米大統領選で勝利した民主党バイデン候補が1月20日、第46代アメリカ合衆国大統領に就任する。2020年12月15日には「今こそページをめくる時だ。結束し、傷を癒す時だ」と演説し、分断ではなく融和と団結を国民に対して呼びかけた。だが、バイデン政権には、新型コロナウイルスの感染拡大対策や経済回復、浮き彫りになった人種や経済的な分断と格差、気候変動対策など数々の試練が待ち受けている。

JBpressですべての写真や図表を見る

 早稲田大学の中林美恵子教授は日本人として初めて、アメリカ連邦議会・上院予算委員会補佐官(国家公務員)として予算編成に携わった貴重な経験を持つ。本書の発行は大統領選挙前だが、選挙後の今、改めてその結果と今後のアメリカ政治をどう見ているのか。また、バイデン政権の課題や対中政策、菅総理や日本政府はどう対応をしていくべきか。『沈みゆくアメリカ覇権 止まらぬ格差拡大と分断がもたらす政治』(小学館新書)を10月1日に上梓した中林教授に話を聞いた。(聞き手:長野光 シードプランニング研究員)

妥協と中庸の政治家、バイデン氏はSNSなどデジタルツールが主導する分断の時代で政策を進めることができるだろうか(写真:AP/アフロ)

妥協が許されない時代にどうやって政治を進めるか

──「『貧富の格差』が国民を分断する一つの要因であり、SNSなどのデジタルツールがさらなる分断を増幅している」と述べられています。アメリカ国民皆のために働くと語っているバイデン氏は、分断の終わりの始まりになることができるでしょうか?

中林美恵子氏(以下、中林):4年に一度、実施されるアメリカ大統領選挙は「時代を反映する」選挙であると同時に「時代をつくる作業」です。

 バイデンさんが大統領になっても、分断を解決するのは非常に難しいと思います。分断はトランプ大統領が生んだものではなく、既にあった分断の中から時代の要請をもってトランプ大統領が出現したと考えるべきでしょう。この分断はアメリカ社会の中に時間をかけてじわじわと深く、そして厚く蓄積してきたものです。

 アメリカは人種や宗教の問題など、もともとたくさんの国の背景を持つ方たちが移民として寄り集まった国で、国の成り立ちからして難しい課題を抱えています。またこの分断の根源には、SNSなども含めたデジタルの社会の中で政治がどのように対応していかなければならないのかという問題もあります。さらに、リーマンショックの時代を経て、私たちの社会的な格差や収入の大きなギャップ、新しい産業についていける人とついていけない人の存在など、いろいろな問題が顕在化しています。

 かつてはアメリカが豊かであることによってみんなで伸びていこう、と語りかけることで一つになれた時期もありました。ただ、世界のリーダーとして各地で戦争を行い、共産主義資本主義の価値を争う形で国内をまとめることはもはや難しくなりました。それどころか、アメリカの相対的な力が弱くなって国内に目が向く時代になっており、国外の敵やライバルに注目して一つにまとめることも一筋縄ではいかなくなっています。

 バイデンさんの大きな課題は、違う意見を取りまとめることです。これは別の言葉で言えば協調、あるいは融和かもしれない。もっと言えば妥協です。

 今のデジタル社会においては、SNSなど短いメッセージではっきりと物事を示す人を「勇敢である」「信念がある」「強い」人だと受け取り、それが次から次へと拡散されていきます。これは実際によくあることですが、びっくりするようなことをSNSで短い言葉で発信すれば注目を浴びるし、驚かれるし、特に陰謀論のようなものは拡散しやすい。その特性を十分に活用したのがトランプ大統領です。

 一方で、協調や妥協、中庸に注目して評価し、熱狂的に支持するような人は少ない。個人や政治家一人ひとりが情報の発信者になれるデジタル社会において、中庸や妥協を図る姿を国民がどう受け取るのかが問題です。それを有権者が投票行動にどのように反映していくのか、ということが今後の大きな課題として残ってくるでしょう。

