グラフィックデザイナーが作った“りんご文字”が、「読めてしまうのが不思議」だと話題を呼んでいます。デザインの力ってすごい……!

【画像で見る:りんご文字の解説】

 作者はグラフィックデザイナーアートディレクターnemo_slow(@NemoSlow)さん。ロゴや作字、グラフィックデザインの試みをTwitterに投稿しています。

 今回話題を呼んだのは、「期待を裏切らないりんごジュース。」というタイトルで投稿した4枚の作品で、「ストレート果汁100%」が売りという架空のりんごジューステーマになっています。

話題の“りんご文字”、なんと書いてあるか分かりますか?

 ラベルにはりんごの形を生かして「リンゴ」「丸ごと」「100%」といったメッセージを伝える「りんご文字」が描かれており、4万1000件を超える“いいね”が寄せられたほか、「ただのリンゴかと思ってましたがよく見るとちゃんと文字になってて凄い」「りんご文字を読めてしまうのが不思議です」「丸の形、葉っぱりんごのヘタも使ってて成る程なー」と感心する声が上がっています。

 NemoSlowさんはこうした反響について喜びの返信をしつつ、作品の狙いについて「りんごジュースビジュアルです。『丸ごとリンゴ』をりんごイメージできる図形でデザインしました。りんごの芯というネガティブな印象のモチーフポジティブな印象に変えるチャレンジをしています。美味しいところを中に詰め込んだイメージりんごの芯をデザインの主役にしています」と説明。こうした姿勢にも多くの“いいね”が寄せられています。

画像提供:nemo_slow(@NemoSlow)さん

(Kikka) 

(出典 news.nicovideo.jp)

左の「リンゴ」はまあ読めるが、右の「〇ごと」は言われなきゃ分かんねえよ


一見で読めたのは左のゴだけかな。二゛はなんじゃろね。


〇(まる)読ませる気ないだろ。「ごとリンゴ」か「リンゴごと」って読めりゃ及第点。


言われずに読めたらそれはもう単なる文字では?下にもアルファベットで補足してるしデザインとして好きだわ


〇なら真上(真下)から芯をくりぬいた構図にするべき


ゴメン、リしか読めなかった。で、わからんから左右合わせて一文字?とか余計な事考えて見事に外したっていうか。アルファベット読んだら負けだと思って読まなかったら負けました。


コレは発想の勝利!(ただし理解が得られるとは限りません)


『MARUGOTO RINGO』って文字を見て、「あぁ、これは無理矢理デザインされた文字が並んでるんだな」とまで認識して初めてなんとか読める。 これが本当にデザインの力だけで読めるってんなら『MARUGOTO RINGO』の表記を消せ。 そうすると伝わらないことが分かってるから表記があるんやろ?


デザイナーって大変なんやなって


「諦めてしまうのが不思議」 に見えた


エコリンゴだと思ってた


「読めてしまう」って書いてなければ読もうと思わないし、コンビニのドリンクコーナーでパッと見た時に他はすんなり読めるのに1つ訳分からないのがあったら俺の場合は選択肢に入らないかな。まあリンゴの絵が描いてあるからリンゴジュースが飲みたい時は選ぶかもしれないけど。こういうデザイナーの自己満足みたいなの俺は好きじゃないな。


何を言ってるのか全く分からなかった。


ごめん 全く読めない 日本語でお願いします


全く読めなかったんで下のローマ字で無理やり脳内に当てはめたし元記事にある100%のほうにいたっては解読した人からも上のリンゴデザインの意味はないかもとか書かれてて大変ですねとは思うけどデザインすごいとはならないかな…