21日放送の『サンデーモーニング』(TBS系)で、ジャーナリストの青木理氏が東京オリンピックについて独自の見解を示し、物議を醸している。

画像はイメージです


 青木氏は東京五輪パラリンピック組織委員会委員長森喜朗氏が一部メディアから「失言」と指摘された上、批判が相次ぎ辞任し、橋本聖子五輪担当相が18日に後任として就任したニュースについて、「進むも地獄、引くも地獄、茨の道ですか。こんなみっともないことが起きちゃって、僕なんかは、最初から思ってたんですけど、こんなオリンピック最初から呼ばなきゃよかったのにな」と笑う。

 その上で、「まあでもここに来たら、もうしょうがないですよね。だからやるのかやれないのか。やれるとすればどういう形があり得るのかっていうことを、まさに科学的合理的にこれから詰めて行かなきゃいけない。問題なのは、基本的にIOCはもちろんなんだけど、政権は多分に政治的思惑でオリンピックをやりたいわけですね」と持論を展開する。

 ​>>玉川徹氏「五輪やめたらコロナ対策にお金が使える」発言で称賛 田崎史郎氏と壮絶バトルも論破?<<​​​

 そして、「本当にやるかやらないか。あるいはやれるとすればどういう形があるのかっていうのを、 IOC とも折衝をし、政権とも調整をしっていうことで言うと、本当にそのある意味の独立性と相当な精神力と強靭なタフネスみたいなの持って、橋本さんには本当に安全にオリンピックができるのかっていうこと、できないんだったら引くってことも含めて、せっかく選ばれたんですからね、橋本さんには本当にその政権から独立した思いで、本当に科学的合理的な判断をしてもらいたいという風に期待はするんですけれども、どうなるかな」と語り、腕組みをした。

 青木氏の発言に 一部視聴者から「こんなオリンピックとは失礼すぎる発言。今のこの状況で言うのも実に卑怯だ。決まった時に言うべきだ」「オリンピックは開催してほしい。政治的思惑だけじゃない」「オリンピックをめざす全世界のアスリートや大会関係者に失礼すぎる発言」「政治的思惑でやりたいという根拠はない」と反論の声が相次ぐ。

 一方で、「オリンピックはもうやらなくていい」「政治的思惑で開催するオリンピックならいらない」「現実に沿った対応をするべきなのは同意できる」と賛同するネットユーザーも出た。

 現状、東京オリンピックを開催できるか否かは不透明だが、準備するアスリートや関係者、ボランティアは多い。また、開催が決定した際、喜んだ日本人が圧倒的だった。青木氏の目にはそんな状況も含めて、「こんなオリンピック」と開催決定当初から感じていたようだ。

(出典 news.nicovideo.jp)

青木が根っ子からクズなのは変わらないな。しょせんはゴミクズ在日か


青木氏、それ、今後も言い続ける?五輪は不要だと。こんなの、必要ないと。クーベルタン男爵の墓場の前で『オリンピック最初から呼ばなきゃよかったのにな』と。もしこれが国際社会の前で、日本でもっとも著名なコメンテーター代表として言ってみろ。凄まじい罵詈雑言が飛び交うぞ。どんだけ無自覚かつ配慮知らずなんだ、この人。


同じ結論でも根拠も思惑も異なる。此奴のは単に政権叩きの道具に過ぎない。


東京でやるべきじゃなかったと今も思ってるが青木が言うと腹が立つ


やっぱり五輪中止派は頭おかしいな。結局は感染拡大関係なしに悪戯に騒いでるだけだったか。


招致合戦のときでもオリンピックボランティア問題でも去年の延期の是非でもなく今言うってのが悪意でしかない


やるかやらないかの2極でしか物事を考えられないのはコメンテーターに向いてないよ


失言に対する批判から始まった報道で失言するって何考えてるんだろうな?


俺もオリンピックやんなくていい派だけどさ、やるならしっかりやりきってほしいと思うし、ウイルス蔓延なんていう非常事態も起こってるのを見て「大変だなあ」と心配してるよ。


典型的な後出しじゃんけん。くたばれよ、屑


まぁこいつは韓国びいきだし発言は無視で


赤松口蹄疫ん時と同じだな。失敗するように工作をしている側の連中がそれで広げた被害を根拠にして嘲う。連中にとってはトロフィーだから誇示したくてたまんねぇわけだ。


「サンデーモーニング」の番組制作は「泉放送制作」。代表者の在鮮人「金富隆」は共同通信出身でTBS報道ディレクター。他に、とくダネ、ノンストップ、グッディ、羽鳥モーニング、ひるおび、ビビット等。http://www.c-able.ne.jp/~nagata-i/tamatamamitabanngumini%20iwakanmota.html


まず、マスコミは「切り取り報道」をして世界に発信させたことに対する謝罪をしろ。そして今すぐ、誤解を解いてこい。お前も同罪だ、青木理。