【動画はこちら】

大きな体と見た目とは裏腹に優しく穏やかな性格で知られるゴリラオーストラリアニューサウスウェールズ州の動物園で撮影されたゴリラの優しい行動が話題になっています。

ゴリラの檻の中に落ち、飛べなくなっている小鳥を見つけたゴリラ。そして小鳥の方に向かって近づいてきました。

飛べない小鳥を見つけたゴリラ。小鳥を助けようと取った優しい行動が話題に!

その様子を見ていた客はゴリラが小鳥を捕まえてしまうのではないかと焦りました。

しかしゴリラはそんなことはせず、顔を小鳥と同じ高さにして様子を窺います。

その後、ゴリラは小鳥を飛ばそうと試みますが、小鳥は飛ぶことが出来ません。何もしてあげることが出来ないと悟ったゴリラは小鳥にいたずらをしたり傷つけることなくその場を去っていきました。

動画には「動物界全体、特に社会的な種においては、共感と利他的行動の例がたくさんありますね。」「他の動物(人間)が彼らを投獄(檻に入れた)したとしても、彼らは他の動物に優しい。」「とても美しい」などのコメントが寄せられています。

小鳥を助けようとするゴリラの行動が美しいです。

【動画はこちら】飛べない小鳥を見つけたゴリラ。小鳥を助けようと取った優しい行動が話題に!

(出典 news.nicovideo.jp)

んでその後どうなったんや?


野生と檻の中のゴリラでは同じ行動をとるのだろうか?


ゴリラは優しい


ゴリラは本来繊細でやさしい動物。ゴリラの飼育場に転落してしまった人間の子供を抱き上げ母親に返したり、力が強すぎて誤って小動物の命を奪ってしまったときガチへこみしたなんて話もある。


動物園でゴリラの檻に転落して気絶した子供の介抱したり、あと手話ができるゴリラも子猫欲しがってちゃんと優しく世話したりなんて話もあるくらいだしな。ただ残念だが、同様に檻に落ちた子供に危害を加えようとしたため射殺されてしまった事件もあるから、相手は直接意思疎通の取れない動物であることをちゃんと認識しておかないとな。