 デジタル社会における政治には、妥協しないリーダーを絶賛する傾向があるように思います。しかし、一方を取ったらもう一方は絶対に取らない、という二者択一のスタンスで本当に私たちの社会の中で物事が進むのか疑問です。少しでも妥協することによって最悪の場面を食い止めることができれば、それも価値があることなのかもしれません。何にどう目を向ける時代なのか。これはリーダーたちの問題ではなく、私たち自身が問われていることだと思います。

※以下はソースで
https://news.nicovideo.jp/watch/nw8782418

(出典 news.nicovideo.jp)

話者の論点が「バイデン氏はアメリカをまとめられるか」というより「バイデン氏は中国への矛先を収められるか」に力点が置かれているように見える。


同時多発テロが米国の外国人に対する態度を激変させたという話は興味深い。しかしそのテロ首謀者のサウジアラビアにトランプが尻尾を振ったのは何故だろう。国と個人は違うと彼らは言うかもしれないが。


妥協とか協調というより、アメリカでの保守的意見とリベラル的意見を持った、民主党と共和党を考えを混ぜたような中道派ってだけだと思う。気になるのは、中道過ぎて民主党と共和党、それぞれから政策が反発されてレームダック化しないのか、ということ。中国に関してはまだしも、国内については双方からそれぞれに反発されそう。


こいつはすぐに病気か何かでリタイアさせハリスに引き継がせて「アメリカで初の黒人女性トップ」だとかって狂喜するのが目的だろ


長所に妥協・協調を挙げられる人って大抵、優柔不断な人だよね。


妥協で選ばれた大統領?


そういえば、安倍総理とトランプ大統領、菅総理とバイデン大統領、は立場も性格も似ているのかw


調整型のリーダーってのはとにかく平穏に、無難に物事を進めるのは得意だけど大きな決定は苦手で外圧に弱いから情勢的に危うさを覚える。


歴史上、国内対立をおこす権力者は実力もあり、国民も問題解決のためやむなしとして意外と国が揺らがない。よく国が崩壊するのは、その後継者となった実力不足の調整役の時である。


eo13848がついに発令されたとも聞くしこれからアメリカはどうなるんだろうな。


トランプじゃなければ誰でもいいので、そういう意味ではバイデン支持。


これからはトランプさんの事でアレコレ言ってもどうしようもないので、とにかく良い結果を出してください。貴方達の自国にとっても、全世界にとっても良い結果を…


トランプのような下手な煽り屋よりはマシだとは思うけど、分断されたアメリカを回復させるにはバイデンでは足りないだろうし、アメリカの混乱は暫く続きそう。


バイデンは鳩山の姿と酷似している。薄っぺらな綺麗事だけ並べてとらすとみーといいながらトランプが決めてきたのをどんどんひっくり返して混乱をばら撒くだろう


>fdsa ハシゴ外された事業者から総スカンを食らって、以後立ち直れない状態に…


歴代の大統領選挙最高の得票数を取った、妥協で選ばれた大統領ねw


↑よっぽど悪夢のトランプ政権だったんやろなぁ


死人とか猫とかの票が精査されずにそのまま妥協で集計されたからなw


すぐやめる人に何を期待してるの?


バイデン「米国は中国の属国になるべき」 ← こんなこと言ってたやつやぞ?


yhila>もしかして本当にバイデンがトランプよりマシだと思ってるの?だとしたら凄まじいほど情弱なんだな。


トランプは「ビジネスパースン」大統領だった。安保も交易も金次第だった。バイデンは多分「ジャッジメント」大統領。民主主義で動く。


その民主主義を危機に貶めた選挙でバイデンが選ばれるのは皮肉だな。


yhila>○○じゃ無ければだれでも良いなんて理由で交代した場合は、交代させた奴より酷くなるよ。民主党見れば分かるだろ。大々的に掲げたマニフェストは結局一つも達成できなかった。


