「6+7=13」を計算するとき、頭の中ではどう考えていますか? ……あるTwitterユーザーが投稿したアンケートが楽しいことになっています。1位は“暗記”でしたが、みなさんの脳内はどうなっていますか?

【「暗記」「6を分解」……ネットの反応を見る】

暗記の次に多かった“10をつくる”計算方法

 アンケート選択肢は、“10をつくる派”「(3+3)+7=10+3=13」、“かけ算を使う派”「7×2-1=13」と「6×2+1=13」、そして“暗記”です。


 結果、1位は“暗記”で47.1%、2位が「(3+3)+7=10+3=13」で39.9%でした。3位以下は大きく引き離され、「6×2+1=13」が9.8%、「7×2-1=13」は3.1%でした。

 アンケートに対する返信を見ていくと、同じ“10をつくる派”であっても、脳内でのイメージは千差万別であることがわかります。おはじき、升、テトリスのようなブロックなど、さまざまな物体を思い浮べているようです。また、6ではなく、7を分解し「6+(4+3)」で計算するという声も目立ちました。

 その他の計算方法として比較的多かったのが、“5+5を使う派”。「6+2-5+10」や「(5+1)+(5+2)」などです。この派閥には“そろばん”をイメージする人が多いようです。とくに前者の数式は、そろばんでの動きそのものです。

 ちなみに筆者はこの派閥ですが、脳内は5円玉と1円玉です。算数は全くできないのに語尾に「円」をつけると爆速で計算できる親戚がいたためそうなりました。本当に人それぞれですね。

 少数派となってしまいましたが、「6×2+1=13」を使う人からは「なんでそんなにややこしい計算の仕方をする人が多いんだろうか」との感想が寄せられていました。確かに、シンプルで速く計算できそうです。

 アンケートを投稿したのは謎解き制作をしているますとびさん。体験型リアル謎解きイベントを制作する団体XEOXYに所属している方で、Twitterに“謎”を投稿しています。

 いろいろな考え方が寄せられているので、集めてみるのもおもしろそうです。

(出典 news.nicovideo.jp)



10に近い数字の大きい方に小さい方から抉り取って足して10にする。


ローマ数字ってあれどうやって計算してたんだろうなあと。


5+5と1+2に分けて計算する。後でさらに合算する。自分でもこんな複雑な計算方法なんだなと驚き。


簡単すぎて、自然と13と出る人が多数なのでは?


出題の桁が小さすぎるから、みんな暗記って答えるんだよ。その他の方法は、桁が大きくなってこそ、その威力を発揮する。


6+7が実は13じゃない,って記事かと思ったら違ったか


考えるまでもない考えたこともない問題だわ。計算できない人はこんな思考してんのかな


一桁+一桁は答えを全て暗記してる。


ワイも「ろくに12+1」派やった。なお学生時代の算数数学の成績はのび太クラスだったもよう


6から3けずって7+3から10を作る派は皆が大嫌いなさくらんぼ計算と同じアルゴリズム


自分は記事内にある"5+5を使う派"だな。 その後「0」「1」「2」「3 or 1+2」「2*2」を使って計算してる。 「3」と「1+2」の使い分けはなんとなく計算しやすいほうで、基準は自分でも分からん。


逆に13を見ると(9,4)(8,5)(7,6)がパッと脳裏に浮かぶ(カックロ民)


そもそも計算しないだろ…