならATOKがマジ便利なんだよ。