ポンペオ米国務長官は9日、台湾の外交、軍事当局者らとの接触で「自主規制」してきた国務省の内規を撤廃すると発表した。
報道によると、ポンペオ氏は声明で、米国の外交官や軍人、他の当局者の台湾側との接触をめぐり、中国政府に配慮して内部の規制を作り出してきたが、規制は「もはや存在しない」とし、米国の各行政機関は今後、国務省がこれまでに出してきた台湾との関係に関する全ての「接触のガイドライン」を無効と判断すべきだと述べた。

(出典 img.epochtimes.jp)
これを受け、台湾は10日、「心からの歓迎と感謝」を表明した。
ポンペオ氏は6日、クラフト米国連大使が台湾を訪問すると発表した。米国連代表部によると、クラフト氏は13~15日の日程で訪台し、台湾当局の高官と会談する。台湾の発表によると、1971年に台湾が国連を脱退した後、米国の国連大使が訪台するのは初めてという。

中国共産党機関紙、人民日報系の環球時報(電子版)は10日、「米国と台湾が大胆にもポンペオ氏の退任間際の訪台を演ずるなら、台湾現政権に死の鐘が鳴る」と題した社説を掲載。「トランプ大統領の任期があと10日ほどしか残っていない中で、ポンペオ氏は再び、中米関係と台湾問題において罠を仕掛け地雷を埋めた。これは両岸(中国と台湾)の平和と中米関係のボトムライン(譲れない一線)保持と安定に対する犯罪的性質の構造破壊であり、それによる深刻な悪い結果は予測できないものだ」と批判した。
そして、「中国政府は、米国に対し、危険の一歩手前で踏みとどまらねばならないという強烈なシグナルを発するべきだ。米国と台湾民進党当局にはっきりさせなければならない。米台が大胆にもポンペオ氏の退任間際の訪台を演ずるなら、中国の反応は山を押しのけ海を覆すほどにすさまじいものとなるだろう」と警告した。(翻訳・編集/柳川)

(出典 news.nicovideo.jp)

ポンペオ氏には是非訪台して、台灣を全力で応援して欲しい。日本も台灣を応援、協力を全力でしてほしい。


トランプ政権の捨て身の特攻いいね。


どうせ口だけ。本気でやったら世界から本格的に嫌われるし、台湾が米国や周辺国と共に報復に出る恐れがある。台中の間に平和なんて存在しない、新政権もどんどん台湾に訪れてけ


おい!人権派サヨ!大好きな大好きな支那様のいち地方への脅迫だぞ。大声で騒いで問題提起して炎上させろ!まさかダンマリ決め込むつもりじゃねぇよな?


例によって日経系列しか報道していないが、オーストラリアからの輸入停止に対抗するため、湖南省で電力とガスを制限する戦時体制に入った模様。いよいよ武力による世界制覇の動きを隠さなくなってきた。


第三次世界大戦は中国とその周辺国のアジアが舞台、EUはどさくさで国内を掃除。


死の鐘ってなんだよ。しかも現政権だけなんかーい。


台湾は日本にとってシーレーンの要であり重要な国である、それにも関わらず国交がないことが異常である。 日本は米国・インド・豪州・ベトナム・フィリピンに対し積極的な働きかけを行い、日米印豪越比が連携し台湾との国交樹立並びに集団安全保障条約を締結するべきだろう。 その為にはスパイ防止法・反浸透法を制定し中国工作員と媚中派を排除する必要がある。


そもそも台湾を国連から追放したアルバニア決議が間違いだった。売り言葉に買い言葉で国連脱退した中国国民党も間違いだった。中共と台湾は各個に独立した別の国である事を正しく認識し、処遇を糺すべきだ。


今アメリカ混乱してるから武力で台湾を沈めるなら今かもしれん。しかしあの姑息で汚らしい連中のことだ。そんな劇的な方法ではなく、金と人と移民侵略でジワジワ絞め殺していく手段を使うね。


中国=大きくなった北朝鮮


中国はたしかに大きい。しかし南北米大陸はもっと大きい。そして太平洋はそれよりさらに大きい。そろそろ中国も自分の限界を自覚するべき時だ。


中国 vs その他大勢