ファンサマリィ

楽しくまとめ情報をお届けしております。



    (出典 game.watch.impress.co.jp)

    PS5「独占ゲーがあります」Switch「皆でワイワイ楽しめます」PC「自由度が高いです」ということで全部買いかな?
    XBOX SX「コントローラーだけあればいいですw」


    1 風吹けば名無し :2020/03/22(日) 17:19:25 ID:fdFNE3qd0.net

    普通全部買うよね


    続きを読む



    (出典 img6.futabalog.com)

    「ケン・シムラ」と書くとなにか印象が異なりますが、皆に愛されたコメディアンでした。
    ご冥福をお祈りします。

    1 ひかり ★ :2020/03/30(月) 11:41:18 ID:ZxTAcP339.net

     新型コロナウイルスに感染し、闘病中だったタレントの志村けんさん(享年70)の死去について英ロイター通信は29日(日本時間30日)、
    NHKが報じた内容として「新型コロナウイルスに感染し、入院していた日本のコメディアン、ケン・シムラが死亡した」と速報。志村さんを
    「1970年代初めから活動し、日本で最も有名なコメディアンの一人」と形容した。


     志村さんは17日に体調不良を感じて自宅で療養。19日に発熱と呼吸困難に見舞われ、20日に都内の病院に搬送、重症の肺炎と診断されて入院した。
    23日には新型コロナウイルス陽性が判明した。

    デイリースポーツ

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200330-00000048-dal-ent


    続きを読む



    (出典 news.tbs.co.jp)

    高齢者の発症がこれ程恐ろしいことなのだというのが、
    有名人が身をもって教えてくれるという結果になってしまいました。
    志村けんさんのご冥福をお祈りします。


    1 ばーど ★ :2020/03/30(月) 11:21:50.59

    コメディアンの志村けんさん死去 新型コロナ感染で肺炎発症 

    新型コロナウイルスに感染して肺炎を発症し、入院して治療を受けていたコメディアンの志村けんさんが、29日、東京都内の病院で亡くなりました。70歳でした。 

    続きを読む


    なぜ報道されないのでしょうか。
    なぜすべて日本国内の感染者数としての発表だけなのでしょうか。
    入国制限直線の駆け込み入国者も含まれているのではという指摘もありますが・・
    これら感染者の治療費はすべて日本の税金で賄われます。
    今頃になって入国制限を厳しくしましたが遅すぎたようですね。

    1 イノシンプラノベクス(愛媛県) [US] :2020/03/30(月) 01:03:04 BE:135853815-PLT ID:KhWxzIqN0●.net

    nanasa@77nanasa3
    テレビでは絶対に言われないが、厚生省のHPの数字を見ると意外な事実が分かる。
    感染者の国内事例1349人のうち、日本国籍者は934人。割合として69%。
    感染者のほぼ3分の1が外国籍者になる。
    これは予防接種説(BCG説)、集団免疫説、日本人の習慣説など様々言われてるが、早急に解明して欲しい。
    https://twitter.com/77nanasa3/status/1243500234971303936

    (出典 i.imgur.com)

    Pochy@Takzos
    こちらが集計グラフ。数%しかいなはずの外国籍の人達の感染者数が日本国籍者の半数にものぼるって異常に思えます。しかも3月10日頃から急増してる。
    https://twitter.com/Takzos/status/1243906929350463495

    (出典 i.imgur.com)

    厚労省
    https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html#kokunaihassei


    続きを読む


    男性がこれを付けて外出するのはちょっと勇気がいりますねw

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/03/29(日) 23:20:32.28

    全国各地で新型コロナウイルスの感染が広がるなか、マスクの品薄状態を解消しようと、
    富山県氷見市の縫製メーカーではブラジャーの素材に用いている、不織布を使ってマスクの生産を始めています。 



    (出典 www3.nhk.or.jp)

    続きを読む

    このページのトップヘ