存在感がなさすぎる。


お、バーチャル大統領じゃん!え?次の米大統領?ウッソだろお前www


就任前からこんな騒ぎになってんじゃんwムリムリw就任後も続くと思うよw


アメリカを建て直すどころか更に混乱させるつもりしかない爺がんなことするわけないだろ(呆)


永遠に不正不正言われ続けるんやろな


そのまま普通に大統領できると思ってんのか?おめでたい記事だなw


バンデンの最大の利点は、トランプじゃないこと(笑)。


無能な働き者である陰謀論者と無縁な所は評価できる。あいつらキングボンビーだからな。


中韓に甘くさえなければバイデンでも良いよ。


↑じゃあダメだなw


外交に関してはオバマのラインより甘くなるのかだな。イランや北朝鮮なんかはそれを見越してハードル上げてきてるしな。国内は分断煽ってた側が自分たちが勝ったから仲よくしようって手を出してきたのを反対側が握るのかどうか。どうせ切り捨てるんでしょ。


アメポチと言われたネトウヨがこれからは反米になるのか。胸が熱くなるな。


どうせ1年もしないうちにハリスが大統領になるんだろ。それで中国資本でウハウハしながら日本と台湾を売り飛ばし、インドも分断されて中パで切り分けられ、気付いたときには中華覇権が確立してましたってなるんだろう。


陰謀論を信じるような人に情弱呼ばわりされるとは世も末。


共和党は理念先行で間違いを認めない傾向にある。だから口先だけのダブルスタンダードな発言を多発しそうで信用ならないと思う。


ハリスのいいなりになってそう。


この情勢下、我が国がなすべきことは米国・インド・台湾・豪州・ベトナム・フィリピンに対し積極的に働きかけを行い日米印台豪越比による集団安全保障条約の締結することだ。 その為には反浸透法を制定し中国工作員と媚中派を排除し、憲法を改正し自衛隊を自衛戦力として認め、集団的自衛権を全面的に認めるべき。


yhila>ネタ抜きでマジでそのレベルなのか。申し訳ないけどバイデン支持者の程度が知れる。


同時に我が国はタックスヘイブンの全面的禁止、所得税分離課税制度を廃止し防衛費を20兆円規模にまで引上げ自主防衛体制の確立を目指すべきである。 またODAを大幅に削減しインド・台湾に対し我が国の新型装備品を無償供与し、インド・台湾軍の戦力を引上げ我が国の安全保障に寄与させると共に、我が国の防衛産業の保護育成に繋げていく必要がある。


投票率過去最高なのに妥協なのか?おかしくありません??


議事堂に来た国民を射殺しておいて融和も何も無いんですが・・・


トランプが無能だったと思っている人まだ一定数いるんだね。歴代のアメリカ大統領のなかでは間違いなく有能の部類に入るよ。それとバイデンはほぼほぼ不正(ベンフォードの法則より)が確定されているから今後何かあったら不正使ってもみ消す大統領になるんじゃないかな。それのどこがマシなの?


仮に選挙のことはスルーされたとしても、バイデンの息子のハンターのことで、厳しく追及されそうだけどな。それで政権運営が回らなくなりそう。最悪、逮捕されるかもな。それでガチの媚中のカマラ・ハリスの登場。中国と刺し違えるどころか、逆にアメリカが致命傷とか笑えんぞ。


日本のテリビ局がゴリ押ししてたから、いいイメージが無いんだなぁ〜


そもそも(BLMたちによる)放火や略奪どころか殺人すら許容・擁護してるバイデン氏及びその支持者のどこにいい結果を期待しろと……?山ほどのセクハラ現場を動画で撮られているバイデン氏ですよ?「俺に投票しない黒人は黒人に非ず」とか言ってしまうバイデン氏ですよ? よりにもよって”リベラル”がこれらの行為に賛成するなんて世も末ですよ。